I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で

--/--/-- / --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP

2013/02/27 / 00:53

掲載誌が季刊である事から、第一話を読んで以来、まさに待ちに待ったというべき単行本が発売の運びとなった、

  ベアゲルター
    沙村広明「ベアゲルター」第1巻

を早速購入。

話の内容は・・・狂気か? 復讐か? 3匹の獣(めす)が牙を剥き合う…おんなの修羅場! ドイツ、中国、そして日本へ! 中国の売春街で起きた謎の殺人…それはやがて、日本の某・広域暴力団内部での現金盗難事件と結びつき、とある辺境の孤島にて、予期せぬ火花となり炸裂する! 著者の大好物であるチャイナドレスが、縦横無尽に冷酷非常に舞い戦う、情慾(エロス)と暴力(バイオレンス)の完璧な融合…これが“叛逆ずべ公アクション”だ!!

いやぁ、「ずべ公」なんて言葉、久しぶりに聞いた。意味わかる人、どのくらい居るんだろうか、の・・・まさに昭和の東映ピンキー・ヴァイオレンス路線。滅茶苦茶面白い!!まだ1巻なので各登場人物の細かい信条背景等々はハッキリ見えないのだが、キレの良いヴァイオレンス、純度の高いフェティシズム、そしてマニア心をくすぐるギャグの三位一体は読む者を一気にその世界に引き摺り込む力強さに溢れている。

個人的に沙村作品が好きなポイントというのは前項のフェチ&ギャグなのだが本作でもその要素は如何なく発揮されている。ヘリコプターから降下する直前、地上に目をやる睫毛(ジェ・マオ)のすぅっと通った鼻筋と切れ長な目に宿る冷たい視線だったり、スーチを殺す直前、情事が終わって化粧を直す眼帯姿の、或いはライフルを持ってウェスタンブーツを履いたトレーネだったり、人間イヌに腰かけて「だんだんサディスティックな気分になって来たわ」と長煙管を咥える忍の口元だったり・・・と結構、フェチ心/M男心をくすぐる描写、コマが随所に現れるのがとても良い。

またトレーネのキャラクターが隻腕、隻眼だったりという「蹂躙史エピトマイザ」展、或いは「ブラッドハーレー」でも描かれた欠損によって生じるエロさの表現もマニア心をくすぐる。因みに自分は3人のうちでは戦闘能力は皆無に等しいが、したたか且つおバカっぷり全開な忍が一番好きである。

また、小ネタ満載のギャグも堪らない。組織の金を持ち逃げした挙句捕まって拷問を受けるチンピラ・杉戸朗(SKID ROW -笑)が着ているTシャツが、映画「フラッシュ・ゴードン」でフラッシュが着ていたのと同じデザイン、同じ型のリンガー・シャツだったのは大いに笑った。

flash.jpg
このダサい「FLASH」リンガー・シャツ!!!(笑)

あとエアロバイクに発電機が付いていてバイクを漕ぐと電気が流れる拷問器具とか、それに跨って上々颱風の歌を歌いながら「よーし、日暮里まで走ったぞ!」という台詞(「ハルシオン・ランチ」かい!)とか、麻薬探知犬ならぬ麻薬探知ジャンキー等、ヴァイオレンス&エロスな展開の中でもしっかり笑いを取りに行く作風は堪らない魅力にあふれている。

第2巻が出るのは来年以降になるのだろうが、本作を読んでハマった人たちにとっては長い長い「待ち時間」になるのだろう。今から、楽しみで仕方ない。


スポンサーサイト

SM/フェチ / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2013/02/25 / 01:38

週末入手した音源など。

DSC_1119.jpg
JOHNS TOWN ALOHA "Crocodile Cox And The Disaster" CD+DVD

土曜日にレコ発ギグを行ったCROCODILE Cox And The Disaster の JOHNS TOWN ALOHA 時代のEP音源集。オランダのハードコア・バンドBGK の1st LP タイトルを使ったバンド名からくるイメージとは裏腹に飛び出してくる音はCONFUSEを髣髴とさせるノイズ・コア。虫の羽音みたいなノイズを撒き散らすギターと低音部でゴロゴロ転がるベースラインと力技のドラミング、その間から突き出されるナイフのような殺傷力に満ちた声。EPは買っても実家に帰らないとプレーヤーが無いので折角良い音源でもアナログ盤はしょっちゅう聞ける環境に無いだけにCDで纏めて聴けるのは嬉しい。

