I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で


Entries.

2011/10/18 / 00:55

長らく廃盤になっていたため入手困難だった

     RKL 1

     RKL 2

R.K.L. (Rich Kids On LSD) "Greatest Hits : Live In West Berlin 1988"

がジャケットデザインも微妙に変わって遂に再発!!

DVC00186.jpg
此方、オリジナル盤

とはいうもののCDは未だリリースされた形跡がなく、今のところはMP3のダウンロードのみで入手可能・・・らしい。個人的にはやはり好きなバンドであれば例え音源と一緒にブックレットのダウンロードもできるとはいえCDなりLPなり、手で触れる事に出来る音源としての「形」が無くては絶対にイヤなのでいずれCDが出回れば買うのだが、取り敢えずはMP3 Ver. を聴いてみた。

デジタル・リマスターされているのかどうかは分からないが、オリジナル盤と比べて音圧は確実に上がっており、音がデカい。これだけでも買い直す価値ありありなのだが今回の再発はボーナス・トラックが入っている。元ネタは2006年の6曲入りDemo音源の"The Kookie" を除く5曲。音はラスト・スタジオ・アルバム "Riches To Rags" 路線でメタリックなギターと疾走感溢れるリズム隊との絡みがカッコいい佳曲ぞろい。

でもって肝心の本編の方、やはり"Block Out"の前奏部分のベースは何時聞いても鳥肌立って座りションベンちびってしまうくらいにカッコいい。まさに「ギターよりも速くベースを弾き倒す男」Joe Raposoの面目躍如、である。そして滅茶苦茶手数の多いBomberのドラムとの絡みも震える。キメの部分にはフロント全員ジャンプする、というお馴染みのアクションもまた凄い。

以前にも書いたが、"Reactivate"CD の後の初来日公演、行かなかったことを今でも本当に、本当に、本 当 に っ! 後悔している。


このベースっ!!!!


此方、2000年の映像。スラム・ダンスのサークル・ピットが鳴門の渦潮みたいに凄い。

スポンサーサイト

音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

ハード・ロック / ホーム / 電人ザボーガー、Goっ!!


コメント:


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 


トラックバック:

ホーム