I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で

--/--/-- / --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP

2015/12/31 / 12:59

毎年恒例の(?)12選。

数字は順位ではないので念のため。

1 POISON IDEA "Confuse & Conquer"
13814_835533379860850_4716193486735169509_n_201512311223356ff.jpg

2 G.I.S.M. "Determination"
2015050410251818c_201512311223341e9.jpg

3 MIDNIGHT RESURRECTOR "Hated True Sounds"
1006596498_20151231122436f9c.jpg

4 RANGER "Where Evils Dwells"
418404_20151231122336a69.jpg

5 SKIZOPHRENIA! "Single-Ticket To Demo-Lition"
f0201863_229063 (1)

6 HAZARD "Bedlam State"
1006704764_20151231122415421.jpg

7 S:H:I: "死"
91908865_o1_201512311224064c3.jpg

8 SIGH "Graveward"
Sigh-Graveward-album-art.jpg

9 LEVIATHAN "Scar Sighted"
20150407223909bb0_20151231122314665.jpg

10 BONEHUNTER "Evil Triumphs Again"
a2954920001_16_20151231122406a26.jpg

11 HOODED MENACE "Darkness Dips Forth"
530463.jpg

12 KRIGBLAST "Power Till Demise"
20150214234823e37_2015123112231865e.jpg


再発ものではやはりMAYHEMのこれ!

DSC_2989_2015123112243525a.jpg

加えて ORDER FROM CHAOS や RADIO BIRDMAN のBOX (リリースは昨年だけど入手は今年なので)、あと JUDAS PRIEST "Defenders Of The Faith" ANTHRAX "Spreading The Disease"、SCORPIONS 等の「○○周年記念盤」 も年寄りにはうれしい散財だった。

ライヴでは何といっても初めて MASTER を見ることができたのが最大の収穫。また機会を見て来日してほしい!!!
あとは先日書いた CRUCIAL SECTION UxTxNx Vol.100 や今年も参加できた 鐡槌の"Ice Pick"、そしてアメリカの IN DEFENSE 、
横須賀に引っ越してようやく地元で見ることができた SUN'S GOD (ex. FVK) 等々ライヴを見た本数は決して多くはないが、良いものをあれこれ見せていただいた。感謝。

さて、来年はどんな「音」に出会えるのだろうね。


スポンサーサイト

音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2015/12/31 / 12:06

MORTORHEADのレミーが亡くなった。

FB_IMG_1451428237568.jpg

998488_966298920117628_502639091329603832_n.jpg

先日亡くなったフィルシー・アニマル・テイラーに次いで・・・であるので大きなショックを受けている。最近のやたら痩せてきた写真を見たり、或いは体調不良で「もうできない」とライヴを途中でやめてしまい、そのあと「杖をついて」出てきた姿を見るにつけ「レミー、かなり危ないんじゃないか」と心配はしていたのだが、心のどこかで「核戦争が起きてもゴキブリとレミーは生き残る」とまで言われたレミーのことだから大丈夫だろうと思っていた。享年70.あれだけ無茶苦茶なロックンロール・ライフを体現しながらよく70まで生きたものだという考え方もできるのだろうが・・・・

しかし、最近あらためて自分の年齢について考えることが多くなった。俺はまだ50を超えてはいないが、学生時代に聞いていた、或いはライヴハウスに通って見ていたハードコアやスラッシュ・メタル・バンドのメンバーが皆、40代中盤~50代、あるいは60代になっている。そこまで生きられず、若くして亡くなってしまった人も多い。そうかと思えばストーンズのメンバーやイギー・ポップのように「いつ死んでもおかしくない」と言われつつ、いつの間にか健康になり長生きしているアーティストも多い。古今亭志ん生師匠の噺のマクラではないが「最近は酒もタバコもやめて健康になってきたよ。でもって外を走りに行ってくるよなんてぇと車にひかれて死んじゃった」なんてことも多々あるわけで、本当に命の蝋燭の長さなんてのは神様にしかわからない。昔読んだ中国の民話に「人の寿命は北斗の神と南斗の神が囲碁をして決める。北斗が勝てば寿命は短くなり、南斗が勝てば長生きする。」なんてのを思い出したりもする。

