I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で

2015/11/26 / 00:35

いやぁ~、寒い!!!

ついこないだまで「いやぁ~、暑い!本当に11月かよ!」と言っていたのが急転直下の冬模様である。おまけに悪天候続きで気分も晴れない。先週は風邪の初期症状でクスリを飲んでいたせいもあり車で出勤しており、今週は悪天候のためまたしても車通勤で、最近は全然自転車に乗る時間も無いのだが、家に戻ればおでんだの麻婆豆腐だの暖かい飯を食いつつ音楽を聞いているのは、冬らしくていい感じである。

そんなわけで、最近の2作。

DSC_2989.jpg
MAYHEM "Live In Leipzig"2CD

リリース25周年記念、名盤復活!!!個人的には MAYHEM といえばコレ。1st "De Mysteriis Dom Sathanas" よりも遥かに此方の方が好き。「たられば」の話でしかないが、もしDEADが自殺せず、1st のレコーディングに参加していれば間違いなく墓に持っていくアルバムの一枚になっただろうに・・・とこのライヴ盤を聞きながら今更のように思う。

内容の方は今更言わずもがな・・・である。よく「音質が悪い」と言われる本作だが、80年代、クソみたいに音の悪いテープだのブートだのを聞いていた俺に言わせればこの程度で「音質が悪い」なんて耳がどうかしてるんじゃないか・・・とまでは言い過ぎだろうが、普段、どれだけお上品でクリーンな音しか聞いてないんだ、と思う。そのくらい、本作は「生々しさ」に満ちている。Deadの咆哮、Euronymousのギター、Hellhammerのドラムがガッチリ組んで凄まじい音の奔流が渦巻いている。これを生で体験できた人は本当にうらやましい。

因みに本作、ライプチヒのライヴに加え、同じく西ドイツのツァイツでのライヴがもう1枚のCDに収められている。此方は音質もパフォーマンスも本編と比べてかなりラフで、あくまでも「おまけ」と考えた方が良いだろう。

次。

DSC_2996.jpg
キノコホテル "夜の禁漁区" CD

秋のツアーの際、会場で販売されていた3曲入りCDが一般販売開始。今年は1回しかライヴを見に行けず(それでも宇都宮まで行って見た!)、秋のツアーも全然見られず残念無念だっただけに通販とはいえ、新しい音源が手に入るのは嬉しい。

3曲中、1曲は長めのインストであとの2曲が歌モノ。どちらもポップな懐かしの歌謡曲ちっくな歌メロと超絶なバックの演奏、という最新アルバムの路線と変わらず楽しめる。そしてやはり霧島ベースの上手さ、ケメギターのカッコよさには唸る。

来年は今年より多くライヴを見に行けるといいのだけどね。

スポンサーサイト

音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2015/11/24 / 01:22

Obscene Extreme Asia 2015 、11月21日(土)を見に行ってきた。

12274724_948133048600882_3298533694676314678_n.jpg

偉そうに「見に行ってきた」と言っても、諸事情あって、会場に入ったのは19時。UNHOLY GRAVE が始まる寸前である。しかし今回は初めてUNHOLY GRAVEが見られて本当に良かった!自分はこれまで、DEATHPEEDのDemoもNauseaの音源もリアルタイムで入手していたのに、一度もライヴを見たことがなかったから嬉しさもひとしおである。

開始早々、前方は大暴れのサークルピットで素晴らしい状態。Agathoclesを思い起こさせるゴリゴリしたまさに「グラインドコア」としか言いようのない音をMC一切なしで矢継ぎ早に演奏し続けるタフネスに感服。そしてタカホさんのカッコよさに痺れる。

途中、大暴れする外人のパンチを口元に食らって上唇を切り、久々にライヴで負傷したワタクシでありますが、全く無問題!拳が俺の歯に当たった彼も怪我したんじゃないのかなぁ・・・・なんてのも含めてとても楽しかった。

