I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で


Entries.

--/--/-- / --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP

2012/03/22 / 00:56

考えてみると、最近は京都へ行っても所謂「観光」を殆どしなくなった。俺自身が団体観光客と遭遇するのが嫌でそういう時と場所を意図的に避けているという事もあるのだろうが、それにしても前回も今回も滞在期間中、居るのは殆ど今出川以北、昼頃までホテルでゴロゴロしていて午後から動き始め、ギャラリーやイヴェントへ行ったり、音源探しに行ったりして、夕刻から夜が更けるまで飲み&食事をして戻ってくるという東京に居る時と殆ど変わらないライフスタイルになっていることに気付く。

3 ネパール
昼飯は北大路のネパール料理店「サムジュナ」でダルバート。「ナーンは要らないのでごはんを大盛りにしてください」仕様。美味しい!


そんなわけで京都滞在3日目は昨日のMUCC握手会と並ぶメイン・イヴェント、キノコホテルのライヴ@磔磔「サロン・ド・キノコ~河原町炎上 第二夜」である。正確に言えば河原町でなく仏光寺冨小路なのだろうが細かいことはいい。

3 キノコホテル

これまでも京都のライヴハウスに行ってみたかったのだが旅程の一日前、或いは帰る日だたりとどうも巡り併せが悪かったのだが今回はドンピシャリ。それも磔磔でキノコホテル、である。これはもう幸運としか言いようがない。

というわけで諸事情あってカルガモネンドは見られなかったのだがキノコが始める直前にイン。これまで磔磔というと都内では新宿ロフトのような場所なのだろう、と勝手に思っていたのだが全然違い、まるで芝居小屋のようなところだった。以前チラッとユーストリームで見た京大西部講堂と近い雰囲気なのかもしれない。入るとすぐにスタッフの方がドリンクの注文を取り来てくれて、おまけにグラスを返しに行こうとすると取りに出てきてくれる、というこれまで体験したことのないホスピタリティに感動。

そうこうしているうちにライヴ、スタート。ザクッと前方に出て、ケメさん前へ。だいたいいつもキノコ見る時は右前方で、見ているのはギター&ドラムなので申し訳ないのだが、支配人のパフォーマンスって左目の端でちらっと見ているだけだったりする。

この日は新曲も披露し、加えて支配人の、新曲の出だしを間違えたエマいびり(笑)もありで会場がドMな盛り上げりを見せる中、大好きな「あたしのスナイパー」「謎の女B」もセットリスト入りで、「ネオンの泪」を演らなかったのは残念だがアンコールも含めて約90分、とても楽しく過ごす事が出来た。都内では最近、ロフトのような大きなハコですら混み混みで物販も長蛇の列に並ばなくては買えなかったりするのだが、今回はそういう事もなくゆったりとみられたのは非常に嬉しい。

ライヴが終わってから北大路のお好み焼き屋「茶花」で遅い夕食。体動かして汗かいた後は腹が減る。

3 茶花2
おつかれさま~!!巨大な出し巻き玉子、薄味でとても美味。

3 茶花
関西スタイルのお好み焼きって東京のものよりも美味しいな、と思う今日この頃。

伊部理子ブタ
更け行く都の夜に染みわたるイベリコ豚の旨味。




スポンサーサイト

/ TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

早春・京都奇行 「中吉」篇 / ホーム / 早春・京都奇行 「MUCCの握手会」篇


コメント:


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 


トラックバック:

ホーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。