ことMOTORHEADについていえば、確かに最近の俺はもうハードコアな「MORTORHEADBANGERS」ではない。俺なんか足元にも寄れぬほどモーターヘッドとレミーを尊敬し、かつ、愛しているファンばかりだと思う。しかしこれだけは言いたい。

1929490_965831976830989_6898137507083127934_n.jpg

高校生のころ、「極悪ライヴ」LPに出会わなかったら、俺の人生は間違いなく、今とは別の・・・つまらないものになっていただろう、ということである。

レミーに心から感謝を。

合掌。



音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2015/12/29 / 21:49

継続は、力なり。

CRUCIAL SECTION 企画 "United Thrash Night" 記念すべき Vo.100 を見に行ってきた。

1920514_764503950322085_2958200742589279517_n.jpg 10653549_965100540237466_2626283911212628625_n.jpg

開演は1830からとあるが、実際に始まったのは案の定、1900から。「40曲以上やる」と事前に告知されていたのでぶっ続けでやるのか!と思っていたのだが、20曲ずつの2部構成で前半は"Against The Wind" 以前の古い曲中心のセットリスト。"Fight The Good Fight" "Crew For Life" "My Hope Your Hope" 等の昔の曲はやはり場内もテンション上がりまくり。"Let's Slam And Drink"はやるかな…と思っていたのだが、それはなし。

第1部のあと、約40分の休憩を挟んで第2部スタート。こちらは最近のセットリスト中心。昔の曲も勿論かっこいいが、日本語詞にしてからのクルーシャルは、よりアグレッシヴになったと思う。お客さんのサークルピットもさらに加速。大締めは "Faster, Louder"。

約2時間、ガッツリ楽しめた。自分が初めてスラッシュ・ナイトを見たのは・・・平成9年だから、約18年前である。ヒロさん曰く「ここまで来るのに19年かかった」そうだが、長期に渡って企画をやり続け、海外のバンドを呼び、あるいは自ら海外ツアーを行い、レコードを出し、Tシャツを刷り、他のバンドの音源を出し・・・という活動を続けていくのは並大抵の努力ではないと思う。まさに「継続は力なり」である。

Vol.100、本当におめでとうございます!!! そして来年もまた、期待してます!!!!

CXRs9WpUQAAse-v.jpg




音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2015/12/27 / 01:43

最近、また走り始めた。

神奈川に戻ってから、生活の足は殆ど自転車になってしまい、同じ「走る」のでも自分の足で走る機会が激減した。それじゃいけない・・・というわけで、夏場よりはやはり冬場だろ・・・とウィンドブレーカーを引っ張り出して MANOWAR だの CRO-MAGS だのを聞きながら走るのは楽しい。

そして明け方や夜の海はやはり綺麗である。

DSC_3295.jpg

5886_963466987067488_550203546067474129_n.jpg

DSC_3292.jpg

DSC_3294.jpg

1958082_963467030400817_1080963854097847342_n.jpg

12373406_961943133886540_9194665638889636405_n.jpg

10553457_961943120553208_6134706300725885188_n.jpg

10606567_963050303775823_7641111704216184397_n.jpg
「くりはま花の国」のウィンター・イルミネーション

995304_963467007067486_730747605626683311_n (1)
そして「初詣」の幟が立っている走水神社。

いよいよ、2015年、平成27年、皇紀2675年も終わりに近づいてきたな。



横横沿線 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2015/12/27 / 01:23

冬はやっぱり鍋に限る!