もう一枚。

R-2544079-1289707291.jpeg
BLOOD SPIT NIGHTS "Complete"CD

アメリカはポートランド出身、ex-DEFIENCEのメンバー等で構成されているハードコア・バンドのEP集。バンド名は GAI なのに出て来る音は全然北九州ノイズコアっぽくないのがミソで(笑)D-Beat。おまけにドラムのリズム・パターン・・・というかオカズの入れ方がモロに MOB47なので非常にタイト。もっとグチャグチャでノイジーな音かと思っていたのだが、これはこれで面白い。

面白いと言えば片やユーロ・スラッシュなバンド名で音は北九州ノイズコア、片やバンド名は北九州ハードコアで音はD-BEATというのは面白い偶然である。

音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2013/02/24 / 09:22

昨夜は下北沢シェルターへライヴを見に行っていた。

PNB flyer

出演は順番に、YOUR SONG IS GOOD、REDNECKS、PUNK NINJA BRIGADE、CROCODILE COX AND THE DISASTER の4バンド。

自分の目当ては、PUNK NINJA BRIGADE。名前はかなり以前から知っていたし、最近リリースされた2種の音源も当然の如く買い求めたがライヴを見る機会に全く恵まれなかっただけに今回はとても嬉しい。Ken さんの歌を生で聞くのは89年12月27日のSxIxC 解散ライヴ以来である。

音源を聴いた時にも思ったが、ALL ~DAG NASTY といったアメリカのバンドが持っていたメロディック・ハードコア(≠メロコア)のエモーショナルな感覚がこんな自然な形で息づいているバンドというのは殆ど居ないのではないか、と思う。ライヴを見て、改めて感動した。

考えてみるとSxIxCの解散ライヴも下北沢(@屋根裏)、そして今回も下北沢。以前にも書いたが、数年前に見た杉原さん(SUGICHAN)の個展といい今回のライヴといい、20年余の時を経てミッシング・リンクが繋がったような嬉しさと懐かしさが去来する。自分はバンドをやっていたり、深くシーンと関わっていたわけではなく、純粋にお客として足を運んでいただけだがやはりやり続ける、関わり続けることって大切だな、と改めて思った次第。

トリは、CROCODILE COX AND THE DISASTER。前身のJOHNS TOWN ALOHA についてもライヴを見る機会に恵まれなかったので今回が初見。BGK のアルバムを冠したバンド名とは裏腹に CONFUSE に大きな影響を受けたかのような凄まじいノイズ・コアをブチかましていたJTAだがCCATD もJTA の音源と変わらぬ爆発ぶりで初っ端からフロアは台風直撃のような、まさに"Disaster"の様相を呈していた。途中、GAUZE "Crash The Pose" のカヴァーを挟みつつ最後まで勢いが全く衰えないまま終了。此方も感動した。またライヴを見たい!

そんなわけで、物販でPUNK NINJA BRIGADE のTシャツと JOHNS TOWN ALOHA のディスコグラフィCDを購入して帰途に就く。

DSC_1118.jpg

音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2013/02/23 / 12:20

昔から「2月、8月は『ニッパチ』と言って商売が暇になる時期だ」なんて事を言うが、事自分のシノギに関しては全く当てはまらないらしい。基本的に神社仏閣などで「商売繁盛」を願えない仕事なので世間様の流れとは違う場所に位置しているのだろうが。

そんなわけでチビチビと読み進めていた

ともしび1 ともしび2
ローズマリ・サトクリフ「ともしびをかかげて(上)(下)」

読了。

話の粗筋は

・・・・西暦407年、ローマ軍団が属州であったブリタニアを放棄して帰国する夜、軍団の10人長だったアクイラは悩んだ末に軍を脱走し生まれ育ったブリテン島に残る決心をする。ローマが引き揚げて数日後、サクソン人の軍団がアクイラ一族の土地を襲撃、家族は殺され、妹は拉致され、自らも奴隷となりユトランド半島へ連行されてしまう。その後、ゲルマン民族の移動に伴いブリテン島に連れ戻されたアクイラは奇しくも再会した妹の手引きで脱走。山中に立て籠もるブリトン人の王子アンブロシウスに合流、やがてアンブロシウス軍の将としてサクソン人を打ち破る・・・

