I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で

2013/01/30 / 21:25

映画のレヴューを読んで見に行きたいと思っていたものの、仕事の都合だの日程だの諸々重なって見に行けず仕舞いだった「第9軍団のワシ」の原作、

      eagle of the 9th
ローズマリー・サトクリフ「第9軍団のワシ」

読了。

話の粗筋は

・・・ローマ軍団の百人隊長マーカスは,ブリトン人との戦闘で戦車の下じきになり,栄光あるローマ軍人としての生涯を断念した。傷心のマーカスは,かつて父が司令官を務め北方遠征途中に行方不明となっていた第9軍団5000人の消息と軍団と共に失われたローマ軍団の象徴である〈ワシ〉を求めて旅に出る

・・・というもの。

舞台は西暦120年頃のイギリス・・・ブリテン島。ユリウス・カエサルのブリタニア侵攻後、ローマはブリトン人(ケルト人)諸部族を平定しブリテン島を属州化。しかしローマの実権支配が及んでいるのは南部のみ。北部はハドリアヌス長城の建設を見てもわかる通りケルト系諸部族の反乱が、そして東側の海からはサクソン人が侵攻を図っている時代である。

ローマのブリタニア及びガリアでの戦争の記録はカエサルの「ガリア戦記」に詳しく記載されているが、本書はそんな時代背景を基に、負傷除隊により軍団将校としての道を断たれた青年の挫折と再生、第9軍団と共に消えた父の汚名をそそぐ家族の物語、そしてかつては剣闘士であり奴隷であったブリトン人エスカとの友情を見事な筆致で描き上げた歴史小説の傑作である。

因みに本書は「児童文学」の括りではあるが、その内容は大人が読んでも十分すぎるくらい満足できるものである。この時代の欧州の歴史の興味のある人であればハマる可能性はかなり高いのではなかろうか、と思う。デーン人がブリテン島に王朝を築いたクヌート大王の時代を背景とした漫画「ヴィンランド・サガ」で歴史に興味を持った人やアーサー王伝説が好きな人にもお勧めである。また自分のように「コナン・ザ・バーバリアン」「ブラン・マク・モーン」といったR.E.ハワード作品が好きな人間にとっては「ピクト人」という部族名が出てきただけで反応してしまう。

個人的には、危険を犯し北方のケルト人部族で「神」として崇められていた破損した「ワシ」を不自由な体でありながら部族の追撃を振り切って持ち帰ろうとするマーカスの信念・・・それは父の最後を「看取る」意味でもあり、かつては夢を託し、志半ばにそれを断念せざるを得なかったローマ軍団に対する自らの「幕引き」の意味でもあるのだろう・・・に惹かれると共に、かつてはマーカスの奴隷でありながら、自由の身となった後も常に半歩引いた位置からマーカスを支えるエスカとの友情にも心を動かされた。故に、旅(そして「狩り」)が終わった後、マーカスがブリテンに残るのは必然だったのだ。

本書を通じ、サトクリフという作家を知ることが出来てとても嬉しい。良い本との出会いは人生を豊かにしてくれる。そんな言葉が今更のように心中に去来する。

以下は映画版「第9軍団のワシ」予告編。

原作と映画は違うもの、ということは承知の上だが此方も機会があれば見てみたいものである。





スポンサーサイト

書籍 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2013/01/28 / 22:15

ぶらっと永代~深川。

DSC_1061.jpg

DSC_1064.jpg

場所は何処でもいいのだが、早朝や深夜の散歩というのは人が居ないからこそすがすがしい気分になれる。しかし冬場でも午前6時を回ると申し合わせたように人が湧き出してくるから鬱陶しい。

そして1月も最終週になって漸く初詣完了。

此処20年余り、初詣と言えば神田明神と相場は決まっていたのだが、今年はこの時期になってもまだ行列が消えない。だいたい、賽銭箱の前に3列とか4列で並ぶなんて何処のドイツが決めたのだ?手水の作法も知らないような似非日本人が正月だの受験の前だの都合のいい時だけ神社仏閣に来るんじゃないよ、と思う。

そんなわけで初めて河岸を変えての初詣。

場所は深川不動堂。たまたま昨夜、ライヴの後で不動堂近くのホテルに泊まっていた事もあるのだろうが、京都で東寺の講堂と太秦広隆寺の宝物殿を一人で訪れた時に感じた「あ、自分は此処まで『呼ばれて』来たのだな」という空気。

