I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で


Entries.

--/--/-- / --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP

2012/02/29 / 00:56

考えてみると今年は・・・といってもまだ2月末なのだが・・・初っ端に聴いた DENIAL FIEND の2nd からかなり強力な音源と出会っているように思う。ハードコア・シーン同様、メタル・シーンでもオールドスクールなミュージシャン、メタルヘッズ(「パンカー」同様、「メタラー」って言葉、大嫌いだね)が気合の入った活動してるのはとても嬉しいしシーン(not業界)の活性化にも繋がると思う。

そんなわけで、ダッチ・オールドスクール・デス

     Asphyx-Deathhammer-300x300.jpg
        ASPHYX "Deathhammer"CD

待望の新作。

中心人物Martin van Drunen がやっている HAIL OF BULLETS もいいが、幾つもバンドを掛け持ちしていてもポール・スペックマンといえばやはりMASTERなのと同様、個人的にはASPHYXが好きだ。

全作、"Death...The Brutal Way" 同様・・・というかこの人たちも基本的に昔から全然変わらないのだが・・・2ビート主体のオールドスクール・デスが非常にカッコいい。へヴィで長めの曲とファストで短い曲をほぼ交互にやっている。個人的には、ブラストを多用するスタイルよりもこのくらいのスピード感でゴリゴリ押してくる方が遥かにハマるしノれる。

昨日書いたAUTOPSY、そして先述のMASTER と並んで彼等のこのスタイルも最早「御家芸」というヤツだろう。RAMONES同様、「同じスタイルを貫くカッコよさ」というのはメタルだろうとパンクだろうと変わらない。



スポンサーサイト

音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

もう3月だ・・・ / ホーム / All Tomorrow's Funeral


コメント:


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 


トラックバック:

ホーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。