I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で


Entries.

--/--/-- / --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP

2012/06/17 / 11:05

キノコホテル単独実演会ツアー2012「水も滴る好いおんな」@恵比寿リキッドルーム へ行ってきた。

ライヴを見るのは今年の3月 「サロン・ド・キノコ 河原町炎上」@京都磔磔 以来3か月ぶり。開始直前に入ってもサクサクっとギター前まで行けた京都公演とは打って変わって全然前まで行けない。やはり東京での人気は凄いな、と改めて実感。

VELVET UNDERGROUNDかよ!なサイケ映像が投影される中、開始時間を15分ほど(時計持ってないから分からない。テキトー)過ぎてライヴ・スタート。支配人、何と昔の鉄アレイみたいに(笑)客席の中から登場。途中でスカートの中に手を突っ込まれたらしい。

セットリストは新曲、多め。ハッキリ言って、新しい曲はまだ練り込みが足りないかな、という印象。レコード化されている曲はかなりアップテンポ且つハードなアレンジになっておりロック濃度倍増。ギター弾きまくりのケメさんはいつも以上にカッコよかった。歌の節回しや曲調等、昭和歌謡やGSのイメージを出しつつも、ライヴでのギターソロや支配人のスクリーム&オルガン狂奏っぷりを見ているとやはりIGGY & THE STOOGES やDMZ辺りを否応無く思い出してしまうのも事実・・・というかそういうギャップがカッコよさなのだろうが。

終盤「いままでキノコホテルではやったことないんだけど・・・聴きたい曲、ある?」の問いかけに客席から「あたしのスナイパー」だの「夜の花びら」(これは是非一度、ライヴで聴いてみたかった!)だのといった声が上がるのを無視して「じゃぁ出なかった曲をやるわね」と「夕焼けがしってる」を始めるあたりの演出も憎い(笑)

そんなわけでアンコール2回を含む2時間弱、楽しかったね。

DSC_0712.jpg DSC_0710.jpg
今回は物販買うの止めておこうと思ったのだが結局、ツアT買ってしまった。実際、これを着て何処へ行くんだ?と問われれば「・・・・」だがツアーだのライヴだのってのはお祭りみたいなものだから、此方もギア上げて楽しまないと!

あと、昨夜は雨降りだったので傘を持って行ったのだが、入る時ロッカー脇に置いておいた傘が終演時まで盗まれず置いてあったのは嬉しい驚き。考えてみればアースダムとかウォールでやってるハードコアのライヴみたいに人相風体のヨロシクナイ人達が多数集まるハコでも今まで傘持って行かれた事が一度もない。やはり日本のモラルの高さなのだろうな、と思ったり。

DSC_0711.jpg
因みに此方は高円寺のタウン誌に掲載されていた支配人のインタヴューなど。






スポンサーサイト

音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

「エモ」スバーガー / ホーム / Meals Ready !


コメント:


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 


トラックバック:

ホーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。