大トリは、結成30年にして初来日、US/チェコ、デス・ゴッド、MASTER!!!!! 初めて至近距離から見るポール・スペックマンが動いている姿に感涙。ライヴで写真を撮るなんて、30年くらい前、「写真撮影した建物を建築パースを書け」という大学の課題で、目黒鹿鳴館で演奏中のDISARM(DRASTIC GUNSMITH)を撮影して以来なのでピンボケしまくりで申し訳ない。

12279037_948133011934219_8930341531359576855_n.jpg

12227045_948133021934218_829922921183866886_n.jpg

選曲は1stから近作までまんべんなく・・・という予告通り。途中、DEATH STRIKEの曲も交えて演奏したが、ハッキリ言って、どれもほとんど変わらない。ブラスト・ビートを一切使わない、ひたすら2ビートのオールドスクール・デス。しかしこれが滅茶苦茶カッコいい・・・というか、頭を振り続けるにはちょうどいいスピード感と重さで気持ちがいい。3人編成という事もあるのだろうが、スペックマンの貫禄も「デス・メタル界のレミー」を彷彿とさせる。MCする時の渋い低音ヴォイスもたまらなくカッコいい。

ラストの曲は1stに入っていた Black Sabbath "Children Of The Grave" のカヴァー。アンコールは"Funeral Bitch"!!!実は、サバスをやる前に客席から"Funeral Bitch!!!" のリクエストが飛んだのだが、それにすかさず「どっちのVer.だい?(笑)」と返すスペックマンも流石である。

結局、終わってみれば当初50分の予定が1時間20分近くのステージで大満足。本当に見に行ってよかった。2日目、そして3日目のDEATH STRIKEは見に行けなかったので良い思い出だ。

帰りに物販で MASTER のシャツを購入。定番中の定番、ロゴTだが、バックが今回のフェス仕様。会場入りしたのが遅かったせいもあるのかもしれないが、UNHOLY GRAVEの物販が無くて残念だった。

DSC_2983.jpg DSC_2984.jpg

しかしこのフェス、外国から来てるお客さんも多く、本当に海外のフェスみたいで、尚且つお客さんのファッションも気合入っててすごく良い雰囲気だ。皆、楽しそうに暴れたり酒飲んだり喋ったりしてるのもいい。次回はもっと早い時間に来よう。

音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2015/11/22 / 01:55

・・・を始めて、2週間余が経過した。

人並みの生活をしている自分に驚くと共に、やはり守るものが出来ると、人生に対する意識は大きく変わる。これまでは、「男一匹、何処で死のうが自分にケジメがつけられりゃそれでいいだろ!」と思っていたのだが、そういうわけにはいかなくなった・・・という当たり前の事実を噛みしめる今日この頃である。

そんなわけで、日々の仕事をこなしつつ、週末は気分転換を兼ねて、海を見に行ったり外へ飯を食事をしに行ったりしているわけですよ。

先ずは神保町のビアレストラン「ランチョン」にて。

DSC_2951.jpg
見た通りのオムライス。ザ・洋食!である。

本当はハヤシライスにしようかと思っていたのだが、此奴に呼ばれた(笑)まさに洋食の王道。ふんわり玉子包まれたにチキンライス。昭和の子供達が大好きだった「懐かしいあの味」である。

DSC_2952.jpg
ミートパイ。

存外に大きくて嬉しい驚き。パイの中にビーフシチューを仕込んである。寒い季節にはほっこり暖かくなる一品。

次。

地元、横須賀の「市場食堂」にて。

DSC_2955.jpg
白子のポン酢和え。

昔から、白子は大好きだ。生でもホイル焼きにしても美味い。これが食べられれば羊の脳味噌くらい楽勝でイケる(笑)

DSC_2956.jpg
グラタン・コロッケ。

魚中心メニューだが、揚げ物や焼き物も充実。居酒屋で食べるコロッケって、意外と美味いのだ。

DSC_2957.jpg
メゴチの天麩羅。

相方は生粋の京女なので、メゴチの天麩羅とか、コロッケ蕎麦を此方に来るまで知らなかったらしく、ある種のカルチャーショックを受けていたのだが、相方はシークァーサー・サワーを、俺はジンジャーエールを飲みつつ、こういう揚げたての天麩羅を摘むのもいいもんだ。

