I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で


Entries.

2012/09/09 / 19:18

ライヴ前の腹ごしらえ。毎度御馴染み、早稲田「Khana」でネパーリ/チベタン料理。

前回はトゥクパ(うどん)を食したので今回はチョウミン。所謂「やきそば」である。加えてライスとモモとアルタマスープ。待つこと暫し。料理、臨場。

DSC_0812.jpg

アルタマ・スープはジャガイモと野菜と豆を煮込んだスープで、感覚的にはダルバートのダール・カレーに微塵切りの野菜を加えたもの。あっさりさっぱりで美味しい。これとモモでゴハンを食べていると、チョウミンがやって来た。

DSC_0814.jpg

最近は堂々と「ネパール料理」の看板を出す店も増えてきたが、事、麺類に関しては失望する事が多い。日本で市販されている饂飩や焼きそば麺をそのまま転用しているのではないか、という感じで全然ありがたみを感じない。「これ、ただのサッポロ一番ソース焼きそばにスパイス入れただけだよね?!」みたいな。

しかし此処は違う。前回も書いたように、山梨の「吉田うどん」のように腰のしっかりした太麺が使われており、食感も味も抜群である。チョウミンも同じ麺が使われており武骨な見てくれながら非常に美味で、且つ量も多い。

しかし再三言うように、こんな素晴らしい料理が出せるのに、来ている客が

「インドの豆って辛くない?」―豆自体に辛さがあるのかい(失笑)
「インドカレーだったらナンっしょ!ライスとかって有り得ないし~」

という脳味噌がスポンジになっているとしか思えない薄らバカばかりでは店も可哀想だな、と思う。

スポンサーサイト

/ TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

ライヴ2本 / ホーム / Murder Junkies...じゃなくって Mighty Jack


コメント:


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 


トラックバック:

ホーム