I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で


Entries.

--/--/-- / --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP

2012/08/12 / 12:17

夏本番!

だが毎度の如く職場の空調で気管支をやられ体調悪化。まるで初来日の時、ホテルの空調で喉をやられてライヴで声が出なかったJUDAS PRIESTのロブ・ハルフォードみたいだね、と物凄く美化してみるわけだが、俺は昔から冷房とか暖房とか所謂「人口の冷気/熱」ってのがダメなんだよね。

まぁ車がスピンして大破しようが、追突されようが、オートバイ乗っててハイサイドで投げ出されようが、山の中歩いていて地隙に落ちようが怪我一つしない、若しくはすぐに治癒してしまうウルヴァリン体質なのでエアコンに弱いくらいの弱点が無いと可愛げがない。

そんなわけで病み上がりの週末。身体と脳みそに燃料注入して気合い入れる。

NEGATIVE APPROACH-WFMU-MELKWEG-BOTTOM LOUNGE front

NEGATIVE APPROACH の再結成後、2008年と2012年の3か所のライヴをまとめたブート。

リリース音源がEP1枚、LP1枚なので曲目は御馴染みのものばかり。悪い言い方をすれば、新鮮味は皆無。なれど其処に込められた気合が尋常ではない。数年前に突然リリースされた 84年(だっけ?)のお蔵入り音源集 "Friends Of No One" と続けて聴いて全く遜色ないばかりかDVD等でリリースされている80年代当時のライヴ映像、音源を超える迫力とスピード感、音の熱さに驚き、感動し、興奮した挙句、座り小便漏らしてしまうくらいにカッコいい。

NEGATIVE APPROACH といえば当然、Vo.のジョン・ブラノン なわけだが、NA解散後にやっていた LAUGHING HYENAS にしろ最近までやっていた(今でもやってるの?) EASY ACTION にしろヘヴィブルーズ、或いはMC5タイプのデトロイト・ロックと音楽性は違えども、歌ってる事の核は昔も今も全然変わらない。

普通、パンクと称される音楽における歌詞が

  「俺(達) 対 社会」
  「俺(達) 対 アイツら」

という「対(漠然とした)集団」であるのに対し、彼の歌詞における "You" はズバリ 「お前」・・・そう、いつだって

  「俺 対 お前」

のタイマン勝負。それも正面から互いに拳で決着つけるような潔さ。ジョン・ウェインの映画か何かであったラストシーン・・・雄大な自然をバックに2人の男が殴り合いで勝負をつける場面、と思い出す。小細工も陰湿な誹謗中傷もイジメもない真向勝負。

だからこそ、惹かれる。未だに。MINOR THREAT を筆頭とし、時にエモーショナルな面を強調して見せるDCのハードコアも魅力だが、自分はこういう不器用な直球勝負が大好き。それは、自分も歳を取ったけどやはり直球な生き方が大好きだし、角は立ってもそういう生き方をしてきたせいもあるのだろうな、と思う。それが自分にとっての筋の通し方であり「ハードコア」であると思うから。やっている事の分野は違っても「継続は力なり」だ。そして継続するのは意志の強さだから。



スポンサーサイト

音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

ネパール → 山梨 / ホーム / デス・パワー


コメント:


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 


トラックバック:

ホーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。