I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で


Entries.

2012/09/20 / 01:44

よく「墓の中に持って行くならこのアルバム」或いは「無人島に持って行くならこのアルバム」という類のランキングがある。そんなもの、ノンジャンルでは決められないので「メタル/ハード・ロック限定で」考えてみれば以下の5枚は必ずランクインする所謂「オールタイム・ベスト」である。

・ACCEPT "Restless & Wild"
・RAVEN "All For One"
・MOTORHEAD "No Sleep 'til Hammersmith"
・MERCYFUL FATE "Melissa"


そして、忘れちゃならない 
 
 JUDAS PRIEST "Screaming For Vengeance"

そのメタル史に燦然と輝くウルトラ級の名盤「復讐の叫び」の発売30周年を記念してCD+DVD 2枚組仕様の特別盤がリリース。

Judas Priest vengeance 30th

JUDAS PRIEST "Screaming For Vengeance"
Special 30th Anniversary Edition CD / DVD


今更説明の必要など全くない名盤である。捨て曲皆無。これまでの人生で聴いた全てのアルバムの中で多分、再生回数の多さでは間違いなくトップ3に入るだろう。"Electric Eye" "Riding On The Wind" "Another Thing Comin'" が良いのは当たり前の話だが、個人的には "Take These Chains" "Fever" の2曲が堪らなく好きである。ボーナス・トラックス、ライヴ&スタジオの6曲も凄くイイ。

そして本作、何と言っても「売り」はDVDである。83年、U.S.Festival (アスフェス)でのフル・ステージ。これまでブートで数曲見た事はあるが、フルサイズのセットは初めて見た。名曲連発の圧倒的迫力、まさに絶頂期を迎えた眩いばかりの輝き。そして改めて "Diamonds & Rust" は名曲だな、と思う。



初めて彼等のライヴを見たのは "Defenders Of The Faith" に伴う来日公演だったが、出来るならこの時代のライヴが見たかった・・・という思い入れはさておき、この映像を見るだけでも買い直す価値、有り。

スポンサーサイト

音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

テキサス親父 / ホーム / あの頃はみんな、速かった


コメント:


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 


トラックバック:

ホーム