DSC_2954.jpg
見た通り。鶏唐揚げのタルタルソースかけ。

DSC_2958.jpg
これも見た通り。イクラの大根おろしあえ。

俺は昔、大根おろしってのが大嫌いだったのだが、やはり年はとるもんだ。最近はちゃんと食べられるようになった(苦笑)

この他にも、毎度おなじみの刺身の船盛と穴子の天麩羅を食べている。

ラスト。

最近、ぐるぐる寿司に行くようになった。「くら寿司」に入ったのは、以前、横須賀にいた時が最後だから、もうかれこれ8年とか10年前の話である。しばらく行かないうちに、こんなインダストリアルな(!)店になっていたとはお釈迦様でも御存知あるめぇ。

DSC_2964.jpg

ガキの頃読んだ、学研とかの「UFO百科」みたいな本にイラストで出ていた「葉巻型母船(宇宙船)から次々と地球に向けて発進していく空飛ぶ円盤」にしか見えない構図が堪らない。未来都市の「動く歩道」みたいに高速ベルトに乗って届けられる握りずしや天麩羅(!)、カレー(!!)といった料理も楽しい。最近のぐるぐる寿司って大人も子供も楽しめる食のアミューズメントパークなのだな!と改めて思った次第。

そんなこんなで、食後は車に乗って海を見に行く。横浜のような観光地&工場地帯と違い、横須賀のいい感じで田舎で自然が残る風景、そして海は優しさに満ちている。高いビルが殆ど無いというのもあるのだろうが、空と海との比率が7:3だというのがとても気持ちいい。

DSC_2967.jpg
走水海岸

DSC_2968.jpg
観音崎を回って、たたら浜。ゴジラの上陸地点・・・らしい。

DSC_2974.jpg
久里浜港に千葉から東京湾フェリーがやって来た。

というわけで、おやすみなさいまし。

/ TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2015/11/16 / 10:53

相方が京都からうちにやってきて早2週間。

この年になるまで、職場の寮を除いて人様と一緒に長期間暮らしたことが無いので、何気に彼是、手探り状態なのだが、こういう状態も良いものだな、と人並みの事を考える晩秋。暖かな日が続いて今月に入って革ジャンなんか1回も着ていないのだが、もう冬はすぐそこまで来ている・・・・というわけで最近(でもないが)手に入れた音源2枚。

casbah reach ut
CASBAH "Reach Out" CD

CASBAH を「スラッシュ・メタル・バンド」と捉えてはいけないのだろうな・・・・という事実は分かる・・・・が、"Discharge" "Devil Must Be Driven Out With Devil"V.A."Russian Roulette"EP, "Infinete Pain"Demo の時代に彼等を実体験してきた俺のような世代にとってはやはり、"Bold Statement" 以降の新曲に関しては非常に複雑な思いがあるのも確かだし、実際、初期音源集"Russia Roulette"2CDが出ても結局、繰り返し繰り返し聞くのは「その時代」の音源だけだった。「もし、当時 Noise Record との契約を蹴らずLPを出していたら・・・」と今でも考えてしまうのは決して俺だけではあるまい。

そんなわけで、彼等が再結成し、16年ぶりに音源を出すという話を聞いた時も、正直いって「う~ん、どんなもんかなぁ・・・」しライヴ自体も80年代の鹿鳴館以来、数十年見ていないし・・・と思いつつ恐る恐るCDをPCに入れた。

驚いた。こんなにカッコいいと思わなかった・・・というか、「こういう事もできるんだ!!!」という新たな驚き。漸く自分の中で彼等を「スラッシュ・メタル・バンド」として拘束していた軛が外れたような気がした。特にこれまでのイメージからは異色と思える"Five Thousand Feet" "How Long" "Inside Me" の3曲は本当に素晴らしい。そしていそれ以外の曲についても"Discharge"のような昔の曲と並んでライヴで演奏されても全く違和感なくハマるのではないか・・・と思った。