とまぁ最近、2人暮らしを始めて改めてそう思う。当初は単純に「湯豆腐でもつくるか!」と思いスーパーへ行ってみれば最近は彼是と「鍋のもと」を売っている。キューブになってるスープを湯に溶いて具材を入れるだけで鍋が出来上がる。良い時代になったものだ。

1916720_963825497031637_4248279121760218576_n.jpg

結局、鶏ガラス-プのごった煮になったが、これが思いの外、美味い。これをつつきつつTVの「Mステ」を見ながら「Perfumeは良いねぇ」なんて喋っているわけですよ。

とはいうものの、週に1度か2度は外へ魚などを食べに行くのも良いものだ。毎度おなじみ、横須賀中央「市場食堂」にて。

6902_963052047108982_3677624140597297298_n.jpg
貝の刺身盛

12375965_963052073775646_4101915022818346556_n.jpg
焼きほっけ

12376715_963052090442311_7185701711372736601_n.jpg
鰤照り

12391343_963052057108981_432434245578269153_n.jpg
鯨刺し

これに加えて穴子の天麩羅やクリームコロッケや飲み物をオーダーして2人で5000円見当である。安くて美味い。

続いて、京都から帰って来た夜。横須賀中央に着いたのが22時だったので、取り敢えず開いてる店で晩飯を食おうとMore'sに入っている「すみれ」という焼き鳥屋へ。

11219015_960870683993785_8379398009970912282_n.jpg

12366269_960870700660450_8315895488496932775_n.jpg

12390935_960870710660449_5116034153013089614_n.jpg
湯葉が何気に美味かったりする。

続いては俺一人の「孤独のグルメ編」

京都、河原町姉小路の「ケララ」でターリ。南でも北でもない・・・というか南と北の良いところ取り。まさに「ケララ流」料理。見てくれは北インドのターリなのだが味付けは南インド式であっさりして非常に美味。

12369149_960190597395127_5985933705587295562_n.jpg

次。

ASAKUSA EXTREME へ行く直前、浅草は国際通りのトルコ料理店「サライ」で晩飯。以前は浅草と言えば「下町カレー食堂KORMA」だったのだが、生憎無くなってしまったので、此処か夢屋か天健か、はたまた飯田屋でどぜうか・・・金があれば1年に1回くらいは辨天山美家古にも行きたいなぁ・・・・と思ったり。

46756_962398697174317_4874934846584457206_n.jpg
フムス (エジプト豆のペースト)とエキメッキ(ピタパン)

10527890_962398707174316_2020680374160091925_n.jpg
チョバンカヴルマ (子羊肉の炒め煮)

10406741_962398717174315_773669298937506812_n.jpg
ソフラクレマ (トルコのココアプリン)

これに加えてアイランを飲む。

ラスト。

茶水の「キッチン・カロリー」でカロリー焼きのメガ盛り。たまにはこういうのも食べたくなる。「カレー屋ジョニー」のなんちゃってカシミールとかなんちゃってコルマとかな (笑)

10389665_964468093634044_1982720055240814613_n.jpg

学生時代・・・というか予備校時代は水道橋で、授業が終わると水道橋~茶水界隈のお安い食堂には彼方此方お世話になっていたので「カロリー」や「南海」の味は今でも懐かしい。

/ TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2015/12/25 / 15:43

世間様は今日、25日で仕事納めのところが多いのだろうが、俺は22日から既に休みに入っている。

というわけで23日はライヴを見に浅草クラウドへ。当日は渋谷サイクロンで、鉄アレイ、IDORA、CASBAH、JURASSIC JADE が出るライヴとバッティングしており、どちらに行こうか迷ったのだが、やはりCOFFINS, SEX MESSIAH が見たかったので浅草(蔵前)へ!

