I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で

2011/07/31 / 23:29

最近の音源漁りにおける釣果を2枚。

先ず、

PREMONITION 13 "Premonition 13" CD

33564569.jpg

SAINT VITUS, THE OBSESSED, SPIRIT CARAVAN, THE HIDDEN HAND ....と参加したバンドを挙げればきりがない Scott "Wino" Weinrich の新バンド、1st アルバム。実をいうと、再結成VITUS とソロでライヴをやっているのは知っていたが、THE HIDDEN HAND の後に自身のバンドをやっていた・・・そして既に7インチEPを1枚リリースしていたのは全く知らなかった。迂闊だ。

デイヴ・チャンドラーが仕切るSAINT VITUS、そしてヴィクター・グリフィンが仕切る PLACE OF SKULLS を除けば基本的にこの人が出している音というのはバンドだろうがソロだろうがアコギの弾き語りだろうが昔から変わらない。ブルージーで塩辛く、そして音圧に頼らない重たい音。メタルというよりは、へヴィ・ロックという言葉が最もしっくりくる。

今度のバンドは、ソロを経由してより根源的なロックに近づいた作風となっている。音楽的には全くと言っていいほど接点はないのだろうが、PAT METHENY や BLACKFOOT(というかリック・メドロックのギター)を聴いた時、だだっ広い荒野の真ん中を地平線に向かって伸びる1本のハイウェイ、そして大地を吹き渡ってくる風、といった風景が心に浮かぶのと同質の感覚。特に1曲目、9分に及ぶ "B.E.A.U.T.Y." そしてラストを〆る "Peyote Road" の音の広がりは本当に素晴らしい。個人的には VITUSとTHE OBSESSED を除くWino のリリースの中で最も好きな一枚・・・になるかもしれない。兎にも角にも、VITUS でもソロでもPREMONITION 13 でもなんでもいいので!祈願、初来日っ!!!



あと一枚。以前からレコード店で面陳されていて気になっていた一枚。

V.A. "Rising Of Yog-Sothoth : Tribute To THERGOTHON" CD

sp032.jpg

フィンランド出身、世界で最も(曲のスピードが)遅い、と言われたバンド、THERGOTHON。所謂「フューネラル・ドゥーム」(葬式系)の元祖でもある。特に唯一のアルバム"Stream From The Heavens" はとことんへヴィで徹底的に遅いのに、冬の早朝ランニング、朝日が昇ってくるあたりで使うと何故かドツボにハマり、ドーパミンドパドパ多幸感Maxになる不思議なアルバムで今でも愛聴盤である。

そのTHERGOTHONをカヴァーするASUNDER、EVOKEN、MOURNFUL CONGREGATION, WARSHIP といった錚々たる顔ぶれ、プラス全然知らないバンド多数による寄せ集め盤。同じ曲をカヴァー、例えば "Who Rides the Astral Wings" をやってもASUNDER と INTER ARBORES のアレンジが全然違うのがまた面白い。その中で、初っ端のギターの出音だけですぐにそれとわかるEVOKENはやはり凄い。で、全部聞き終わって改めて思うのが「やっぱTHERGOTHON、最高だねぇ!」だったりする。


此方、本家。


此方、EVOKEN

スポンサーサイト

音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2011/07/30 / 23:59

銀座、「ヴァニラ画廊」にて開催中の

      「団鬼六・追悼絵画展『Dan Oniroku』」

を見に行ってきた。考えてみれば此処最近は頻繁に該画廊に顔を出しているような気が・・・・しないでもない。

          kinnbaku.jpg

廊内は団氏と生前交流のあった作家の方々による緊縛絵/責め絵等が四周の壁に所狭しと貼られており圧巻である。その中で扉を開けて真正面に展示されている「団鬼六」と白く染め抜かれた印半纏がなんともカッコいい。作品以外のインタヴュー記事などから作家紹介でよく言われる「アウトロー」よりは「粋な遊び人」という印象の方が強かっただけに納得してしまった次第。