以前にも書いた通り、自分はこれまで複数の方から「貴方は大変強い運勢を持っています。背後に不動明王の姿が見えますから」と言われたことがある。やはり此処まで来たのは因果律だったのかもしれない。

本殿で御護摩の儀式を見た後、自分や家族や大切な人の無病息災と幸福を祈願し、収蔵品等を見た後、本殿を後にする。警察、消防、自衛隊や葬儀屋と並んで「店先に招き猫を置けない仕事」をしている自分としては「商売繁盛」など願わぬ方がいいのだが、今年は景気が少しでも回復して日本がもっと良い方向に進むよう願いたい。

DSC_1065.jpg

その後、境内で御神籤を引いたら「大吉」が出た。考えてみれば此処何年間も大吉を引いたことが無かった。でても中吉がいいところで、浅草寺や鎌倉の鶴岡八幡宮に至っては「3回引いて2回は凶が出る」という体たらくだったこともあるのだが、やはり幸先がいいと嬉しくなるのは事実である。

そんなわけで、毎度の如くぶらぶらしていただけの週末。深川に居ようがちゃんとカレーは食べている。

DSC_1059.jpg

新川「デリー」でハバネロ・カシミール・カレー、牛タン・コルマ・カレー、バジャ、タンドーリ・チキン・ティッカ。

先日食したストロング・カシミールと辛さのレベルは大差ないのだが、辛さの中にまろやかなコクがあるストロング・カシミールよりも直球を投げ込まれるような辛さが来るのがミソ。此方の方が湯島(上野)本店で出しているカシミールに近いような気がする。辛さはヴェリ・ホットくらいだろうか。これをチェイサー代わりに牛タン・コルマやバジャ、ピクルス等をゴハンに乗せて食す美味さはまた格別である。

DSC_1060.jpg

此方。土曜日のライヴ後、門前仲町のココイチで海老尽くし。

ライヴが終わって帰ってくると大体2400近くになるのでカレー食べる時は十中八九、ココイチ。自分は日本人向けに味をいじっていないタイ料理やインド料理等のエスニック料理も、ココイチみたいなカレーも分け隔て無く好きである。ハッキリ言って店も客も気取っているいけ好かない「欧風カレー」なんぞよりも遥かに美味しい。



東京百景 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2013/01/28 / 02:35

土曜日は、早稲田Zone-Bで行われた DUSTPAN レコ発ライヴ「生殺しGIG」Vol.10を見に行っていた。

20121127_232236.jpg
出演は順に、

WWIT
BROXXX
NK6
SHOOTMASTER
FLIPOUT A.A
SOCIAL PORKS
CRUCIAL SECTION
DUSTPAN


の8バンドだが自分が入ったのはNK6から。この日、SHOOTMASTER と SOCIAL PORKS は初見だったのだが、どちらも強烈なインパクトを残した。

仙台のSHOOTMASTERはANTiSEEN をスラッシュ化させた感じで凄くカッコ良かった。ミスター・ポーゴ・ペイントやタイガーマスク姿のメンバーが模造鎌を振り回し、マイクスタンドにエルボーを入れるという演出も笑える。やっぱプロレスとパンクって共通項多いよな、などと改めて考えてしまった。



名古屋からやって来た SOCIAL PORKS はOUT OF TOOUCH や C.F.D.L. で御馴染みのドラマー、内藤さんの新バンドでギター&ドラムというエコダムド、ACTIVE MINDS と同様の2人構成。おまけにギターのメロディや音色が THE VENTURES のようなサーフ!!で此処にハイパーなドラムが乗るという特異な音像で一瞬で終わってしまうショートカットから歌詞無しのインストまでまさに「サーフ・グラインド」という趣き。因みに、メンバーが楽器を持ったままジャンプするというのはハードコアならではのパフォーマンスなのだが、ドラマーがジャンプするというのは以前見たMURPHY'S LAW のライヴVHS以来である。


いやぁ~、もうこの凄まじいドラミングに終始、目が釘付けだったよ!!!

でも両バンドとも物販に音源が置いていなくてちょびっとガッカリ。

26762678 (1)
音源、欲しいなぁ~!


