I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で


Entries.

2012/04/09 / 00:42

久しぶりに魂が「メタル聴きたい!」サイクルに入ってきて、昔のデス・メタルなんぞを取り出してきては聴いているのだが、デス・メタルを熱心に追いかけていたのって、OBITUARY がデヴューする辺りまででそれ以降は完全にハードコアへと嗜好が移ってしまったので、ABOMINATION とか IMMOLATION 辺りはかなり当時から手薄になっていた。

immolation-dawn-of-possession.jpg Immolation here in after

そんなわけで久しぶりに、IMMOLATION の初期2枚を取り出して聴いているわけだが、非常に荒々しい音でカッコ良かったのだな、と今更のように思う。例えば最近の(と言うほどでもないが)Relapse Rec. が推しているような DYING FETUS とか FUCK THE FACTS みたいなバンドには無い生々しさ、禍々しさのような凄味が宿っているあたりは、やはり80年代リアル体験組の絶対的強さなのだろうな、と思う。



これを機に、ロゴが変わってからの音源も動画サイトで見聞きしてみたのだが、思いの外、カッコいいことに気付く。また機会を見て買いそろえて行こう、と思う。

スポンサーサイト

音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

GWには海いって鎌倉のT-SIDEで南インド料理食べてだな・・・ / ホーム / 素晴らしき21世紀の未来世界


コメント:


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 


トラックバック:

ホーム