I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で


Entries.

2012/09/05 / 02:06

先週末、サルベージしてきた中古盤。今更ながら・・・な2枚。

先ず、

SS best
SLAPSHOT "Greatest Hits, Slashes & Crosschecks"CD

ボストン・ハードコア裏番長Choke(Jack kelly) 率いるSLAPSHOT の2005年発表のベスト。とはいえ単なる寄せ集めのベスト盤でなく再録音。初期の音が更に強力且つスピード・アップして収録されているのを聴き、「80年代当時よりも今の方がいいじゃないか」と思った。

彼等の音を熱心に聞いていたのは2枚目"Sudden Death Overtime" まででその後のスタジオ盤"Unconsciousness" が自分としては全然面白くなかった事から心が離れていた。しかしこれを聴いてまた気持ちが戻ってきたのは事実。今年はツアーもやる(やった?)そうなのでちょっと動向に注目。

次。

SBS YOYO
SIDE BY SIDE "You're Only Young Once... "CD

NYHC, SIDE BY SIDE の音源を集めた編集盤。俺が持っているのはLOST & FOUND盤のLP(ジャケの地色がスカイブルーのヤツね)で、これ買った辺りで所謂NYHCを聴かなくなった記念碑的音源である(笑)

このCDはL&F 盤よりも曲数が多いのだが、改めて、そして今更のように聴きなおしてみると「あ~、YOUTH OF TODAY ソックリだなぁ」と思ってしまう。カッコいいのだけどね。

当時はかなりアツくなって所謂「88 Youth Crew」とか聴いていたけど冷静に考えると俺、巷で人気のあったBOLDとかYouth Of Today、JUDGE って余り好きではなくて、WARZONE, TRIP 6, KRAKDOWN の方が好きだったしなぁ・・・と一抹の寂しさを感じつつ過去を振り返り、そしてこのCDをラックにしまい込む。

スポンサーサイト

音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

Murder Junkies...じゃなくって Mighty Jack / ホーム / カリフォルニア・ローズ


コメント:


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 


トラックバック:

ホーム