I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で


Entries.

2011/08/31 / 00:01

昨日は代休だったので例によって中古盤音源物色したり本屋行ったりカレー食べたりとまぁ、変わり映えしないいつもの休日。最近はCDを聴く人・・・というよりCDやレコードといった「形としての音源作品」に愛着を持つ人が少なくなっているせいもあるのだろうが中古盤コーナーに行くと買い逃していたあんなブツ、こんなブツが並んでいたりするので楽しい。

そんなわけで昨日の釣果など。

        Olho+Seco+Haverá+Futuro+300x300

       OLHO SECO "Havera Futuro?"

最近は此処の日記に度々登場するブラジリアン・ハードコア伝説 OLHO SECO。本作、詳細は不明ながら2008年再結成後にリリースされた過去音源再録ベスト盤・・・らしい。2009年ユーロ・ツアーのライヴテイクを聴くとかなりラフ&ワイルドな演奏をしているのだが此方のスタジオ盤ではキッチリ、カッチリとしたスラッシュ、という感じに仕上がっている。当然、プレイは上手くなっているし音質もクリアなので、後期(?)の"Fome Nuclear"EP、"Eye For An Eye"LP 辺りのノイズぐっちゃぐちゃな音とは全く違うが、これはこれでカッコいいんじゃないか、と思う。


ビフォー


& アフター


そして中間退化(爆笑) 同じバンドとは思えないグッチャグッチャな音塊が凄すぎ!


あと1枚、此方もブラジル物で、

mukeka di rato

MUKEKA DI RATO "Samba's Not Dead"


名前は知っていたが、音を聴くのは初めて。調べてみたら何枚もアルバムをリリースしているらしい。本作は日本ツアー用のベスト盤。ファストコア寸前のハードコア(?・・・笑)でGAUZEやVIVISICKみたいなスピード感にほんのりユーモアを振りかけた感じでジャケットのファニーさとは裏腹にとてもカッコいい。来日公演、見たかったな・・・と思いつつも後の祭り。

スポンサーサイト

音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

近親相姦の鬼 / ホーム / 被告人、デジタル・リマスター


コメント:


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 


トラックバック:

ホーム