I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で


Entries.

--/--/-- / --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP

2012/04/30 / 03:39

レーベル・インフォにある通り、どれだけの人間が今回の再発を待っていたかは知らないが、少なくとも俺はその中の一人だ。

というわけで遂に再発されたUKクロスオーヴァー・スラッシャーMETAL DUCKの音源2種

LMD MD
MD_20120430033744.jpg
METAL DUCK / LAWNMOWER DEATH Split CD
METAL DUCK "Auto Ducko Destructo Mondo" CD


彼等の名前なりファニーなアヒルのアートワークは80年代当時、ファンジンを熱心に読んでいた人なら覚えているだろう。自分も87年の"Quackcore" Demo はトレードで手に入れていた。冗談のようなジャケとは裏腹に出て来た音はメタルというよりはハードコア血中濃度高めなスラッシュでとてもカッコ良かった。それから暫くしてアルバムがリリースされたという話は聞いていたが結局手に入らず仕舞いだった。

当時は今みたいに簡単に音源(LP)が手に入る時代ではなくてファンジンでリリースの発表を読んでも入手できない音源は沢山あった。Cogmero rec. なんてブラジル盤で見たこと無かった。そんなわけで件のデモを別にすればネット時代に突入してから集めたMP3しか持っていなかったので今回の再発はまさに「待ちに待った」ものであった。

先ず、LAWNMOWER DEATH とのスプリットCD "Quack 'em All" 基本的にデモと同じ路線。多分SODみたいな事をやりたかったのだろうけど、UKシーン出身という暗くてダーティーな生い立ちは拭い去れなかったためかどうかはわからないがAdrenalin O.D.のようにバカ無限大で向こう側に突き抜けるような音にはなれず、初期RIPCORDのようなUKのスラッシュコア、という音になっておりとてもカッコいい。

続いて唯一のアルバム。Vo.が変わったらRIPCORDから思いっきりDEVIATED INSTINCT になってしまいました、という音。"Bombay Duck" なんてVo変わるとこんなに違うのかよ!と思う。時々CARCASS が顔を出すのも御愛嬌。やはりあの時代、皆、彼方此方から色々な影響を受けていたんですね、という好例。メンバーの写真にしてもCASBAH "Believe Or Bleed" シャツとかUNSEEN TERROR のキャップとかホント、懐かしい。

決して一流どころにはなれなかったが、当時のUKシーンを語るうえでは聴いておいて損はないバンドだと思う。

スポンサーサイト

音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

心に潮騒 / ホーム / ”小我から大我へ” 待望の再発!


コメント:


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 


トラックバック:

ホーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。