CRUCIAL SECTION は前回見たACTIVE MINDS との共演ライヴを超える気合入りまくりなパフォーマンスはとてもカッコ良かった。

トリはDUSTPAN。見るの何年振りだろうか・・・こちらもSHORT & FASTでハイテンションパフォーマンスはCDを超えて素晴らしく、月並みないいかただがやはりライヴ見ないと分からない部分って多いよな、と思った次第。


TシャツがNEOSだよっ!!!!!

DUSTPAN.jpg
買ったよ~!

やはり速いバンドってのはいいものだ。

音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2013/01/24 / 00:47

BAD RELIGION の3年ぶりとなる新譜

  16130.jpg
         "True North" CD

入手。

以前にも書いた通り、初めて彼等の音と出会ったのは89年の"No Control"LP で、今は亡き西新宿の「キニー」店内で流れたのを聞いた時はぶっ飛んだ。BAD RELIGIONが何物かもエピタフが何なのかも知らぬまま買い求め、その直後、高円寺BOYで"Suffer" LP を、蒲田ROBBYでTシャツを買い、ドツボにハマった。

その熱量に陰りが見えたのは"Recipe For Hate"の頃。"Stranger Than Fiction" は名盤だがその後、ブレット脱退後の作品については全然好きになれず、自分の中で完全にBAD RELIGIONというバンドは「終わって」いた。

熱量が戻ってきたのはパラディアムでのライヴ音源に収録されていた"Supersonic" を聴いてから。そして久しぶりに購入したアルバム、"New Maps Of Hell" は自分にとってそれまでの迷いを断ち切る原点回帰、起死回生の名盤だった。続く"The Dissent Of Man" に次いで発表された本作。

発売前から動画サイトでは全曲が試聴でき、素晴らしいアルバムであることは分かっていたが改めて全編通して聴くと、これまでの個人的トップ3 "No Control" "Stranger Than Fiction" "New Maps Of Hell" と並ぶ名盤なのではないか、という気がする。

これまで以上に速い曲が多いということが一番の理由でもあるわけだが、再三言っているように「ハードコアは速くてナンボ」である。その中でどう変化をつけるか、というのはこれだけ作品が多くなれば至難の業だと思うのだが、何処からこんなメロディとコーラスワーク、ギターソロが紡ぎだせるのだろう、という畏怖にも近い驚きを禁じ得ない。

そんなわけでとてもカッコいい本作、数年前の自分のように「今更 BAD RELIGIONかよ~」と思ってる初期のファンにこそ聴いてもらいたい傑作である。





音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2013/01/23 / 00:29

週末サルヴェージしてきた中古盤など。

最近は、コロンビアの BLASPHEMIA 等「モノホンのハズレ」を引くことも多く、意気消沈していたりする(大嘘!)のだが今回のブツは大当たり。

RUC-18.jpg
THE PHANTOM SURFERS
"The Phantom Surfers Play Best Golden Sounds of the 80's revival of 60's Surf Music"CD


サンフランシスコのガレージ・パンク/覆面サーフ野郎集団の新譜。長ったらしいタイトルが付けられているが早い話、来日記念のベスト盤である。生憎とライヴは仕事が重なって行けなかったのだが、自分はこの手のサーフ・ミュージックが時として、やたら聴きたくなる。彼等の初来日公演は見に行っておりFINAL CONFLICTのペイントを施した革ジャンなんぞを着て行って思い切り浮いていたのも今は昔の物語。そういえば昨年は RIP OFFSの再来日にも行けなかったな・・・と思いつつCDをプレイ。

自分はガレージやサーフに関しては門外漢に等しいのだが、この手のRawな音作りというのは聴いていてとても心が躍る。別にこれ聴いて、海に行こう!とは思わないけどな(笑)



もう一枚

identity.jpg
IDENTITY "Smiles All Round"2CD

80年代後期~90年代初期に活動していたUKメロディック・パンク。

正直言って自分はUKのメロディック・バンドが好みではない。繰り返し聴こうという気になるのはEXIT CONDITIONS の1stくらいで HDQにしろLEATHERFACEにしろSINKにしろ何曲か良いな、と思う曲はあるもののアルバム1枚となるとキツイ。カラッとしてスピード感満点のアメリカのハードコアが大好きなので、どうしてもイギリスの曇り空を連想させる湿っぽくて辛気臭い音は折角高揚しかけた士気が低下してしまいそうだ。