そして一面の緊縛絵を間近で見ながら、縄というものを芸術の域にまで高めてしまった日本人の感性に驚くと同時にSMってヒエラルキー萌えとギャグの要素が強いのだな、と改めて思う。

格差とギャグに関していえば、前者は美しい良家の奥様や女性教師がチンピラだの薄汚い日雇い労務者に凌辱される設定が多いという事があげられる。後者は七夕の笹飾りを前にしたまんぐり返しだの、責められてる女性に猫をけしかける、或いは漁師が鰻を秘所に突っ込もうとするといった発想・・・などギャグ脳なくしては考えられないのではないか、と思う。

しかしながらそういった話を読む、或いは絵として見るにつけ男目線と女目線のSM観ってかなり隔たりがあるのではないか、と思ってしまう。まぁ自分の嗜好としては女性を「責めたい」とは思わないので責め手の心理というのはよくわからないのだが、少なくとも自分にとってのSMというのは「この人だからこそどんな責め苦にも耐えて見せよう」という(特定の)女性に対する崇拝/憧憬であり、苦痛に耐える自分へのナルシズムであるので、それ以外の女・・・例えば「M男に蹴り入れるのってストレス解消になるよね~」とか言っているバカOLなど・・・に対しては「だったら俺の蹴りにも耐えてみろよ、糞ランチ(笑)女」と思う。

言うなれば扉を開ける「同じ鍵」を所持している者同士でしか成立しない関係性、という事なのだが、ではM女さんから見たS男性ってのはどういうものなのだろう、と考える。少なくとも俺が女だったら、自分よりもヒエラルキーが低く、知力も劣るような男に責められるのは絶対に嫌だし、それで相手に屈服したり、ましてや其処に快感を覚えるなど有り得ないわけだが・・・とはいうものの、豊満な体に食い込む縄というのは見ていて何とも言えない色気があるのだな・・・とも思ったり。

などという出口のない堂々巡りのような事を考えつつ、午後のひと時を冷房の効いた画廊で過ごすのは良いものだ。個人的に一番気に入ったのは、わんこと2ショットで微笑まれている団先生の写真。

          seppuku.jpg

帰り際、物販で早乙女宏美さん絡みの切腹本を購入。因みにヴァニラさんの物販/図書コーナーは何気にツボ突きまくりで、国書刊行会から出されていた「黄金の夜明団」の魔術本(同社から出ていたアレイスター・クロウリー「魔術・理論と実践」は持っている)や「ユイスマンスとオカルティズム」なんて本に混じって、みうらじゅん&田口トモロヲ「ブロンソンならこういうね」(文庫Ver. 新書版は持ってる)があったり、これまで展示をされた作家さん達のグッズがあったり・・・と見ていて飽きない。

SM/フェチ / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2011/07/29 / 01:11

先日、レコード店で DEFACE (ATTITUDE ADJUSTMENT の初代&3代目~現行Vo. Kevin Reed が在籍)の音源が流れていた事に加えTAANG! Rec. の告知によれば再結成ATTITUDE ADJUSTMENT の音源 "No Way Back" もリリースされると聞いて懐かしさと共に魂にギアが入ってしまった不肖ワタクシ。

今夜はAAのスピンオフ・バンドにして2代目Vo.のジャンプ男、アンディ "エアボーン" アンダースンのやっていた

ATTITUDE "The Good, The Bad, The Obnoxious" CD

など。

ATTITUDE.jpg ATTITUDE 2

これは "Kein Schlaf Bis Deutschland" "The Good, The Bad, The Obnoxious" "To Whom It May Concern" の12インチEP3枚を纏めた音源集。因みに2枚目の"The Good ..." はカヴァー集。ハッキリ言って「元AA」を期待して聞くと結構スベる。クロスオーヴァーとしてカッコいいのは1枚目"Kein Schlaf..."だけ。あとは次第にスローダウンして、TWO-BIT THIEF に至るという変化の過程を知ったうえで再度聞きなおすと「あー、なるほどねぇ」と思えるから不思議だ。