12369119_962437357170451_3957663840501684386_n.jpg 7395_962573783823475_700200496900886809_n.jpg

開始が1730と早いので、自分には珍しくキッチリと開演時間に合わせて会場入り。しかしまぁなんというか・・・浅草でゆっくり上海料理などを食して3番手の BARBATOS から見ても良かったな・・・と思った次第。

というわけで3番手、BARBATOS。ABIGAILとしては何度か見ているがBARBATOSとしては初見。Aに比べれば若干、ロックっぽいという違いでしかないのだろうが、ジェロさんに加え、フライングVが1本増えておりツインギターで弾きまくり、ベースと3本並んでキメるポーズは往年のマイケル・シェンカー・グループみたいでカッコいい!!そしてヤスユキさん必殺の

「マイ・ガールフレンド・ウィズ・アナザー・ガーイ!」
「グッバイ・ハイスクール・ガールズ!」
「ディック・イズ・ファッキン・ビーッグ!」
「ブロンドヘアー・アンド・ビーッチ!」

というべラベタな日本語英語シャウトが堪らん!!〆は「プロフェシー・オブ・ザ・イブニング・スター!」
いやもう、初めて見たのに最高!!!

4番手は COFFINS。先日、アースダムで見て以来10日ぶり(笑)お客の入りが前回より良いせいもあるんだろが、こないだよりもかなりいい感じのライヴだったのでは、と思った。今回は重めの曲中心のセットリストで "Grotesque Messiah" 等の速い曲が無かったのが残念だったが、今年最後のCOFFINSを見られてよかった!

トリは、SEX MESSIAH。ベースの着ている鎖帷子、カッコいい~!!!とのっけから興奮。基本的にはプリミティヴなブラック・メタルなのだが、たとえばSSORCのようなノルウェイ・スタイルではなく、南米~東南アジアのブラック・メタルを高い演奏力と、スラッシュメタルを通過した独自の解釈で再構築したようなスタイルで非常にカッコいい。宇田川さんもTERROR SQUADやANOTHER DIMENSIONでのパフォーマンスとは全く異なり、一切喋らずダークで不穏な空気を演出しているのも良い。この日1番の盛り上がりを見せ、「もっと見たい!」と思う此方の思いを断ち切るように、ライヴは終了。

12376473_962791040468416_1588082961734785495_n.jpg

これが今年最後のメタルのライヴになると思うのだが、良いものを見せてもらった!と感謝感激。帰りに物販でSEX MESSIAHのロンTを購入して帰宅。あとやはりライヴが早い時間に始まって22時ころまでに終わるのは本当にありがたい。



音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2015/12/22 / 00:08

10か月ぶりに京都へ。

1泊2日の強行軍。例によって観光等、一切なし。今回は、諸処諸々重要な案件があったのだが、上首尾に終わって本当に良かった。19日(土)の夜、思いの外、其方の件が早く終わったので、四条ミューズホールで行われていたライブを見に行く。

12321613_960413074039546_4658265130767508905_n.jpg

俺が会場に入ったのは、BEYOND HATE が始まる直前から。数年前のICE PICK で見て以来、浜松のBEYOND HATE、"One Voice"時代のAGNOSTIC FRONTを思い起こさせるタフでジョックな音、そしてセンスのいいギターは本当にカッコいい。名古屋の AGGROKNUCKLE 同様、ハードコア+スキンズの良い所どりな音は大好きだ。

トリ前は初見のKiM。以前から名前は聞いていたが音を聞くのは初めて。お客さんも含めて「地元愛!」という感じで盛り上がるアツさを感じさせるステージは圧巻。アルバムを聞いてみたくなった。

ラストは鐡槌。ライヴを見るのは今年のアイスピック以来。ステージ背の壁面に貼られた巨大な日の丸の前でシャウトする昭司さんの姿が何時になく映える。アルバムから「我怒る故に我在り」「風、蕭々」を除く6曲、目下の最新シングル「陰獣」そして音源化されてないけどいつもイヴでやってる「歌詞は分かるが曲目は分からない」あの2曲(笑)の9曲を演奏でいったん終了。アンコールの声にこたえていつものように少し照れ笑いしつつステージに戻る昭司さん「あと何曲やればいいの?(苦笑)」の問いに客席から「3曲!」の声。「じゃぁ1発でキメるから。」とオーラスは「儚き花よ(神風)」。このあと「雷鳴」をやるかな、と少し期待していたのだが客電がついて本当にこれでおしまい。

久し振りに首都圏でない場所で見るライヴは、スキンズの暴れかたも含めとても楽しい。終わって外に出てみれば時計の針は23時47分だったが、見に行って本当に良かった!!!