しかしこのバンドはちょっと違った。やはりUKらしい湿っぽさは残るもののジャケのイラストにも描かれているようにDESCENDENTSやRAMONESを髣髴とさせる元気で抜けのいいパンク・ロックをプレイしており、これまでに聞いた同種のUKバンドでは一番、自分の好みに近い。

動画を貼ろうと思っていたんだけど、見つからなかったよ。

音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2013/01/20 / 21:49

今週アタマから読み始めた

 下層社会
紀田順一郎「東京の下層社会」

読了。

内容は、タイトルの通り・・・ではなくて

・・・ 駆け足の近代化と富国強兵を国是とする日本の近代は、必然的に社会経済的な弱者―極貧階層を生み出した。スラムの惨状、もらい子殺し、娼妓に対する恐るべき搾取、女工の凄惨な労働と虐待…。張りぼての繁栄の陰で、疎外され、忘れ去られた都市の下層民たちの実態を探り、いまなお日本人の意識の根底にある弱者への認識の未熟さと社会観のゆがみを焙り出す

・・・というもの。

扱われている時代は明治~戦前迄であるので21世紀に暮らす人達から見ればかなりの違和感があるだろう。

書かれているのは大まかに分けて、貧民窟(スラム)、女郎、女工の3つである。女郎と女工に関する悲話についてはこれまでに読んだ、或いは見た小説や映画、随筆等のからの予備知識があったので、失礼ながら「今更」感じいる部分は無かったが驚いたのは、スラムについて書かれた前半部分。

自分も、四谷鮫河橋と下谷万年町、そし芝新網町が「東京の3大スラム」であることは知っていたし、曙橋に住んでいた頃、ランニングで新宿通りの四谷2丁目の交差点を南側へ渡って坂を下り、中央線の高架下を抜け赤坂御用地の皇宮警察がある門前に出て来るコースを通った時、やたらと寺の多いその区域だけが他の地域とは違う空気を漂わせている事にすぐ、気が付いた。其処が「鮫河橋」と呼ばれた一帯であることを知ったのは後になってからだが。

そうしたスラムがほんの数十年前まで東京には点在していた。件の「3大スラム」までは行かずとも、

「あそこは悪い土地だから」

という言い方は親から当たり前のように聞いていた。テレビでも根津千駄木に住む某俳優が

「最近は下町ブームとかで、昔からの人達は住まないような場所を開発して新しい家が建っているが、そういう土地だという事を知らずに移り住んでくるのは新しく来た人たちだね」

という趣旨の発言をしていたが人口の流入の激しい東京では今や何処も彼処も・・・それこそ荒川区や葛飾区のような場末まで「下町」にされてしまっている現状ではかつて其処がどんな土地だったかという事など、興味を持って調べるか或いは臭いに敏感な人でないと気付かない時代になっているのだろう。

というわけで本書。

驚愕したのはスラムの食生活。主食が残飯であったという事は全く知らなかった。今では食堂で出た残飯は捨てられるか、畜産業者に払い下げられるかだが、当時は人間が食していた。それも野菜や果物などが腐って「キントン状」になったものまで食べていたという。軍の兵舎から残飯が出ないときは下水の排水口で網にかかった残飯を乾かして畜産業者に売るという。

居住地域の「木賃宿」は雑魚寝で窓が無く、強姦や近親相姦が極々当たり前に行われていたという事実。そんな劣悪な環境で衛生状態も栄養状態も悪ければ当然、結核、性病、皮膚病を始めとした病気が蔓延する。そうした人達がボロを纏い、彷徨い歩いている姿・・・DISCHARGE "Does The System Work" の歌詞

Men and women young and old Out on the streets homeless
In plastic bags they carry their homes Clothes in rags they walk the streets
In bins they search for the odd dog end The odd dog end and food
Does the system, does the system, does this system work

のままではないか。まさに「悪循環」としか言いようが無い。

そしてそんな惨状に対して政治は何ら救済策を取ろうとしない。社会からのドロップアウトは自己責任であるという考えが流布していた・・・という事実もあるのだろうが、産業が機械化し急速な近代化を歩み始めた国の現状は何処も似たり寄ったりではなかっただろうか、と思う。

そしてこのような劣悪な環境に身を置いていれば共産主義のような思想が「素晴らしい夢」のように思えても仕方ないのかもしれない。大切なのは、このような暗部の上に現代の繁栄があるという事実である。

