I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で

--/--/-- / --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP

2012/07/31 / 01:34

「ボストン」と聞いて思い出す3つのイメージ。

・ マサチューセッツ工科大学(MIT)
・ ロバート・B・パーカー「スペンサー・シリーズ」
・ ボストン・ハードコア

アメリカのハードコア・パンクが好きな人間にとってボストンというのは特別な意味を持っている。SS DECONTROL, DYS, JERRY'S KIDS, GANG GREEN, THE FREEZE, NEGATIVE FX, SLAPSHOT etc.etc....スピード感が信条の(?)USハードコア・シーンにあって他のバンドを凌駕する抜群の体感スピード、そしてアツさ。ハードコアを指す"Short, Fast & Furious" という言葉を体現、具現化したバンド達。初めてSSD "The Kids Will Have Their Say"LP を DYS "Brotherhood"LP, "This Is Boston, Not L.A."V.A. を聴いた時の大きな衝撃、そして熱狂。これらのバンドの音はNYやロスといったシーンから出て来たバンド以上に、今でも俺の心にガッチリと食い込んでいる。

ボストン・ハードコアといえば・・・これは以前に書いたかもしれないけど・・・仕事で一緒になった海兵隊の兵隊が「ハードコアが好き」だと言う。「どんなバンドが好きなの?」と聞いてみると答えは「CREED」。そんなバンド、聞いたことも無い。「ハードコアって、BAD BRAINSとかMINOR THREAT とかNEGATIVE APPROACH は聴いたことある?」と返したら「名前だけはね」なんて言う。でもって「出身は何処?」と尋ねたら「ボストン」って答えるんで「ボストンならSSDとかDYSとかGANG GREENって居るでしょ?」とまた尋ねた。そしたら「しらない」って(苦笑)

例えば日本のハードコア・パンク好きを名乗る人で、横浜出身でシステマ知らないとか、千葉出身で狂人病しらないってのと同じレベルでマズいと思うんだけど。まぁ、それだけ現代は「ハードコア」という言葉や概念が拡散して、独り歩きしているという事なのだろう、と思う。

それとは逆に、昔、静岡県は富士の「アニマルハウス」の開店10周年記念企画「ハードコア・オリンピック」(だっけな?)で再結成 DEADLESS MUSS、RUSTLER を見た時、俺よりはるかに若い高校生くらいの奴等が一緒に歌って叫んで拳を振り上げている。デッドレス・マスの音源がCD化される遥か前の話だ。やはり伝統は継承していかなけりゃダメですよ、ハイ。と思ったものだ。

前置きが長くなり過ぎた。此処からが本論。

先日のUxTxNx で買ってきた

   20120710_2398039.jpg
      SPY MASTER "Eyes"CD

がとんでもなくカッコいい。

実をいうと俺は今までSPY MASTERというバンド名は知っていたが、ライヴを見たことは一度も無かったし、音源にしてもCIRCLE JERKSトリビュート・アルバムの1曲しか聴いたことが無い。だから、どんな音を出すのだろう、と興味を持っていたのだがこれがぶっ飛ばしの大正解。

昨日も買い物に行く際、iPod に入れて聴いていたのだが、お世辞や提灯記事でなく、JERRY'S KIDS と GANG GREEN の間に挟んでも全く違和感のない抜群のスピード感、疾走感が堪らない。ここまで見事にボストン・スタイルのハードコアをプレイする日本のバンドってこれまでに居なかったのではないか、と思う。音のみならず、内ジャケでメンバーが着用しているTシャツ、或いはスタジャンのセンスも素晴らしい。

次回のライヴ、仕事の都合がつけば是非とも見に行きたいと思う。

スポンサーサイト

音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2012/07/30 / 01:59

90年代も終わりに近づき、そろそろ世紀末の足音が聞こえていた1998年。

俺は高円寺にある行きつけのレコード屋「BOY」へ向かって歩いていた。そう、今のPAL商店街に移転する遥か前の旧店舗である。丁度店の入り口に差し掛かった時、階段を下りてきた一団を見て俺は自分の目を疑った。彼等と入れ違いに階段を上がって店に入ると、俺は開口一番、別宮女史に尋ねた。

