I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で


Entries.

2011/12/04 / 23:50

昨夜は早稲田ZONE-Bで開催された

   UTN.jpg
CRUCIAL SECTION Presents: UNITED THRASH NIGHT Vol.76 & 77
"Let's Slam! Fest 2011"

へ行っていた。

ライヴ前に、地下鉄東西線早稲田駅にほど近いネパール料理店「Khana」で腹ごしらえ。高円寺PAL商店街の「花菜」と同系列店らしい。オーダーはネパーリの定番、ダルバートとモモ。ダルバートは何故かタイ風に揚げ卵焼き(カイダーオ)が乗っているのだが全体の味付けとしては「サンサール」に近い直系ネパーリでとてもおいしい。

ネパール料理、ダルバートと銘打っていても曙橋の某みたいに北インド宮廷料理系のバターと脂たっぷりなカレーで手食すると2日間くらい指先がオレンジ色に染まったままの「ダルバート」とは違うあっさりさっぱり、それでいてスパイス感は生きています、という味付けは好み。というわけで食事を終えて会場入りすると3番手のTHE SLOMOTIONSが始まっていた。

DVC00159.jpg DVC00156.jpg

因みに今回のお目当ては名古屋のADA+MAX。以前から一度ライヴを見たいと思っていたのだがなかなか日程が合わず、今回が初見。アルバム同様、ACCUSED のトミーを髣髴とさせる鬼のカミソリ・ギターリフと「トワイライト・ゾーン」な異次元感覚なソロが凄過ぎる!! あと此方も初見だったMARUBULLMENのクロスオーヴァー・スラッシュっぷりもカッコよかった。 トリはCRUCIAL。やはり"Let's Raise Your Hands" は異様に盛り上がる。因みに彼等の1st LPやそれ以前のV.A.音源、LIEとのスプリットソノシート音源なんかを纏めてCD化してくれると物凄~~~く嬉しいのだけど。

スポンサーサイト

音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

嗚呼、量感! / ホーム / スパゲッティ


コメント:


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 


トラックバック:

ホーム