あと池波正太郎の著作や「三丁目の夕日」などを読んだり見たりして「昔は良かった」「江戸情緒」「むかしの東京」に過大な憧れを抱くのはいいが、もう少し現実を知りなさいよ、と思う。

浅草駅前にある「神谷バー」の名物「電気ブラン」が元はといえば下谷万年町のスラムで仕事帰りの人力車夫が夕飯に残飯を食べた後、「どうしようもない現実を忘れるため感覚がマヒする強い酒が必要だったから」という理由でつくられたものだという事を知っている人など殆ど居ないに違いない。

何れにせよ、江戸の古地図を買い求めて街を歩くのもいいが、このような暗部に目を向けてこそ初めて都市というものの本当の顔が見えてくるのではないかと思う。

書籍 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2013/01/18 / 01:47

86年結成、96年に解散した U.S.ハードコア・バンド INFEST が 2013年1月13日、突然復活。早速、当日のライヴステージ、フルセットがアップされていた。

Infest Live



彼等(あとはイギリスのVOORHEES)の音は飽くまでもNEGATIVE APPROACH やボストン・ハードコアのバンド群といったアメリカのハードコア・バンドの音を更にスピードアップ&先鋭化したものであり、デス・メタルやグラインド・コアの要素が一切無いことが自分として最も好きな部分である。今回の復活に続いて、3月にもライヴが予定されているらしいが、出来うるなら一時的な復活でなく、過去音源のCD化リイシュー、そして尖りまくった新譜をリリースしてもらいたいところである。

INFEST-miami-show-flyer.png


音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2013/01/16 / 00:34

あれだけ降った大雪も、好天のお蔭で大部分が溶けてしまった。

今日は雪かきをして、いい運動になった。しかし身体が不自由であるとか、そういった理由ならいざ知らず、自分の会社や店、家の前すら雪かきしない連中というのは一体何なのだ、と思う。そういう奴等は少なくとも「会社員」であっても「社会人」ではないのだろう。

そんなわけで先週末、入手したコレがとてもいい感じだ。

Kicker.jpg
     KICKER "Not You"CD

NEUROSIS、ex.FILTH、ex.DYSTOPIA のメンバー等から成るハードコア/パンク・バンドの1st。これまでリリースされていたのはアナログEPばかりなので漸くCDで聴けた。

ラッピングのステッカーに「SUBHUMANSとRUDIMENTARI PENIのファン向け」とある通りの音・・・なれど日本では全く人気の無いSUBHUMANS や極一部でしかウケないRUDIMENTARI PENI を持ち出しても果たしてどの程度の影響力があるかは甚だ疑問ではあるが。

もう少し具体的に書くと、メンバーの在籍していたバンドの音を想像するとコケるという事。ヘヴィ級のハードコアというよりはパンク・ロックに近い。リズムの取り方も含め、実にSUBHUMANS的ではあるのだが、歌詞に関してはUK流のひねったユーモアというよりはDEFIENCE を髣髴とさせる単純明快な "Fuck You Attitude" で謳われている内容もシンプル。クラストコアは聴いても臭くて汚らしいクラスティーズが大嫌いな自分としては"Crusty Island" の歌詞などニヤニヤしながら頷きまくってしまう。と書いてきて、DEFIENCEやCASUALTIESに通じる痛快さもある事に気付く。

少なくとも現在のNEUROSIS、或いはFILTH や DYSTOPIA よりは遥かに自分好みの音である。この調子でこれからも音源を出して貰いたい。




音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2013/01/15 / 02:43

成人の日・・・なんざ知ったことかい!

一日中大雪で電車は軒並みストップで駅は大混雑、ただでさえ鬱陶しいのに混み合う駅の階段口付近やホームで徒党を組んでへらへらしてる成人式帰りのキャバ嬢&ホストみたいな阿呆共にはヨハネスブルグやケープタウン、或いはシリア行きの片道切符を握らせて1週間、彼の地に滞在させ生き残って帰ってきた奴だけを成人と認めるという通過儀礼を課せばいいのに、と思う。

そんなわけで週末音源漁りの釣果など。

FOD.jpg
FLAG OF DEMOCRACY "Shatter Your Day"2CD

80年代から現役・・・だった事は全然知らなかった・・・のアメリカはフィラデルフィア出身ハードコア・バンドの1st アルバムがカセット音やデモ、EP、ライヴ等39曲ものボーナストラックを加え2枚組仕様で再発。