というもの。

歴史活劇として大変面白い。当然、時代と話の相関性からアーサー王伝説に引掛けている部分も多々ある。誰を「アーサー王」のモデルとするかは意見が分かれるところだが、自分はアンブロシウスをウーサー・ペンドラゴン、そして「クマの子」と綽名される騎兵隊長アルトスをアーサーとして思い描きながら読んでいた。

サクソンの集落から脱走したアクイラを助ける修道士の名がニンニアスだというのも、アーサー王について言及された最古の書物と言われる「ブリトン人の歴史」作者である伝ネンニウスに連なる血筋である暗喩であり非常に興味深い。

また本書は、活劇としてでなく没落していくローマ帝国、勢いを増すゲルマン人、ブリテン島に残されたケルト諸氏族の間で揺れ動く葛藤や家族の物語としても秀逸である。

ローマとブリトンの間で悩み、その決断が悲惨な境遇を招いたことにより人を安易に信じることが出来なくなった主人公のアクイラ、そしてサクソンに拉致されて子供を産み、サクソン人の中で生きていかなければならない妹フラビア、アンブロシウスとケルト族の同盟の為、アクイラと結婚させられたケルト族長の娘ネスという3者の物語は重苦しく読者にのしかかる。決して読んでいて心が晴れ晴れしくなるものではない。

しかしその境遇を「諦める」或いは「受け入れる」事によりハッピーエンド、とまでは行かぬものの戦場での敵味方としてフラビアの子と相まみえ、それを密かに助けてしまうアクイラ、そしてその戦いで初陣を果たしそれまで疎遠だった父であるアクイラと初めて心が通い合うようになった息子イルカという双方の子供達によって繋がれていく話の運び・・・タイトルになっている「ともしびをかかげて」の意味が終盤になって見えてくる構成に感動する。

このような素晴らしい作品が「児童文学」の括りに入れられ児童書のコーナーに隔離されているのは甚だ疑問に思う。歴史小説を愛好する人達には是非一度、手に取っていただきたい逸品である。

書籍 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2013/02/20 / 00:29

先週、17日の日曜日、両国RRR(楽園部屋)にて開催中だった

rinkiouhen2-1024x768_20130220002244.jpg
根本敬「臨機応変」展

の最終日に行ってきた。

根本先生の作品を初めて読んだのは大学生の時で「平凡パンチ」に連載されていた「生きる」だったのだが、あの絵と徹底的に虐められる村田藤吉の情けなさ、そしていびり役である吉田の傲慢無礼な態度の凄まじいコントラストと不条理感には大きな笑劇/衝撃を受けた。

例えば

「風邪ひいた。『コルゲン・エイト』買ってこい!」という命令に村田が歯磨きの「コルゲート」を買ってきて「テメー、コルゲートなんか買ってきやがって!」とボコボコにされる場面とか、病院の待合室で吉田が村田に

「車輪が2つある乗り物は・・・チャリンコだったかオマンコだったか先生に聞いてこい!」

と難題を吹っかける場面、ブルース・スプリングスティーンのライヴで客が♪Born In The U.S.A~♪と盛り上がってると突然ブルースが「おい、そこ!死んでるぞ!」と客席を指さすと観客の中で踏み殺されてる男の死体があって翌日の新聞い「お手柄!ブルースさん」という記事が出る・・・等々、滅茶苦茶で完全に「向こう側」へ突き抜けた話が兎に角、最高だった。

そしてやってきた両国。以前も中野ブロードウェイの「タコシェ」で直筆イラスト入りTシャツが売られていたりしたのだが今回のような多量の原画が展示されているのは初めて見た。万国旗が張り巡らされた会場内、デスクの上に散乱している紙片が「イヴェントのフライヤーかな」と手に取れば作品だったり、壁にも所狭しと原画が貼られていたりで非常にカオスな空間になっていた。

漫画作品というよりはほとんどがイラスト・・・それもヤク中がハイになりながらマヤ文明の壁画をトレースしたような凄いパワーに圧倒される。RUPTURE "Corrupture" のアートワークに村田と吉田の顔を埋め込んでチンコを生やしたようなキメキメな感覚が自分の感性に揺さぶりをかける。