TBT.jpg

因みにバンド名をTBTに変えてからの1枚目"Another Sad Story In The Big City" は隠れた名盤だと今でも思っている。音はもう完全にハードコアやクロスオーヴァーとは関係ないハードロックなのだが見事に CIRCUS OF POWER スタイルに化けており本当にカッコいい。同じCOPに憧れてスタイルを一時的に変えたものの、見事にコケてしまったNYのWARZONE よりは彼等の方がセンスが良かった、という事なのだろう。


というわけでビフォー

 
&アフター 念のために言っておくとVo.は同一人物

音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2011/07/28 / 02:03

             aosima.jpg

山口芳弘「蒼志馬博士の不可思議な犯罪」、実質2日で読了。普段はゴキブリホイホイの中を這うカタツムリのように遅読の俺からすれば光子ロケットのような速さである。まぁそれだけ話が面白く、且つ読みやすい文体であった、という事なのだろうが。

話の粗筋は・・・

昭和28年の横浜。まだ本牧に米軍住宅だのPXだのがあり進駐軍がブイブイいわせていた時代・・・「私」(殿島)の弁護士事務所の隣家に住む少女・綾子が失踪。そして時を同じくして「蒼志馬博士」と名乗る怪人物から米軍に宛てて「日本から出ていかなければ私の開発した兵器で殺害する」旨の脅迫状が届き、不可思議な態様の死体が転がる。その殺人兵器の謎に挑むのは「雲上都市の大冒険」で御馴染み、眉目秀麗で白のスーツと帽子を常用する行動派探偵・荒城と学ラン姿で左手に付替え可能な多機能義手を装着する頭脳派探偵・真野原

・・・というもの。

一応ジャンルとしては「本格ミステリ」の枠内なのだろうが、読後の感触は江戸川乱歩の少年探偵団もの・・・・ギミック満載の「青銅の魔人」「宇宙怪人」という類の作品を大人の目線で再構築したかのような冒険活劇探偵譚、である。其処に、実際、旧軍が研究していた秘密兵器、そして暗躍するソ連と思しき影といった「小さなリアリティ」を盛り込むことによって面白味が一層増した。第3話「洗脳兵器の謎」における小説的手法も非常に面白い。

余談だが、彼方此方で本書のレヴュー、特にあまりいい評価を書いていないものを見ていて自称「本格ミステリ・ファン」の持つ変な選民意識には思わず笑ってしまった。それって俺に言わせれば、音楽なんて聞いてノッて楽しければ・・・字面の通り「音を『楽しむ』」のが主目的なのに、ジャズ喫茶みたいなところで苦虫噛潰したような顔で音を聴き屁理屈をこね回し、とどのつまりは自分が如何にジャズを聴きこんでいるか、という自慢をしているオヤジ共と一緒ではないか、と思う。そんな狭いジャンルの中で虚勢張っても誰も褒めちゃぁくれない。

で、結局何が言いたいかというとこの日記のタイトルなわけで、真野原はスーツケースのなかに「ウォシュレット義手」を入れて持ち歩いているに違いない。

書籍 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2011/07/26 / 00:41

          morbid.jpg

かなり前に入手していた

    MORBID "Year Of The Goat" 2CD。

御馴染み "December Moon" Demo とリハ、ライヴを詰め込んだ2枚組。これまで何度も手を替え品を替えブートでリリースされてきた音源の寄せ集めなので別段、いまさら金を出して買う必要もないのだが、もうこれ以上、故Dead が歌っている音源が出てこないであろうことを考えると、まぁ記念品的意味を含め、まさに「一家に一セット」のノリで持っていてもいいかな、と思った次第。

音はもう御存知の通り。ジャンルが今のように細分化される前夜、つまりスラッシュメタル、デスメタル、ブラックメタルの過渡期であり、同時にそれらすべてであった根源的バンドの1つ。