彼等の音を初めて聴いたのは90年の3rd "Down With People" LP でその後、本作 "Shatter Your Day" LP を聴いた・・・・両方とも友人が録音してくれたカセットだがな。初期作品は BUY OUR RECORDS から出ていただけあって ADRERNALIN O.D. を髣髴とさせるハチャメチャなスピードの楽曲と其処に乗る子供時代のジェロ・ビアフラが早口で喚き散らしているかのようなVo.がとてもカッコいい。



F.O.D. といえば先述の3rd がリリースされた頃、MRR誌に掲載されたインタヴューが日本のDOLL誌の乗り、其処で話されいる

「レッド・ゼッペリンが大好きなんだ。ロバート・プラントは何故マヌケなカメみたいなんだろうって思うね。時々、甲羅の中から首出して『アムネスティ・インターナショナル』。『アムネスティを支持している俺ってクールだぜ』ってな」

という発言が今でも記憶に残っている。
こういうヒネリの出来る人たちは、大好きだ。

もう一枚。

20121230_3045d9.jpg

DESPERAT "First Two And A Half 7''"CD

スウェーデンはMOB47 + WARVICTIMS のメンバーから成る現行ハードコア・バンドの初期音源集。これまでカセットでリリースされていたのだが自分はCD派なのでこれを待っていた。

音はズバリ、D-BEAT なのだがギターもドラムもMOB 47 なのであの独特のドラミングもリフもまんまMOB 47 なのが乙。まぁ基本的にバンドが代わろうがAke がギターを弾いていればこういう音になってしまうという事なのだろう(笑)が、使い古された感のあるD-BEATをこれだけカッコよく料理できるのはやはりセンスの良さ、だ。



音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2013/01/14 / 02:14

毎週のように食事をしているインド料理店「デリー」だが、頻繁に足を向ける湯島(上野)本店と銀座店以外は自分の動線/行動エリアから外れている事もありなかなか訪問する機会が無いのが現状であるが、先週、勝鬨橋から隅田川の護岸を遡上していたら永代橋近くまで来てしまったこともあり、数年ぶりで新川「デリー」で食事をした。

DSC_1043 (3)

オーダーしたのは、牛タン・コルマカレー、アルブルタ、バッジ、ダール・スープ。食べてみて気が付いた。基本は湯島や銀座と同じなのだが、もっと柔らかさ(ヤワという意味ではない)を感じる味である。加えて以前訪れた時に比べ、サイドも含めたメニューも増え、食べてみたい料理が沢山ある。

特にハバネロを加えた「ハバネロ・カシミールカレー」やカシミールの辛さを3倍に強化した「ストロング・カシミールカレー」が目を引いた。これは是非、次回来訪時には食してみたいと・・・と思い店を後にした。

それから1週間。東京駅八重洲口から八丁堀を超え、歩いて新川まで。

DSC_1056.jpg

注文はストロング・カシミールカレー、コルマカレーの「あいがけ」に加えてタンドーリ・チキン・ティッカ、写真には写っていないが、ケバブとダール・スープとチャイ。

気になっていたストロング・カシミールカレーだが、湯島で食べるカシミール・ヴェリ・ヴェリ・ホットよりは若干マイルドであるが、差し込むような辛さが最初に来る本店とは異なり、辛さの中にまろやかな旨味があってとても美味しい・・・どころではなく脳味噌鷲掴みにされてブルブル振られるような衝撃。こりゃぁ、堪らない。

自分にとってカシミールはカレーでなくスープなので、ライスにかけて食べるよりは直接カトゥリから飲んでしまう事の方が多いのだが、この日もストロング・カシミールをチェイサー代わりに、コルマとタンドーリ・チキン・ティッカでゴハンがどんどん進む。

美味しいものを食べていると「あ、俺きっと今、凄く良い顔して飯食ってるんだろうな」と自分で分かる(苦笑)のだが、この日がまさにそれ。此処まで歩いてくる価値はありありだった、というわけだ。

そんなわけで、新川にもこれからは脚を向けてみようと思った次第。ごちそうさま。やはり美味いもを美味いと感じられることは幸せへの第一歩だ。

/ TRACKBACK(0) / COMMENT(2) / PAGETOP

ホーム / NEXT