加えて、マイルスだの 影山莉菜(一世を風靡したアイドル・ストリッパー)だのの切り抜きを使ったコラージュ作品や佐川一政や戸川純に宛てたと思しき手紙まで展示されており全部を細かく見ていると頭の中でポンっと脳味噌がはじけたような感覚に陥る。いやいや、ホントに素晴らしい。そして原画のどれもが高くても3万円台で大半が1万~2万円の範囲で売られていたのも驚いた。

522_20130220002244.jpg

そして会場内物販で売られていた「生きる2010」と動かない「時計もどき」を物販で購入し、在廊していらした根本先生のサインもいただくことが出来た。感謝、感激雨あられ。どうもありがとうございます!!!

DSC_1113-2_20130220002245.jpg


DSC_1115_20130220002245.jpg
この「時計」の文字盤!(笑)

あと余談だが、「生きる」で吉田が時々口にする「まぁ、さすけねぇか・・・」という言葉があり、何十年も「s何処の言葉だろう・・・どういう意味だろう」と思っていたのだが、先日、現在放送中のNHK大河ドラマ「八重の桜」で綾瀬はるかが「さすけねぇ」と言った時は「会津の言葉だったのか!!おまけに根本作品以外では初めて聞いたぞ、使ってるとこ!!」と感動したものだ。


東京百景 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2013/02/18 / 01:22

漸く日本でも公開になった「ジャッジ・ドレッド」を見て来た。

dreddbig.jpg

95年にシルヴェスター・スタローン主演で映画化された「ジャッジ・ドレッド」は、

かつてバート・レイノルズ主演で映画化された「スティック」について原作者のエルモア・レナードが「あれは『スティック』ではない。『バート』と呼ぶべきだね。」とコメントしていたように「ジャッジ・ドレッド」というよりは「シルヴェスター・スタローン」と呼ぶべき内容

であったことから、自分を含め原作を読んでいた人たちからはかなりの不平不満が噴出した失敗作であったのだが、今回の映画化は自分にとって、まさに「完全リブート」と言うべき会心の一撃だった。

では何が「会心の一撃」だったのかという4点。

先ず「ドレッドがヘルメットを脱がない」こと。

原作で、ドレッドは絶対に素顔を晒さない。"The Graveyard Shift" の中で「スリープ・マシン」という機械に入って眠っているコマが出て来るのだが、他のジャッジは皆ヘルメットを脱いでいるのにドレッドだけがヘルメット着用のまま眠っている(笑)つまり「パニッシャー」の髑髏Tシャツや浜田省吾のサングラスと同様、外してはならない絶対条件なのだ。

次に「ドレッドが感情を殆ど出さない」こと。

「パニッシャー」のフランク・キャッスルの行動があくまでも個人的な感情で行う復讐でありその本質が自警団であるのとは真逆に、ドレッドは法の執行官であり、その行動は個人の感情ではなく全て「法の条文」に基づいている。つまりこの作品はドレッドの冷徹な「裁き」を楽しむものであり、其処に「人間性がどーの」「善悪の彼岸がこーの」という批判をする事自体がお門違いなのだ。

またこれは前項とも関連するのだが、顔の大半がヘルメットで隠れているため、表情を読み取ることが不可能である事も、ドレッドが個性ある一人の人間というよりも法体系の中でそれを執行する者の一人という立場を強調している。だからこそキメ台詞の"I am the law."という日常生活ではファンタジー・レベルの言葉がリアリティを持つ。スタローンの「ジャッジ・ドレッド」は其処を読み取ることが出来ず「人間的な」ドレッドを生み出そうとした。だから、失敗したのは自明の理。

そして3つ目、「無駄をそぎ落としたシンプルでスピーディな展開」だったこと。

「最近の映画って2時間越が当たり前で余計な人間描写が多くて鬱陶しい。そういう部分を取り払って90分にしてくれりゃもっといい作品になるのに!」

と思う事が多々ある。その点、この作品は95分。冒頭のモノローグのみで余計な説明一切無し。「当然お前等、原作くらい読んでるよな?」なスタンスで進行する。だからローギヴァー・ガンにはそれを携行するジャッジのDNAが登録されており、他者が使用すると暴発するという説明はなされない。初っ端のカーチェイスからメインとなるスラム化し、凶悪なギャングが跋扈する閉鎖された200階建ての超高層ビル内での死闘まで一気に魅せる。まさに、「シンプル・イズ・ザ・ベスト」な爽快感。

