I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で


Entries.

--/--/-- / --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP

2012/11/04 / 01:26

11月に入って、めっきりと寒くなった。

生まれたのが9月初めなので夏は大好きなのだが、寒い季節は寒いなりに楽しい。尤も「寒い季節」とは言っても東京周辺限定の話だが。

そんなわけで先週末までのひと仕事が終わり、水曜は代休とって久しぶりに築地の場内で美味い魚を食した後、美術館と博物館でもぶらぶら見て歩こうかと思っていた今週、またもや生業の方が忙しくなり予定はすべておじゃんになってしまった。しかしながら仕事をしながら改めて自分は、理詰めでモノを考え、そして足りないピースを埋めていく事が好きなのだな、と思った。勿論、これは仕事に関してのみの話で、普段の生活は ♪Loose Nut In My Head~♪ なのだがね。

そんなこんなで毎度御馴染み八重洲の「エリック・カレー&バル」で南インド菜食ミールスを食し、神保町で本を漁って戻るという毎度の週末。帰宅して両極端なブツを2種類プレイ。

DSC_0899.jpg
CRIPPLE BASTARDS "Age Of Vandalism 1987-1993" 4CDs

中古盤コーナーで漁って来たイタリアン・グラインド野郎のデモ、カセット、リハ、EP音源等「これでも喰らえ!」とばかりに詰め込んだ4枚組ボックス。トータルで1036曲入っているらしい・・・が普通、誰も数えたりしないだろ(苦笑)

「グラインドコア」と一口に言ってもNAPALM DEATH "Scum" A面のようなスタイルではなく、収録曲数から想像出来る通りショート・カット・グラインドの嵐!分かり易い例えをするなら、ANAL CUNT (AxCx) と S.O.D."Crab Society Demos"の中間くらい。しょっちゅう聴きたいブツではないが、無性に聴きたくなる時があるのもまた、事実。

続いて

    WTW_CD_Preview_web.jpg
     WORSHIP "Terranian Wake" CD

ドラム&Vo. が自殺したことでも知られるゲルマン・カルト・ドゥームの新作。4曲入り55分。

もうとことんまでスローで重く、そして暗い。激遅で激重というと名前が挙がるのが THERGOTHON と MOURNFUL CONGREGATION だが、彼等の音は、曙光射す夜明の戦場で雪上に飛び散った鮮血というイメージ(個人的にね)なのだが、WORSHIP の場合は誰にも知られずひっそりと水葬され深く沈むにつれ次第に光が遠ざかって闇に包まれていくのを知覚しているかのような絶望感が漂っているのがミソ。

とはいえ其処に若干の(あくまでも「若干の」だが)抒情性が残っている事がXasthur のような「自殺系」との違いだろうか・・・と思ったり。


スポンサーサイト

音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

封印を解いて・・・ / ホーム / 最近は南部料理もヴェトナム料理も食べていないな・・・


コメント:


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 


トラックバック:

ホーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。