そして、ドイツのASSASSINに"Baka"という名曲があるのと同様、MORBIDの "Citythrasher" というタイトルは個人的にはDeadのコープスペイントを上回るインパクトを持った笑いのツボである。「シティ・スラッシャー」とカタカナで書くと如何にダメダメな曲名であるかが如実にわかるだろう。

しかし、シティ・スラッシャー・・・ロスへ行けば多分「ビーチ・スラッシャー」が、そしてフィンランドへ行けば「フォレスト・スラッシャー」、日本でも多分、「錦糸町スラッシャー」とか「堀川上立売スラッシャー」とか各地にスラッシュの種はまかれているのだろう。まさにHERESYが歌っていた ♪Network Of Friends♪ だな。

音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2011/07/25 / 01:30

MOB47.jpg

まさか!の初来日を10月に控えて一部好事家の間で大いに(?)盛り上がるスウェーデンのMOB47 だが、彼らの83年のデモカセット"Hardcore Attack" がこの度7インチEPとして正規再発。これまでに幾度もブートのテープとして流通したり、或いは先に日本盤2枚組CDで発売されたディスコグラフィ"Ultimate Attack" にも収録されていたが単独でのオフィシャル再発はこれが初めて。

MoB 47 A
MOB 47 b

音は、後にUSハードコアの影響を上手く消化して独自の「マンゲル・スタイル」と言われるファスト&ショートで切れ味鋭い音を完成させる前夜、随所にUKハードコアの影響が見え隠れするラフな仕上がりになっている。改めて聴きなおしてみると同じ曲でもドラムとベースのリズムが全然違う事に気付く。

しかしながら、MOB 47 が生で見られるなんて80年代では考えられなかった話である。いい時代になったものだ。


此方、デモ(本作)より


此方、マンゲルスタイル完成後。前につんのめるようなリズムが堪らなくカッコいい。

音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2011/07/24 / 23:56

新宿は百人町の・・・というよりもJR大久保駅南口近く、と行った方が分かり易いのだが・・・タイ料理店「ムアンタイ」で昼食。入るのは2回目。

以前からタイ料理店があるのは知っていたが、この界隈で入るのは数軒先のトルコ料理店「ヒサル」と決まっていたのでずっとスルーしていた。しかし先日、件のヒサルが休みだったので・・・って日曜、休みだったっけ・・・試しに入ってみたら結構いい雰囲気だった、という次第。

ムアンタイ

そんなわけで前回はカオカームー(豚足ごはん)だったので今回はゲェーン・ペッとカイジャオ。辛さは当然、タイ仕様にしてもらう・・・とはいってもまだまだ加減している気はするが、美味しい。ごはんとの相性もいい。ディープな「ルンルアン」や「ラムヤイ」も大好きだが、昼間から街の定食屋感覚で気軽にふらっと入れるこういうお店はとても居心地がいい。今度はカオソーイを食べてみよう。

あと、ソフトドリンクにサンポールみたいな緑色の変なヤツとか、イチゴ味で激甘の変なヤツがあればもっと嬉しい。俺、あの手のどぎつい色の甘いソフトドリンク、大好きなんだよね。タイ料理の辛さにすごく合うと思うのだけど。

/ TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2011/07/22 / 01:24

音楽を聴いていて、「何語で歌っているか」は全然気にした事がない。

初めて英語以外のロックを聴いたのは、スぺインの BARON ROJO (バロン・ロッホ/ 紅男爵)だった。雑誌などでは「スペイン語はロックに合わない」だの書かれていたが俺は「カッコいいじゃないか」と思っていた。アツい音楽をぶちかますのに言葉なんて関係あるのかい?

