I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で


Entries.

--/--/-- / --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP

2012/06/17 / 09:53

昨夜はキノコホテルのライヴだったので、会場入りする前に早めの夕食で腹ごしらえを・・・とやって来たのは最近のハマりネタ、東京八重洲地下街の南インド料理店「南インドカレー&バル エリック・サウス」

これまでランチ・ミールス、菜食ミールスとミールスばかりだったので今回はチキン・ビリヤニとケララ風牛肉のなんちゃら。

DSC_0708.jpg

ラージサイズでこの分量、そして約1300円という破格の安さなので味はどんな塩梅だろうか・・・と思っていたのだが、バスマティ・ライスを使った真っ当な(炊き込み)ビリヤニで骨付き鶏肉が幾本も、勿論カレーリーフも入ったものだったので大満足。写真のとおりライタとサンバルがちゃんとつけられているのも高得点。以前にも書いたけど、これを食べてしまうと他店で倍額出して南インド料理食べよう、という気はかなり減退する。

この小さな店面積と立地条件、あと料理の味も含めて考えると品川駅中の「シターラ・ダイナー」に近いのだが此方の方がよりオープン且つカジュアル。カウンターがメインなので一人でふらっと入り、ミールスをサッと食べて出る、という気取りの無さが自分の性に合っている。

唯一の不満は、食後のマドラスコーヒーを作る際、砂糖を混ぜてくれないので、せっかく泡立って出て来たコーヒーに砂糖を入れ、スプーンでかき回さなくてはいけない野暮と、温度が高すぎて自分でもう2度3度「滝落とし」をやらないと飲めない(俺、猫舌だからね)事くらいだろうか。

あと食べながら地下街を見ていると、結構店の前に立ち止まってメニューに目を遣る人達は多いのだが、入店せずに立ち去る人たちが存外に多い事に気付く。どうせ「なんだ・・・この店、ナンが置いてないのか」という奴等なのだろうが、もういい加減「インド人の主食はナン」みたいな変な思い込み、やめろよと思う。

個人的にはお店の前にライヴのチラシの如くドッと貼られた "MEALS READY!" の貼り紙が凄くいい。一枚欲しい(笑)

スポンサーサイト

/ TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

水も滴る好いおんな / ホーム / Touching Pain, Reaching Happiness


コメント:


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 


トラックバック:

ホーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。