「今出て行った、まんまHERESYな人達は一体誰なんですか?」

と。別宮女史、答えて曰く

「CRUCIAL SECTION の子達よ。ソノシート出たんで持って来たの。」

手渡された音源、CRUCIAL SECTION / LIE Split 7' Flexi だった。

買って帰りターンテーブルに乗せて更に驚いた。21世紀間近、88ユースクルーなんて概念すら遠くに霞んでしまった御時世に、HERESY, RIPCORD やユーロ・スラッシュの影響バリバリのハードコア/スピードコアをやるバンドが日本から出て来たとは。

以後、音源が出るたびに買い集めた。当時は静岡の御殿場に住まわされており、なかなか自由が利かなかった事もあり、今は無き西荻WATTSで初めてライヴを見たのは暫く経ってからだった。その後、自分もハードコアを含め、ライヴに殆ど行かない時期があったり紆余曲折の末、最近またメタルではない、ハードコア以外の何者でもない速さ、スピード感がやたら恋しくなって、此処に戻ってきた。

そんなわけで、早稲田ZONE-B で行われたCRUCIAL企画 "United Thrash Night" 記念すべき80回目に行ってきた。入り口で記念のTシャツをいただいた。とても嬉しい。多謝!!

Thrash Night 1 Thrash Night 2

出演は、画像の通り。一番手のTHE LAST MOMENTからラストのCRUCIAL までガッツリ盛り上がる。前で暴れていたわけではないが、凄く良い汗かいた。今回の中では初見のSCRUM HALF が凄く印象的だった。DERIDEとのスプリット音源を聞いたときも感じたのだが、新潟のバンドであるのに出て来る音が三多摩~京浜ハードコア、例えばMINK OIL を髣髴とさせるキレのいいスラッシュ・コアだったのには感動した。

そんなわけで毎度の事ながら、やはりこういう音楽はライヴで見聴きするのが一番だな、と改めて感じた次第。

しかしながら企画を継続して80回というのは本当に素晴らしいと思う。自分はバンドをやっているわけではないが、最近、Crew For Life Rec.のブログを閲読していて、自分から動かなくては何も変わらない、という事に強く共感している。仕事でも段々歳を取って(苦笑)中堅~ベテランになると自分から動かなくてもいい状況になる時は多いのだが、それでは自分自身のアップデートにならないし、結局「昔は~だった」で終わるジジィに成り下がってしまう。そうならないために、やはり常日頃から「自分い何ができるだろう」と考えて動くことはとても大切だな、と思う。

そんなこんなで企画80回、本当におめでとうございます。これから100回、120回と続くことを願ってます!


音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2012/07/28 / 09:02

昨日は出張で長野まで。

とは言っても車での日帰り強行軍。時間が目一杯だったので観光は一切無し。大学の設計課題で「善光寺近くの・・・に郷土美術館を設計しろ」という御題をもらって現地確認に行って以来早○十年。久しぶりに善光寺詣でが出来るかと喜んでいたのだが・・ あと一緒に行くメンバーが神社仏閣だの日本文化だのに興味のない連中だと本当につまらないと思った次第。

蕎麦

それでもやはり善光寺に来たら蕎麦くらいは手繰って帰らないと!と「大ざる」。東京の蕎麦より腰が強く、喉ごりも良い。辛めのつゆも東京風。こんな蕎麦は、やはり唐辛子でいただくのが筋ってもんだろう。と思って食べていると隣に来た爺さんも、連れの婆さんに「おめぇこういう蕎麦ってぇのは山葵じゃない。唐辛子で食べるんだよ」なんて言ってる。やはり東京っ子だな(笑)

zennkouji.jpg

そんなわけで善光寺から18号線を下って上田まで。その後、関越で帰京。

超駆け足だったが、車を運転しながら目の前に広がる山並み、緑に覆われた田畑、豊かな自然に目を遣り、窓を開けて都会とは全く異なる涼風に頬をなぶられていると、自然と「木枯らし紋次郎」の主題歌「誰かが風の中で」のメロディが口を突いて出る。