要するにこれは彼等が「変わった」のではなく自分の固定化していた感覚が漸くCASBAHに「追いついた」だけの話なのだろが。また機会があれば超が付くくらい久々にライヴが見たいと思えるようになった。

もう一枚。

41wFZ1JX4cL.jpg
RAW POWER "Mine To Kill"CD

イタリアン・ハードコア表番長 RAW POWERの(一応)3rd アルバムがボーナストラック12曲を加えて再発。これまで彼等の初期音源については手を変え品を変え(DVDサイズのケース3枚組等々)再発されてきたが、ここにきて漸く真打登場というところか。

再三書いているように、彼らについては「"After Your Brain" まで聞いときゃいい。」という風潮を腹立たしく思っていた。このブログでも取り上げているように最新作までコンスタントにレベルの高いアルバムを出し続けているにもかかわらず、だ。

本作についてもリリース当時「メタルに寄り過ぎだ」という批判を聞いていたが、"Screams From The Gutter"の頃からギターは弾きまくりで2バス使ってたじゃないか、と思う。確かに「クロスオーヴァー」領域に足を踏み入れてはいるのだろうが、タルい曲が多かった2枚目"After Your Brain" より遥かに俺はこっちの方が良い。

というわけで、機会があれば是非とも彼等を再評価してやってくださいまし・・・・・

音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2015/11/10 / 01:50

いやぁ~、暑い!

11月に入ったとは思えぬ暖かさで、またフード付きスウェット復活。革ジャンは壁の吊るしオブジェに逆戻りである。そんな折も折、諸事情あって予定より3日早く、京都から相方がやって来た。今回は仕事の絡みで1カ月の長期滞在である。夜8時に新横浜まで迎えに行き、その足で横須賀へ下って遅い晩飯。

_20151105_234334.jpg

_20151105_234354.jpg
長旅、お疲れさん!やはり食べないと力は湧いてこないからね!!

土曜日は横須賀中央で買い物がてら昼飯。

_20151107_120128.jpg
豚バラ定食と・・・

_20151107_120057.jpg
刺身盛り合わせ

土曜日、相方は家に残って仕事。俺はひとつ前のポストの通りライヴ。会場に向かう途中、神保町「共栄堂」で腹ごしらえ。本当は「ランチョン」に行ったのだが通された席が気に入らなかったので辞去して階下の共栄堂でハヤシライス。そして焼きリンゴ。

DSC_2906.jpg
これを食べると「あ~、冬だなぁ!!!」と実感する。

日曜日は相方共々、銀座へ移動。仕事のセッティングを終えてお疲れ様!7丁目の「ライオン」へ。

DSC_2916.jpg
サーモンのカルパッチョサラダ

DSC_2918.jpg
サーモンのステーキ

DSC_2920.jpg
洋食の王道。紙カツレツ。

この薄く叩いたビーフカツレツは本当に堪らない。有楽町駅前の老舗ビアレストラン「ニュートーキョー」が閉店してしまい、この界隈で紙カツレツを食べられるビアレストランは、多分「ライオン」だけなのでは?!

DSC_2917.jpg
ホタテのステーキ。

DSC_2921.jpg
此方も洋食の王道、オムハヤシ。芳醇なバターとドミグラスソースの香り、そして玉子の食感、チキンライスの旨味。最高!

そして代休の月曜昼。

店内改装で約1か月ぶりの新装開店初日、「デリー」銀座店で昼飯。

DSC_2924.jpg

昼飯のコンボ。カレー2種、チャパティ、サモサ、タンドーリチキン、サブジ、サラダが付くボリュームの一品。カレーはマンスリーのチキン・ハイデラバーディとベンガルを選ぶ。今月のチキン・ハイデラバーディ、ココナッツとカレーリーフの味わいが非常に美味。一見、マイルドに見えるがガッツリ辛い。液状のベンガル共々御飯によく合う。これはまた食べに来たい美味さの月替わりカレーである。

「デリー」銀座店、改装して店内は明るくなり、席も広くなった。しばらく行かないうちに、チキン65もメニューに加わっている(ディナーからの提供らしい)。これからも期待、大の安定&高品質店。


/ TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2015/11/08 / 11:52

久々に、ライヴ!

