I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で


Entries.

--/--/-- / --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP

2012/07/18 / 01:07

京都を訪れた際は必ずといっていいほど立ち寄る寺町のレコード店「AVIS」にて購入した2枚。この他にもWOLFBRIGADEのTシャツを入手。

そういう状態を積極的に肯定するわけではないが、例えば、ヤク中であったり精神疾患であったり、ネオナチ思想を持つ殺人者であったりといった具合に、人間には「何処か病んでいないと辿り着けない境地」というものが明らかに存在する。

具体例を挙げれば、PEACEVILLEと契約する以前のGALLHAMMERの音や、退院直後、劇団「指輪ホテル」のステージで見た卯月妙子さんのパフォーマンスのように、どうしようもない暗さや業といったものを背負っている反面、凄惨な美しさのようなオーラを放出している場合などである。

フランク・ハーバートの原作やデヴィッド・リンチの映画化作品でも御馴染みの「砂DUNE砂の惑星」において「生命の水」を飲んでクイサッツ・ハデラッハに転生するが如き、常人では行きつけない領域であるからこそ、人を魅了する。

そんなわけで、BURZUMの新譜。

Burzum 新しいやつ
BURZUM "Umskiptar" Deluxe Edition CD

音だけは既に聴いていたが漸くCDも入手。

出所後3作目。初期のような所謂「ブラック・メタル」な音は皆無。かといって「普通のヘヴィ・メタル」なんぞになるわけも無く、初期4枚のように「ブラックメタルでないからつまらない」と言って切り捨ててしまうのは余りに勿体無さすぎる。

時々、周りの雑音を全て断ち切って、一人きりで内側にこもりたい気持ちになる時がある。そんな時、無性に聴きたくなるのがULVERであり、Sunn O))) であり、BURZUMだったりする。心の状態が不安定な時に、それを安定させる効果。毒を以て毒を制す。と言い換えても良いかもしれない。

自分にとって、ULVERもBURZUMもブラック・メタルをやっていた初期よりも断然、中期~現代の方が好みである。表面的な虚仮威しでない漆黒の闇。彼等の音楽は自分にとって、体内に抗体をつくるため、あえて病原菌を注射する予防接種のようなものなのかもしれない。

続いて

Lecherous gaze
LECHEROUS GAZE "Lecherous Gaze"CDEP

解散したオークランド・ハードコア、ANNIHILATION TIME の残党が結成した新バンドの4曲入りEP。

ANNIHILAION TIMEは3枚目にしてラスト・アルバム"3"において、BLACK FLAG 影響下のハードコアにTHIN LIZZY的ハードロックの要素を大胆に融合させ、そして成功させた稀有なバンドであり、とても気に入っていたので解散の報を聞いた時はとても残念に思ったものだ。

そして本作、ANNILATION TIME がやっていたハードロック/R&Rが更に加速し最早パンク/ハードコアの面影は微塵も無い・・・が、これが実に良い。痒い所に手が届くようなハードロック/R&Rサウンドは気持ちが上向きになる。厭味ったらしくならない程度に長尺且つツボを押さえた絶妙なサザン・ロック・テイストのギターソロも高得点。「実にTee Peeらしいリリースですね」(笑)ともいえる。この調子で早くアルバムつくってほしい!と思う。



しかし毎度の事ながら京都のAVISは本当に音源も含め値段が安い。BURZUMの新譜はデラックス・エディションで1400円位。LECHEROUS GAZEは600円位である。ディスク・ユニオンのサイトを見たら後者なんて2000円の高値で売られている。どんだけボッてるんだ、と思うだろ。

スポンサーサイト

音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

もぐら / ホーム / 祇園祭は・・・・見てないよ


コメント:


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 


トラックバック:

ホーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。