今度はもっと時間をとってゆっくりしていきたいね、長野。




/ TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2012/07/25 / 02:36

別に、DOOM "Rush Hour Of Gods"(教組ラッシュ)CD を買い直しました、という話ではない。

最近は新譜よりも再発モノの方が売れる、と以前某店等で聞いた事があるが実際、昔の音源を聴く頻度の方が高いし、以前にも書いたように、CHAOS IN TEJASのようなフェスを見てもメインを取るのは80年代の再結成組だったりするわけで、とどのつまり皆、昔の音が好きなのだろう、と思う。

というわけで先日、ボーナス・トラックス満載で再発された

Smell my finger
HARD-ONS "Smell My Finger"2CD

メンバーチェンジをして復活以降、かなりハードコア寄りの音にシフトした彼等だが、自分が一番熱心に聞いていたのがこの "Smell My Finger" から "Dickcheese" を経て "Love Is The Batttlefield Of Wounded Hearts" の頃まで。日本でも人気が出た"Yammy!"はどうも甘ったるすぎてダメだった。

基本はRAMONES影響下のポップなパンク・ロックなのだが其処はRADIO BIRDMAN、DEAD CAN DANCE、SADISTIK EXEKUTION, RUPTURE といった常道から外れるエキセントリックなカッコよさをぶちまける数々の変種を産んできたオーストラリアだけあって、ただのラモーン・パンクにならないところがミソ。

バンド名(ギンギンちんこ共)や"Dickcheese"(ちんかす)といったお下劣全開のバンド・コンセプトに加え黒、白、黄の人種の異なる3人から生まれるパンクもハードロックもサーフも飲み込んだ音はポップでありつつも不思議なヒネリとフックが耳に着く特徴あるものだった。今更ながらだがSPAZZYSにもかなり影響与えているのでは、と思ったり。

本作は、1st "Smell My Finger" 2nd "Hot For Your Love, Baby"(というかこの2枚はミニLPだが)に初期全7インチEP、VA収録曲等々満載の2枚組全60曲。これを皮切りに次々と再発されるそうなのでとても楽しみ。




ヘンリー・ロリンズとAC/DCのカヴァー "Let There Be Rock" 12'EP も出していたっけね。


再発といえば最近、LAMA, BASTARDS, APPENDIX、RIISTETYTといったフィンランド勢の再発も相次いでいるのだが満を持して・・・と言うべきか

prop_1202_f38.jpg
Terveet Kädet "Terveet Kädet"CD

も遂に再発。

フィンランドは言わずと知れたスウェーデンの隣国であるがハードコア勢の出している音はかなり違う。もっとルーズなパンク・ロック寄りというか、スウェーデンが釘バット持ってバイクに跨った不良とするならフィンランドはピンポンダッシュやって遠くから「バ~カ!」と叫ぶ小僧・・・といったら語弊がありすぎるかもしれないが、個人的にはそんな感じ(笑)

あとフィンランドといえばブラジル、というくらいで、SARCOFAGOがTerveet Kädetをカヴァーし、OLHO SECOのVo,ファビオの革ジャンにはTEMPERE SS のロゴがペイントしてあったり・・・と情報が今より極端に伝わりづらかった80年代にして気脈を通じる部分があったのだろう。

でもって本作。全曲1分台若しくはそれ未満の短い曲が全18曲。ファスト&ノイジーでありつつも覚えやすいポップな味わい(決してヤワな、という意味ではない)があるのがミソ。これに続いて"The Horse"も是非再発してもらいたいところ。





音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2012/07/24 / 01:04

アメリカのアマゾンに注文を出して「送ったよ!」メールを貰ってから待つ事2か月余り。てっきりボッたくられたものだと諦めていた

   Toe tag
  TOE TAG / WORLD OF LIES Split CD

が届いた。おまけにアメリカにオーダーしたのに何故かフランスの消印が押してある。一体全体、何処を彷徨っていたんだい、君は(笑)

というわけで、TOE TAG。ご覧のとおり、ジャケはMISFITS "Earth A.D."のパクリである。 ex.THE ACCUSED の発情猫Vo. ブレイニーがやっている新バンド・・・するってぇと今はDENIAL FIENDと掛け持ちしてるのか?