CRUCIAL SECTION 主催 "Let's Slam! Fest." 初日を見に行く。今年は、以前から好きなバンドであるアメリカの IN DEFENSE が来日して参加することもあって、此方もギアがあがる。しかし生憎と予定が入っており日曜は見に行けないので初日のみの参戦と相成った。

20150908_1722681.jpg

出演バンドはフライヤーの通り。しかし7バンド出るのでどうせ終わりは23時近いだろう・・・と思って神保町「共栄堂」でハヤシライスと焼きリンゴを食べてから会場入りすると、既に5番手 GROANING GROOVE が始まる直前という進行の早さに驚く。この夜、初めて GROANING GROOVE を見ることが出来たのだが、Vo.の動きが SIEGEとかDISRUPTみたいで印象的だった。音源がアナログのみで家で再生できないのが痛いところ。

トリだと思っていた IN DEFENSE がセカンド・ビル。MUNICIPAL WASTE を彷彿とさせるパーティー・スラッシュなのだが兎に角、バカっぽくて楽しい。しかし演奏と曲はバッチリで、どシンプルなドラムセットから叩きだされる2ビート、デスメタル風とサザン・ロック風という対照的見てくれのギタリスト2人、田端義男みたいな上げ上げ位置でベースをキープして弾きまくるベーシスト、ダニー・デビートとロブ・ハルフォードのクロスオーヴァーみたいなVo.という個性的なルックスで如何にも「肉、食ってます!」という分厚い身体から放たれるスラッシュは爽快痛快。お客さんもみんな笑顔でとてもいい感じ。あっという間の30分。観に行ってよかった!!!

20151016_1766012.jpg
先日、リリースされた来日記念編集盤CD。価格も手ごろなのでおススメ!!!

DSC_2908.jpg

そしてこの日のトリはCOMMUNICATES。

結構見るのは久しぶりだったりする。こういう言い方をすると失礼だが、最近みないうちにやたら上手く、そしてテンション上がってカッコよくなったなぁ!!!と目から鱗。終盤は前方大暴れで楽しかった。

というわけで、終わってみれば2130という驚きの早さ。
しかし西荻から横須賀に帰るのは結構、疲れる(苦笑)





音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2015/11/03 / 20:16

写真が余ったからおまけ。

横須賀市内のインド料理店編。

横須賀中央大滝町「ロイヤルキッチン」

_20151028_211756.jpg
マトン・ビリヤニとダール・タドカ

スティームドではなくフライドなビリヤニだがバスマティライスが使われており味も良い。ライタがちゃんとついてくるのもポイント高し。

_20151028_211714.jpg
チキン・ティッカ。ごくごく当たり前のチキンティッカ。この料理については美味い不味いって無いのではないか、とすら思えるほど何処の店で食べても基本的に同じ味。

次。

馬堀海岸「デリシャス」

最近できた店。23時まで開いているので仕事が遅くなったときに便利。

DSC_2808.jpg
マッシュルーム・プラオとポークマサラ

この店、以前にも書いた通り豚肉のカレーがあるのがミソ。

12189914_940340179380169_4312827249669973571_n (1)
マトン・ビリヤニとダール・タドカ

上にある「ロイヤル・キッチン」の同一メニューと雲泥の差なのが一目でお分かりいただけるだろう。典型的な手抜きビリヤニだが、まぁチェーン店にはありがちといえばありがちなお話で・・・こんなところで神保町/小川町「シャヒ・ダワット」みたいなビリヤニが食べられるなんて初手から期待していないので想定の範囲内。

12038340_936512839762903_5079449981459750124_n.jpg
チキン・ティッカ。先述の通り。何処で食べても基本的に同じ味(笑)ケチャップで手抜きも想定の範囲内。

