I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で


Entries.

2012/05/20 / 11:16

写真を撮るのは、沢山ある自分の「仕事の一つ」である。基本的に、仕事は趣味にしないので、休みの日に一眼レフを手に出かける、という事は絶対にない。しかし例えそれが仕事にせよ「写真を撮るのは楽しいか?」と問われれば「楽しい。」と即答する。そして「写真も車と同様、マニュアルがいい」と付け加える。

自分が撮る写真には、芸術性だの独創性だのといったものは一切求められない。ただひたすら「ありのまま」で「ハッキリした/鮮明な」写真でありさえすればいい。しかし野外で撮影する場合は、風景写真のように「天気が良くないから延期」というわけにはいかない。土砂降りの雨だろうが、新月の夜だろうが、日延べはできない。室内でマクロレンズを使って接写する場合も光の加減だの、被写界深度の絡みで僅かな段差であっても低くなっている場所のピントがズレたり、突然、不慮の事故でレフランプが割れたりするわけで、時間的制約の中で最も良い状況で撮影するべく頭の中で彼是考えるのはとても楽しい。

前置きが長くなった。此処からが本題。

     ナルミカメラ

先日手に入れた「ナルミカメラ」。

オビに「成海璃子、カメラはじめました!」とある。勿論、俺が成海璃子ちゃんのファンだから買ったに決まっている。楽しそうにカメラを持って写真を撮る姿が何とも良い感じである。同書に掲載されている会話だの何だのを読んでも、「あ~、いい子だなぁ・・・」と思ったり。

自分の場合、ファンになる切っ掛けってのが見てくれよりも「話しているのを聴いて」という場合が多々あるのだが、まさにそれ。こういう子がウルトラ級のツンデレであったらどんなにイイか・・・というのはまぁ、妄想だね。

スポンサーサイト

書籍 / TRACKBACK(1) / COMMENT(0) / PAGETOP

カルトです! / ホーム / 空も飛べるはず


コメント:


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 


トラックバック:

TRACKBACK URL
http://hallowsvictim.blog.fc2.com/tb.php/1192-35c0cfaa まとめtyaiました【カメラも車も、やはりマニュアルの方がいい】 写真を撮るのは、沢山ある自分の「仕事の一つ」である。基本的に、仕事は趣味にしないので、休みの日に一眼レフを手に出かける、という事は絶対にない。しかし例えそれが仕事にせよ...
まとめwoネタ速neo 2012.05.20 18:24

ホーム