そして最後。

ヒロインであるジャッジ・アンダーソンことカサンドラ・アンダーソン役のオリビア・サールビー。

顔の見えないドレッドと好対照の美形。おまけに強力なテレパシスト。ジャッジになるためのOJTとしてドレッドに同行したのが災いして(笑)とてつもなくタフな「現場仕事」を体験するのだが、当初の若干ビビりな表情が次第に頼もしくなっていくところがミソ。最初は「ルーキー」と呼んでいたドレッドも終盤は「相棒」になり、ラストで「アンダーソン」と初めて名前を呼ぶに至る変化も良い。

というわけで、「パニッシャー・ウォーゾーン」と並んで漸く原作のファンが喜べるレベルに達した「ジャッジ・ドレッド」だが、もし次回があるのなら、ジャッジ・デス&ダーク・ジャッジズ Vs. ドレッド&アンダーソン のエピソードを映像化して欲しいと切に願う。



映画 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2013/02/16 / 01:49

先週末の上洛の際、寺町のAVISで買ってきた

autopsy-born-undead.jpg
AUTOPSY "Born Undead"DVD

が大層素晴らしい出来だった。

内容は2010年の「メリーランド・デス・フェスト」を始めとした2010~2011年のライヴ4ステージとリハに加え、インタヴューと昔の映像少々で構成されたヒストリー/ドキュメンタリー、PV等5時間の及ぶ長尺作品で見応え十分。
ライヴでのベースは何と!ダン・リルカが弾いているのだが全然違和感ない(笑)

音の方は御存知の通り、ブラストを一切使わないオールドスクール・デス。クリス・レイファートのDr & Vo.がとんでもなくカッコいい。演奏も音質も極上である。



音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2013/02/12 / 01:38

京都滞在最終日。

この日のメイン・イヴェントは帰京・・・ではなくわんこの散歩と下鴨神社参詣である。

因みに自分は大の犬好きであり、これまで女性から「お前は本当に大きな犬みたいだねぇ(笑)」と言われた事は何度もあるのだが住環境のためペットを飼ったことが無い。

そんなわけで黒柴くんを連れて下鴨神社まで。このわんこ、元はショー・ドッグだった事もあり大変おとなしい・・・どころではなく殆ど悟りの境地に達した僧侶のようである。これまで柴犬と言うと活発でやんちゃな子しか見たことが無かったので驚く。それでいて結構我が強いのだから楽しい。

むっちゃん おさんぽ
アタマとか顔のつくりとか、丸くて小さくてとてもかわいい。

むっちゃん おさんぽ2
境内には連れて入れないので、入口の車止めに繋いでおいたのだが、お参りを済ませて戻ると大人しく座って待っていた。

下鴨様の社殿でお参りを済ませ、相生社で御礼参りをし、御神籤を引く。漸く京都での「初詣」完了。

蛇絵馬
巨大な白蛇絵馬。大きな御利益がありそうだ。

さざれ石
国歌「君が代」に登場する「さざれ石」。東京の明治記念館の庭園にも同じ「さざれ石」があるのだが下鴨さまにあるのは知らなかった。

アンデパンダン
午後は寺町~四条でぶらぶらまったりと買い物をして、昼飯は三条御幸街のカフェ「アンデパンダン」へ。元々は毎日新聞社ビルだったところを改装したアートスペース兼カフェで物凄く居心地が良い。広々としたテーブル、開放的な空間で、コンセントとPCがあればここで仕事をしてもいい(笑)

そんなこんなであっという間の2泊3日。次回、上洛できるのは・・・疏水の桜が咲くころか、はたまたGWになってしまうのか・・・は神のみぞ知る。しかし例え2泊であっても久方ぶりに命の洗濯、魂の浄化が出来たので大きな満足を得た気がする。ありがとう!!!