DSC_2842.jpg
見た通り。サモサ2個。

口の中がイモでもさもさするので滅多にサモサは食べないのだが魔がさした。案の定、もさもさしたので当分食べない。

1896945_937364569677730_5163029486638376954_n_20151103200723556.jpg
チキン・ド・ピアザ

これもビンダルーと並んで開店以来頼んだ客は多分、俺しかいない筈だ(笑)

次。

堀之内駅前「シタール」

12187711_939843092763211_4698210873298968216_n.jpg
カリミリッチ・チキンカレーとズィーラ・ライス

御飯が油でねっちょりしたズィーラ・ライスでこれまた比較対象になってしまうが「ロイヤル・キッチン」の同メニューとは雲泥の差。カレーは極々標準的な味だが少しスパイス感が希薄。食ってる最中、隣のテーブルにクソうるさいガキ連れ6人のクソファミリーが来たので席を変えてもらい、早々に食して退散。

横須賀に来て以来、インド/ネパール料理店は彼方此方行ってみたが、やはり最高なのは久里浜の「ナーガラジャ」と断言したい。次点は「ロイヤル・キッチン」。あとは基本的に横並びだと思う。

/ TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2015/11/03 / 19:50

11月・・・といえば SAMHAIN "November Coming Fire" に決まっている

・・・が、日記の内容はSMHAINとは全く関係ない。メシの写真が溜まったから出しておく、という Soul Discharge ならぬ Food Dischargeである。

最近、また顔を出すようになった神保町「ランチョン」

DSC_2855.jpg
ハヤシライス

12191941_939361536144700_203728652896455408_n.jpg
ホタテのフライ

同じビルの地下一階に入っている「共栄堂」同様、バターの香り濃厚なハヤシライスというのは実に良いものだ。

12063809_939362326144621_2518874155679681900_n.jpg
因みにこの日は神保町ブックフェスティヴァルだった。

次。

先週土曜日は新宿4丁目のバーで知り合いの方が踊るショーがあったのでお邪魔してきた。その前に3丁目「サンサール」で腹ごしらえ。

DSC_2859.jpg
定番、ダルバート

やはり此処のネパール料理はおいしい。ダールの味が根本から違う。巣鴨「プルジャ・ダイニング」とならんで末永く続いて欲しいネパール料理店の一つ。訪問したのは約5年ぶりだが「お久しぶりですね!」と今でも覚えていてもらえるのは非常に嬉しい。

以下、地元飯。

横須賀中央駅近く「横須賀市場食堂」にて昼飯。

12195818_940613189352868_7937486349361042706_n.jpg
鰤照り定食。此処の定食には必ず、鮪のブツが付く。

12191797_939732132774307_4492429440327302653_n.jpg
鯵のなめろうフライ。なめろうのフライというのは初めて食べた。ジューシーなメンチカツ風味でなかなかおいしい。

12143358_940613156019538_5386991479013212598_n.jpg
大エビフライ

12118869_939732149440972_849519950101125361_n.jpg
カンパチの刺身

このお店、昼間っから飲んでる人が多いのがミソ。安食堂風のつくりだが、味はしっかりしていて旨い。

これも横中駅近く「うどん工房さぬき」へ

12208392_940685209345666_2268413018585007377_n.jpg
とりカレーうどん骨付きモモ肉テリヤキ&ごはん玉付

香川出身の上司曰く「本筋ではないけど結構いい線行ってる」という店。ぶっかけうどんのみならず天麩羅うどんとカレーうどんも種類充実。ご飯ものも彼是ある。けっこうボリュームがあってお腹に溜まる。饂飩屋や蕎麦屋のカレーも良いものだ。

ラスト。

もう2数間ほど前の話になってしまったが、車にエンジンをかけがてら、夕方、葉山までドライヴ。その帰り半年ぶりで「マーロウ」によってプリンを購う。

_20151024_195813.jpg
ティラミス味と栗乗せプリン。

1つ200gもあるので食べ応え十分。個人的には普通のカスタードプリンが一番美味しいように思う。



/ TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

ホーム