I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で


Entries.

2012/04/23 / 01:40

リリース予定日は4月30日なれど、とっくの昔に輸入盤店に入荷していた

Saint vitus f-65
SAINT VITUS "Lillie : F-65"CD+DVD

と新作Tシャツを入手。

Corrosion Of Conformity の新作同様、アマゾン等に記載さていているリリース日なんて本当にいい加減だ。その証拠に、実際にもうブツが入手できるのに未だアマゾンのサイトでは「予約受付中」になっている。寝言は寝てから言いやがれ、と思う。

そんなわけで、再結成後初アルバム。そして17年ぶりでVo.にWino が復帰。先行EP "Blessed Night" を聴いて分かる通り、基本的に全然昔と変わらない。デイヴ・チャンドラーの音数の極端に少ないリフ、そして対照的に狂ったように弾きまくるソロ、Winoの塩辛い声。Vitusのファンであれば安心して聞ける内容である。個人的には"Waste Of Time" そしてインストの "Vertigo" がとても気に入っている・・・なんて彼等の音源にいちいち解説めいたことなんか不要だろ(笑)

あと抱き合わせのDVDは2010年ハンブルグでのライヴ映像。最近Youtubeにアップされているメンバーのインタヴュー同様、プレイ中も余裕&大層嬉しそうな表情をしている。チャンドラー自身も"Mystic Lady" 前のMCで「前の方に女の子が沢山来ているな。今までじゃ考えられなかったよ!」なんて話しているように、昔はレコードが全然売れず、レーベルもプロモーションを全然せず、西海岸からNYまでツアーして行ったのに客は5人だか10人だかしか入らず「もうやってられねぇ!」と解散した頃とは大違いのウケ方である。漸く時代が彼等の追いついたということなのかもしれないが、これでWinoも日雇い肉体労働をせずにバンドだけで食っていけるように・・・なるのだろう。

Vitus shirt needle
バック・プリント。ドラッグ&注射器という「お薬ネタ」全開である。

何れにせよ、昔から好きだったバンドが売れていくのはいいものだ、と思う。そしてきっとまた今までは記事すら乗せなかったようなメジャーなヘビメタ誌がニタニタ笑いながら寄ってくるのだろうけどな。



スポンサーサイト

音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

エクス・リブリス / ホーム / 明日に向かって撃て!


コメント:


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 


トラックバック:

ホーム