此方のTOE TAGはこれまで7インチEPを2枚リリースしているがCDは初めて。個人的にはEPをチマチマ集めるより(と言いつつ2枚とも持っているのが)纏めてアルバムで聴く方が好きなのでこれは嬉しいリリース。スプリット盤とはいえ8曲+隠しトラック2つ(3曲)入りなので感覚的にはアルバムである。

音の方は、ACCUSEDをもっとR&Rにシフトさせた感じ。Vo. Gu, Dr が元THE ACCUSED, THE FARTZ なので(ギターはトミーでなくアレックス)曲調はミディアム~ミディアムファストがメインだが基本的なラインは前出バンドと変わらない。まぁ基本的にブレイニーが歌っていればTOE TAGでもDENIAL FIENDでもTHE FARTZでも

  「ホンダの車って基本的にシビックを伸ばすか短くするか膨らませるかだよね」

というのと同様、「ACCUSEDを○○にした感じ」になるのは仕方ないのだが。

スプリットの相方、WORLD OF LIES はPOISON IDEAと同じポートランド出身。音はまぁ「デスラッシュ」なのだが、日本のバンドっぽい音を出しているのが何気に面白いな、と思ったり・・・でも1回か2回聞いたら「もういいや」って感じだね。





音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2012/07/23 / 02:05

夏になると無性にSFが読みたくなるのは小学生の頃、真夏の2時頃になると自転車に乗って駅前の大きな書店へ行き、冷房の効いた店内でフランク・ハーバート「Dune 砂の惑星」等を立ち読みしていた経験から来るのだろう。

というわけで最近読んだSFネタ。

   starforce.jpg
B.V. ラーソン「スターフォース:最強の軍団、誕生!」

メインタイトルも副題もすべてがダサい。どんなセンスしてれば「スターフォース」なんてタイトルを恥ずかしげも無くつけられるのだろう。おまけに日本語の副題が「最強の軍団、誕生!」である。何なのだ、この「!」は。まるっきりエドモンド・ハミルトンのキャプテン・フューチャー・シリーズ「脅威!不死密売団」「ラジウム怪盗団あらわる!」のノリである。

話の粗筋は・・・妻に先立たれ、大学でコンピューター工学を教えつつ2人の子供と田舎の農場に暮らすカイル一家は突如、飛来した異星人の宇宙船に襲撃され、子供達は殺害され自らも船内に連れ込まれる・・・が、船内での「試験」にパスし、宇宙船の暫定船長になってしまう。同時期、地球は「マクロ機」と呼ばれるこれまた宇宙からやって来た大型ロボットに侵攻されていた。異星人の宇宙船を任されたカイルは宇宙軍「スターフォース」を組織し、異星人の進んだ科学技術を用いマクロ機の侵攻に立ち向かう・・・というもの。

突っ込みどころ満載のお気軽SFである。

説明すると、カイルを誘拐した異星人は「ナノマシン」を操り(使役し)、侵攻するマクロ機と戦う生命体を探すため、地球上でアブダクションを繰り返していた・・・

早い話が地球人を使ってセイバーヘーゲンの「バーサーカー」と代理戦争をさせよう

ということである。

当初は子供を殺された怒りに燃えていたカイルも、あっという間にその怒りを忘れ被疑者たる異星人のナノマシンを体内に同化させて人外の能力を得ると共にその先兵となって「スターフォース海兵隊」なんぞを組織し、戦闘経験もない素人の癖に獅子奮迅の活躍を見せるのだから笑える。映像化権も既に売れたようだが、如何にもハリウッドが映像化しそうな能天気SFである。

信じられないくらいバタバタ人が死に、マクロ機の地上部隊を倒すため、核爆弾がぼっこんぼっこん落とされまくる。

原発1基の事故でこれだけ騒ぐのだから、こんだけ核兵器使いまくればあと200年くらいは海産物も農産物も食べられなくなるのだろうが・・・誰も気にしていない。おまけにカイルを始めとしてナノマシンを体内に入れた兵士たちはよっぽどの重傷でもない限り怪我や失った身体の部位はナノマシンが修復してしまう。