音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2015/12/14 / 22:56

日曜日、ふと思い立ってライヴを見に行く。

12347592_957595030988017_4367848905220279709_n.jpg 12347721_957595054321348_3461768388955275416_n.jpg

神保町で古書を物色し、御茶ノ水でタイ料理を食べてから会場入りしたので、見たのはマグダラ呪念から。

しかし会場入りして驚いた。言っちゃ悪いが、こんなガラガラのアースダムを見たのは初めてだ。バンド関係者を除いて純粋な客は20人ほどではないか・・・・という寒々しさに「このジャンル、これほどまでに人気が無いのか!?」と思った。ANATOMIA と COFFINS が出てこの程度しか集まらないなんて・・・大丈夫か、日本人?

久しぶりに見たCOFFINS、すごくカッコよかった!今のVo.が音に合っているという事もあるのだろうけど、スロー且つ激重な2ビートの中に躍動感があって、身体の芯までズンズンくる音が堪らない。昔と比べてスピード感のある曲が増えたのも個人的には二重丸。気持ちよく頭が振れた。

そして非常に楽しみにしていたトリのANATOMIA・・・なのだが始まったのが2220。電車の時間の絡みで泣く泣く2曲で退場。やはり横須賀まで帰るのはキツイ。キーボードの奏でる荒涼とした音色と超が付くドヘヴィでスローな曲が現出させる音像はまさに「デス・メタル」以外の何物でもない。それだけに最後まで見られなかったのが残念無念。

以下、物販ブースでの入手ディスク。

DSC_3177.jpg


音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2015/12/14 / 22:13

暖冬・・・だよな?

しかしこんなに雨の多い年もなかったな・・・という印象。あくまでも印象なので、気象庁のデータなんぞを持って来ないようにな!

というわけで雨天曇天の合間の晴れ間は、便所のタンクにブルーレットをぶち込んで水を流したように美しい。

DSC_3158.jpg

DSC_3157.jpg

DSC_3159.jpg

DSC_3152.jpg

DSC_3153.jpg

DSC_3140.jpg

DSC_3142.jpg

DSC_3135.jpg

DSC_3134.jpg

DSC_3063.jpg

DSC_3144.jpg

DSC_3122.jpg


横横沿線 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2015/12/14 / 21:52

師も走る12月も既に半ばである。

いよいよ今年もあと2週間余となったが、基本的に年末だろうが年始だろうが五月祭だろうが生贄の夜だろうが、自分の気持ちってのは変わらない。常に平常心、そして日々是戦場である・・・なんてのは嘘八百。

最近は、家ごはんが増えた。当然、家ごはんが増えれば外食は減る。とはいえ、やはり週末くらいは外で食べて気分転換することも生活に潤いを与えてくれる。

銀座のマレーシア料理店「ラサ」で晩飯。

_20151205_211811.jpg
生春巻き

_20151205_211753.jpg
雲吞

DSC_3081.jpg
クアラルンプール式あんかけ焼きそば

あんかけの下に網のように目の細かい堅焼きそばが仕込まれており、その下には柔らかい麺があるという二層構造。量が多いので2人で分けて食べるくらいがちょうどいい。

御茶ノ水「サイアム・セラドン」にてタイ料理。

DSC_3164.jpg
チキンの笹包み焼き

DSC_3165.jpg
定番、カオソーイ

以下、近所のインド料理店。

_20151202_213827.jpg
チリチキン

最近流行っている(?)インディアン・チャイニーズ。マサラな酢鶏。

DSC_3106.jpg
ダール・マトンとマッシュルーム・プラオ

DSC_3107.jpg
サグチキン

しょっちゅう屋号が変わる近所の中華屋

DSC_3072.jpg
あんかけ堅焼きそば

DSC_3071.jpg
茄子炒め 見た通り。

というわけで、珍しく「デリー」でカレー食ってない!!!!(笑)

/ TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

ホーム / NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。