I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で


Entries.

--/--/-- / --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP

2012/05/31 / 23:50

単独作としては "明日、陽はまた昇りますか?" 以来実に6年ぶり(!)となる

  010101010101.jpg
  SLIGHT SLAPPERS "Moonlight"CD

入手。

以上。

いちいちレヴューめいた文章なんか要らないでしょ?

と済ませるわけにもいかないのでこれまでの音源を持ってる範囲でダーっと聴いてみた。

一般に「東京パワー・ヴァイオレンス」と言われるスラスラだが、初期~最新作に至る過程で音が変化している事に気付く。適切な例えかどうかは分からないが、BRUTAL TRUTHがグラインド・コアと呼ばれつつも3枚目の"Sounds Of Animal Kingdom" でノイズもグラインドも、勿論ハードコアも飲み込んだ混沌、且つささくれ立った音の奔流を作り出したのを思い起こさせる。12曲入りなのだが、(これもまた当然の如く)アッと終ってしまうのも潔い。

あと最新作に係るインタヴューで、ライヴ等でのユーモアのセンスが云々、という件について「別にユーモアでやってるわけじゃない」という発言があったが(笑)未だ西荻WATTSがあった頃、クリスマス近くに行われたライヴでメンバー全員、「探偵物語」の松田優作コスで登場した時(客席の彼方此方からは「ルード・ボーンズかよ!(笑)」という声が)はとても楽しかった。あれはやはり、ユーモアだよね。

そんなわけでまたライヴ、見たい。


スポンサーサイト

音楽 / TRACKBACK(1) / COMMENT(0) / PAGETOP

Tシャツ・マニア Part.666 「毒を以てメタリカを制す」 篇 / ホーム / ガラージ


コメント:


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 


トラックバック:

TRACKBACK URL
http://hallowsvictim.blog.fc2.com/tb.php/1202-756dd829 まとめtyaiました【月 光】 単独作としては
まとめwoネタ速neo 2012.06.01 00:47

ホーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。