後半は完全にミリタリーSFであるが、ハインライン「宇宙の戦士」やジョン・ホールドマン「終わりなき戦い」、最近では「彷徨える艦隊」シリーズのように戦争体験や従軍歴がある人間が書いた作品とは明らかに重さが違う。そう、滅茶苦茶軽い・・・所謂「ライトノベル」の類なのだ。だから何も考えずに読み進める事が出来る。映画のようにスピーディな展開を追っているとあっという間に終わってしまう。

別に居ても居なくてもいい程度のヒロイン

にしても

「男女雇用機会均等法の絡みがあるので取り敢えず女、出しときました」

という感じで全く魅力を感じない最大公約数的いい女、である。

本作、アメリカでは既に5巻まで刊行されているとのことなので、次の巻はまぁ読んでみようか、と思う・・・・・・暇 な ら ね。


書籍 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2012/07/23 / 01:20

神保町画廊にて開催中の

「口枷屋モイラ個展 口腔宮」

を見に行ってきた。

   flyer.jpg

モイラさんの作成された口枷は銀座のヴァニラ画廊でも拝見し、物販も購入しており興味を持っていたのだが纏めて作品を見る機会に恵まれずにいたので今回の個展を見られて喜びもひとしお。

画廊内に展示された今回の作品はセルフ・ポートレートがメインなのだが、口枷や衣装等の制作から撮影に至るまですべて一人でやっているというのは驚く。自分のフェチの根源は唇であって口そのものではないのだが、こうして作品を見ていると改めて、口が性器であることが良く分かる。

口枷のみならず金魚であったりはたまた酸素ボンベであったりいくつかのパターンがあるのだがどれも背景やコンセプトと合致したフェティッシュな作品となっている。個人的には酸素ボンベのマウスピースを装着し朝顔の蔓を絡めた作品(上記フライヤー/ポストカード参照)の色彩が印象に残った。

そしてどの作品も衣装やメイクが変わると別人のように表情が変化するのがとても面白いな、と思った次第。丁度モイラさんが在廊していらしたのでお話しすることが出来た。作品同様、とてもキュートな方だったので、柄にもなくちょっぴり緊張した。

    コスプレ口枷

同画廊の物販で購入したDVD-R写真集「コスプレ口枷本」。黒髪でシックなお嬢様仕様が多数を占める中、紺のセーラー、赤いスカーフにストッキング、ショートカットというスタイルは結構リビドーに来る。あと男装のカッコよさも素晴らしい。
 
モイラさんによれば、この「コスプレ口枷」はPt.2も計画中だという事で、其方も楽しみである。

SM/フェチ / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2012/07/22 / 11:34

最近はレコード屋に行くと古着のTシャツなんてのも取り扱っていたりするので昔欲しくて買い逃したブツを探すのが楽しい。

オタ攻撃表 オタ攻撃裏

80年代から一貫して、DESCENDENTS / ALL が大好きだった。来日公演は行けなくて本当に残念。しかし「オタク総攻撃」ってね・・・・これ着て何処か行けってのかい(苦笑)

らりらり 狼シャツ

オーストラリアのヤク中ハードコア/ファストコア RUPTURE。Vo.のガスはとっくにクスリで死んでしまったがANTiSEENのジェフ・クレイトンをVo.に迎えて録った音源も秀逸。最近はTシャツもあまり見かけなくなった。

新譜"Damn"がこれまでで最高の出来だったスウェーデンの狼軍団。新作聞いて魂がまたこっちの音に戻ってきた。ハードコア・パンクとしては不変のスタイルであるがゆえに、他との差別化を図るのは難しい。しかしそれを成し得た時のカッコ良さもまた尋常ではない。

睡眠表 睡眠裏

これは古着でなく Southren Lord の正規新品。ただし限定。以前、東京駅八重洲口ですれ違った外人が着ていて「おおおっ!」と思って探したブツ。今まで流通していたデザインの中では一番カッコいいのではないか、と思う。70年譜代風のデザインやデカいロゴが実に秀逸。ただしボディがへインズってのはね(苦笑)