       むっちゃん おさんぽ3
「カーネル・サンダース」の「カーネル」だが、別に大佐であったわけではなく、アメリカ南部に行くと街の名士を「カーネル」と呼ぶのだ、と以前、南部出身のアメリカ兵に教えてもらった事がある。そんなカーネルも黒柴くんが好きらしい。いいことだ。

/ TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2013/02/12 / 01:11

もう最近は京都へ行っても観光らしい観光は全然しないので、所謂「名所めぐり」的写真は皆無である。だから「市内観光」でなく「しない観光」なのだ。

昼過ぎに宿を出てぶらぶらと寺町あたりで買い物をして夜は飯を食って帰るという都内に居る時と全く変わらない生活である。

あろあろ2
あろあろ1
キノコホテルのライヴが終わった後、北大路の居酒屋「アロアロ」で遅い夕飯。昼を食べていなかったので空腹の極み。サラダに牛筋の煮込みに・・・と五臓六腑に養分が染み渡る。

築地
四条河原町の老舗喫茶店「築地」のケーキ・セット。近くにある「ソワレ」が女給カフェ(あくまでも「メイド」でなく大正期の「女給」感覚)という趣なのに対し、此方は若執事系(笑)江戸川乱歩の小説に出て来る洋館のようなレトロ全開な建物でいただく甘味の美味さ。

ダブリン
10日夜は当初行こうとしていた店が満席だったので河岸を変えて、ホテル・オークラ横のアイリッシュ・パブ「ダブリン」へ。酒を飲まない俺だが、パブの雰囲気は大好きである。

フィッシュ、チップス&ウナギイヌ
定番、フィッシュ&チップスに季節のウナギイヌを添えて。

オリーヴ&カルパッチョ
カルパッチョ&オリーヴの盛り合わせ。

シーザーサラダ
シーザーサラダ、とか。

アイリッシュ・シチュー
此方も定番、アイリッシュ・シチュー。寒い冬の夜にいただく煮込み料理は体が温まる。

そんなわけで酒は飲まない癖にアイリッシュ・パブは大好きなワタクシ。祇園にも別のパブが1軒あるらしいので今度は其方にも足を向けて見ようか、と思う。



/ TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2013/02/12 / 00:51

2月9日~11日まで、2泊3日で上洛していた。

昨年、酷暑の8月以来、半年ぶりの京都。最近は何かと仕事が忙しく、以前のように代休を消化しつつ3泊4泊という旅程を組むわけにはいかなくなってしまったが、それでも普段の職場や生活環境から離れた場所へ行くのは心が躍る。今回の目的の一つだったのが、キノコホテルの磔磔2Days "サロン・ド・キノコ~河原町炎上" である。

キノコホテル

考えてみれば昨年は3回しかキノコホテルを見られなかった。そのうち1回が、昨年3月の磔磔における「河原町炎上」であり、約1年が巡って再びこの会場でキノコのライヴが見られるというのも感無量である。露出が増えたせいもあるのだろうが、昨年よりも客の入りはいい・・・ように見受けられる。前回はケメさんの前までズズっと出て見ていたのだが今回は中段後ろくらいで全体を見ていた。

1920を回った頃、ライヴ、スタート。今までライヴを見てきて支配人の声の出方はその時によって結構、差があるのだけど9日はとても良い状態だったのではなかろうか、と思う。セットリストはそのうちまたアップしてくださる方がいると思うのだけど、昨年末に新譜が出たばかりだというのに既に新曲が演奏されているのが驚く。5月にはミニアルバム(だっけ?)がリリースになるそうなので其方に収録予定の曲かもしれない。新譜の「業火」「悪魔なファズ」はやはりライヴ映えするすごくカッコ良い曲だな、と思った次第。久し振りに「あたしのスナイパー」が聴けたのは嬉しかった。因みに現メンバーになっての「非情なる夜明け」は9日が初披露だそうな。

そして注目の新メンバー、ベースのジュリエッタ霧島!!クール・ビューティーだった前任のエマさんのベースも良かったが、ロリ声のプリティ・フェイスでテクニックは超絶、という驚きの前受け身4回、という感じ。ピックじゃなくて指でブリブリのぶっとい音を弾き出す姿に中盤~後半は目が釘付けになる。何処でこんな素晴らしいプレイヤーを見つけて来たのか、と思う。また、ライヴを見に行く楽しみが増えた。

そんなわけで約1時間半、心から楽しむことが出来た。気が付けば物販を購わずに帰ってきたのは初めてなのだが・・・まぁ、たまにゃいいだろ。

音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

ホーム / NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。