そんなわけで、今夜は80'sメキシカン・ハードコア

MASSACRE 68 "Demo/Ensayo '87"CD "No Estamos Conformes"CD

MASSACRE 68 1 massacre.jpg

をガツンと流す。

以前、

「愛を囁くにはフランス語、命令するにはドイツ語、そして家畜を叱るにはロシア語」

というジョークを聞いたことがあるが、そう考えるとスぺイン語やイタリア語、ポルトガル語といったラテン系言語は英語と並んで「ロックに良く合う」言葉なのではないか、と思う。WRETCHEDやUNDERAGEの魅力が音のみならず、ウルトラ巻き舌&字余りなイタリア語Vo. であり、またLOS CRUDOSやOLHO SECO の例を持ち出すまでもなく一般的にラテン系ハードコアは「熱い」というイメージを持たれている主要因となっているのではないか。

前者、タイトルの通り、デモ&ライヴ音源集、後者1stアルバム。どちらが好きか・・・は個人の嗜好なのだろうが基本的にデモでもスタジオでも全然変わらないのだが、逆にスタジオ録音なのにどうしてこんな原始人の祭り太鼓みたいなボッコボコの音に仕上がるんだ?!?!という意味不明の迫力が大層気に入っている。


25秒過ぎから凄いよね!!


此方は比較的最近の映像。客の暴れっぷりが気持ちいいね。

メキシコと言えば余談だが、以前見た映画「デスペラード~レジェンド・オブ・メキシコ」のなかでジョニー・デップの
  
 "Are you a Mexican or a Mexican't ?"

というセリフが未だに頭にこびりついて離れないのだが、すごい粋な言語感覚だな、と思う。しかし、MexiCAN'Tってね・・・・(笑)

音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2011/07/21 / 01:33

マイルスの話を書いた次にこんなことを書くのも気が引けるのだが、

    「音楽のアツさ/カッコよさってテクニックがありゃいいってもんじゃないぜ!」

と思う事は多々ある。先日、実家から持ってきた南米ハードコアの音源なんぞを聴いていると特に、そう思う。まぁこれはハードコアに限らず、初期SARCOFAGO, SEPULTURA を始めとするアンダーグラウンドのメタルについても全く同じことが言えるのだが。

              ulster-frente.jpg

そんなわけで今、ブラジルの
  
     ULSTER "Ulsterror"CD

を聴いている。82年~83年のデモ/リハ音源を集めたディスコグラフィCDだが、もうこの覆面姿の見てくれだけでOK。何でも「官憲筋に顔がバレると危険だから」という理由らしいのだが、かつて R.D.P.のゴルドが

「通りの向かいにあるレコード屋に行きたいんだけど、其処は別のギャングが仕切ってる場所なんで音源買いに行くにも命がけだった。」

と発言していたような当時の社会背景を考えれば頷ける話ではある。まぁあとは映画「シティ・オブ・ゴッド」なんかを見てくださいよ、と。

でもってこのCD。南米と聞いて頭に浮かぶ「あの!」音・・・凄まじい自己崩壊型爆走ノイズのオンパレード。ボコボコのドラム、取り敢えずブンブン鳴ってる4弦、CONFUSEもビックリ!なノイズギター。これらが堪らなくカッコいい・・・・と思える人はごく少数なのだろうが。





音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2011/07/20 / 23:59

Miles Bitches

死後もオフィシャル、ブートを問わず次々と音源が発表され続けるマイルスだが漸く

 Miles Davis "Bitches Brew Live" CD

を入手。名盤"Bitches Brew" 録音に先立つ69年のニューポート・ジャズ・フェス、そしてその1年後の70年に行われたワイト島フェスのライヴ音源で前半3曲は未発表音源・・・の筈。詳細な解説などはジャズに詳しい親切な方が何処かで書いていると思うので割愛。

個人的には、アガルタ~パンゲア期・・・一時引退間際のライヴ音源よりもこの時期の方が好きなので非常に嬉しい発売である。演奏のノリ、そしてキレの良さは聞いていてとても気持ちがいい。ただし、大好きな "Sanctuary" はもっとテンポがゆっくりしてる方が良い。「フィルモア」の録音でも各楽器のソロやインプロ合戦の後、一瞬の静けさを突いて"Sanctuary" のイントロが出てくる瞬間は筆舌に尽くしがたいほど素晴らしいから。

音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

ホーム / NEXT