バンドTシャツ / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2012/07/22 / 03:37

夕方から下北沢QUEで行われた、騒音寺 Vs キノコホテル の2マン公演に行ってきた。

DSC_0756.jpg

会場入りする前、数年ぶりに「マジックスパイス」でモモのスープカレーを辛さ虚空で食し、中古盤を漁りに入ったユニオンの古着コーナーでオーストラリアのヤク中ハードコア/ファストコア・バンドRUPTUREのTシャツを入手していざ、会場へ。

待つこと暫し、最初はキノコホテル。

前回見た恵比寿のワンマンの時より声の出も演奏の勢いも曲のこなれ方も数段上だと感じた。「砂漠」「回転ベッドの向こう側」良い曲だな。その反対に(?)「燃えつきたいの」はアレンジがシンプルに変わったな、と思ったり。新曲が増えてきた事もあるのだろうが、最近は「ネオンの泪」「あたしのスナイパー」がセットリストから外れているのが少々残念。あと終盤、支配人とケメさんが客席に降りてきて自分の目の前で、目の前で!、目の前でっ!!!ギター弾いたのは凄い感激!!

あと余談だが、最近ステージでケメさんとエマさんが向かい合ってギター&ベースを弾いている姿を見ていると何故か、ZZ TOP "Fandango!"のジャケを思い出してしまう。メンバーのヴィジュアル的には全く似ていないけどね(笑)

     ZZ.jpg

約1時間のステージの後、騒音寺。

お客がガラッと入れ替わったのは驚いた。自分はキノコも騒音寺も大好きなので今回の2マンは全く違和感なかったのだが、思っていたほど双方のファンって重なっていないようだ。

毎度御馴染みのオープニングから続いて「ロック・ザ・ダイナマイト」でライヴ開始。新メンバー共々、いつもと変わらぬR&Rのカッコ良さ、アツさ、猥雑さを御開帳しまくったステージは何度見ても本当に楽しい。問題なのは、このパワフルなステージを見てしまうとスタジオ音源聴こう、という気が無くなってしまうことで・・・まぁロックはライヴが命だから「これでいいのだ」と纏めておこう。しかし「乱調秋田音頭」本当に最高だ。これを目の前で演られたらもう馬鹿になりきって踊るしかないでしょ!という事で。

ジャンルは何であれ、やはり生で演奏を見て、音を身体で感じるのはとても気持ちが良い。当たり前の話なのだがね。

音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2012/07/20 / 09:15

MASTER というバンドについて何時も疑問に思う事。

一般に

「デス・メタルの基本」
「オールドスクール・デスの大御所」

と評価されつつも、1stアルバム(と1985年の"Unreleased Album") 以外のアルバムの事を誰も語らない。

彼等は解散したわけではなく、現在もコンスタントに良質な作品をリリースし続けている。前作 "The Humnan Machine" は自分としてはイマイチだったが、その前の

"Four More Years of Terror"
"Slaves To Society"

は傑作だと思っている。音源の流通が悪い(というか日本のレコード屋が積極的に仕入れないだけだろ)せいもあるのだろうが、もっと広く聴かれて良いバンドだと思う。少なくとも、Tシャツ着てるくせに1stしか知らない、というのは勘弁してもらいたものだ。

というわけで新譜

300_20120720085503.jpg
MASTER "The New Elite"CD

AUTOPSY, ASPHYX 等と並んで

   「誰も変化なんか期待していないし、変わられたらそれこそ嫌だ」

という2ビート主体、オールドスクール・デスの王道。もう此処まで来るとRAMONES, BAD RELIGION, AC/DC と同様、「金太郎飴なアルバムの中にどれだけ自分好みの曲があるか」という点のみが評価の対象となるのだが、本作もそこは軽くクリア。スピード感は一切殺さず、畳み掛けてくるリフ、2バスの連打といった御馴染みのスタイルが堪らなくカッコいい。

なんて事を自分が説明せずともMASTERが好きな人であればわかる筈。
入手できるうちに、是非!!


或る意味、「デス・メタル界のレミー」といっても過言じゃないね(笑)


あと、どうでもいい余談だが、自分の年代だと「マスター」と聞くともう喫茶店の主人しか思い浮かばなくてね。



♪ねぇマスター、ねぇマスター、ねぇマスター 速く~!!♪ MASTER~~~~っ!!!!!


音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

ホーム / NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。