I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で

2010/09/30 / 22:58

結局昨夜、眠りに就ついたのは午前3時過ぎだった。他のメンバーも帰宅したのは皆、日付が変わってからという有様だったので本日は一様に寝不足顔をしている。残務を片付け、来週以降の段取りを付けて金曜日は代休。

この3日間、生業モード突入中は食べたり、食べられなかったりと食生活が不規則になる。食事をする時間があっても、コンビニ飯で済ませる事も多々あるので、御馴染の店の御馴染の味がやたらと恋しくなる。そんなわけで明けて本日夕刻、駿河台下の「エチオピア」へ。神保町「共栄堂」でマイルドなタンカレーを・・・とも考えたのだがやはり体内エンジンにキックスタートをかます突き抜けた辛さが欲しい・・・というわけで、ビーフと野菜のミックスカリー(辛さ70倍)、インド豆のサラダ、食後のチャイ。相変わらずの野菜と大きな角切り牛肉の旨味、身体を上から下へ突き抜ける辛さ、そして疲れを癒す大甘チャイに舌鼓を打つ。これで体内リソースが一気に回復した。おめでとう。

漸く秋になったというのに、連日雨ばかりで辛気臭い事この上ない。おまけに此処1週間余り、ランニング等々に行っていないので余計にストレスが溜まる。昨夜も帰宅後、今日こそはガツンと走ってやろう、とばかりに VOIVODの初期3作を中心とした気合の入るプレイリストをウォークマンに仕込んでスタンバイしていたというのに起床してカーテンを開けると大層な雨。朝の晴れやかな気分が一気に憂鬱になる。

因みに、走ると言えば8月に申し込んだ来年の東京マラソン絡みで事務局からメールが来ていた。

---------------------------------------------------------------
   ◇◇東京マラソン2011 出走者の抽選について◇◇
===============================================================
既に発表いたしました通り、ランナーの募集におきまして33万人以上のお申込
みをいただきました。たくさんのご応募ありがとうございました。
つきましては、昨年に続き今回も抽選で出走者を選ばせていただくこととなり
ます。当選倍率は、マラソン約9.2倍、10km約13.6倍となっております。
現在、10月中旬の当選者発表に向けて抽選作業を進めておりますので、結果発
表までのスケジュールを改めてご確認くださいますようお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------

約9.2倍・・・・だったら普通「約9倍」って書かないか?・・・という突っ込みはさておき、去年が約7倍、今年が約8倍で来年が約9倍。つまり年々、出場するのが困難になってる事だけは間違いない。なんでも「参加費100万円払ってもいいから走らせろ」と言ってる奴等までいるらしい。キチガイ沙汰としか思えない。まぁ、本当の東京っ子ならそんな野暮は口が裂けても言わないわけで、そういう奴は「・・・お里が知れますね・・・」と鼻で笑ってやろう。

$I Don't Care About You!そんなこんなで、こんな湿っぽい天気の日は元気になれる音楽を聴いて気持ちを上げていこうぜ・・・というわけで、Oi-SKALL MATES。考えてみるとスカってかなり御無沙汰だったのだが、やはりこういう理屈無く盛り上がって踊れる音楽は本当に楽しい。


スポンサーサイト

ブログ / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2010/09/30 / 01:56

$I Don't Care About You!


旅の始め、旅の終わり。物語の始め、物語の終わり。そして仕事の始め、仕事の終わり。終わりは始まり・・・終わりは始まり。毎度おなじみのこの場所から。

やはり夜の空港は、いつ来てもいいものだ。

ブログ / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2010/09/28 / 00:07

$I Don't Care About You!携帯の他に、ウィルコムのピッチを入手した。ウェブ機能もカメラも付いていない、通話とメールのみのウルトラ・シンプルなブツだが、ホワイトハウス~クレムリン間のホットラインのような使い方しかしないので、俺にはこれで十分だ。

これまでPHSというとブロードバンド時代が来る前にモバイル(ノート)PCに差し込むエア・エッジとして使っていたのだが音声通話用として持った事は無かった。ピッチ同士なら通話料が無料だという事も昨日、初めて知った。結構、携帯の通話料等については無頓着だったりするのだが、改めて調べてみると如何にDOCOMOを始めとした日本の携帯会社がボッているかが良く分かる。代々木にエンパイア・ステート・ビルみたいなドコモ携帯御殿が建つわけだよな。

$I Don't Care About You!と、いうわけで・・・明日から48時間の生業モード入り。雨続き&寒暖の差が激しい御蔭で気管支の調子がイマイチ宜しくないのだが取り敢えず、INFEST 聴いて今夜は気合入れよう。



ブログ / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2010/09/27 / 23:22

小学生の頃から活字中毒なので、手近なところに何でもいいから本が無いと剣を忘れたコナン・ザ・バーバリアンのような気持ちになってくる。部屋の其処此処にはお堅いものからおバカなものまで所狭しと本が積まれている。であるから、基本的にどんなジャンルのものでも読む・・・ライトノベルと林真理子と村上龍以外は。

もう数週間前の話だが・・・黒川博行「疫病神」読了。

$I Don't Care About You!「建設コンサルタント」とは名ばかり。建設現場に現われるヤクザ者をヤクザ者を使って排除する・・・要するに、毒を以て毒を制す「サバキ」の仲介をしながらかろうじて食いつないでいる主人公・二宮。産廃処理場の建設計画に絡んで、同意書に地元水利組合長の押印を取ってくる事を依頼されるが仕事を始めた矢先、複数の組筋からの妨害を受けると共に、依頼人も失踪してしまう。

其処で二宮に絡むのが、サバキの依頼で顔見知りとなった二蝶会のヤクザ者・桑原。仁義とか友情とは全く縁のない「切り取のカスリは5分」という金の亡者にしてウルトラC級のエゴイスト、そして喧嘩はバカみたいに強い、という「極道」を絵に描いたような男。まるで「レザボア・ドッグス」のミスター・ブロンド(マイケル・マドセン)大阪版である。この2人が図らずしも「コンビ」を組み、産廃処理場建設の裏で動く金を狙って動き出すも其処には数十億もの利権に群がる政治家、業者、ヤクザ者たちが跋扈していた・・・という話。

主人公の二宮を始めとして善良な人間など一人として出てこない。どいつもこいつも金の匂いにおびき寄せられ、その力に突き動かされている。その中でも桑原の突き抜けっぷりは、大きな代紋を背負っているとはいえズバ抜けている。必要な情報を取るために敵対するヤクザ者をいとも簡単に引っさらって責め苛み口を割らせる手腕、己に利在りと判断した時の決断力と行動力。その反面、自分の利益に関わりなければ二宮が拉致され命からがら逃げ出そうが全くと言っていいほど関心を示さないエゴイストっぷりが堪らない。こんな生き方ができればさぞ気持ちがいいだろう・・・男なら誰しも心の片隅でそう思う・・・だが、実務では絶対に係わりたくないのもまた、事実。

しかし、二宮や桑原に惹かれるのは、その行動の源泉にあるものが例え「金銭欲」であっても、利権を巡って右往左往する有象無象の事柄や人物の中で、依頼人やヤクザ者によって散々な目に遭い、ボロボロにされつつも受けた仕事に対しては此処一番で踏ん張ろうとする二宮の、そして「己の」行動規範からは全くブレない桑原の姿勢である。それを「信義」だと言うつもりは毛頭ないが、政治状況を筆頭にブレまくる昨今の御時世において、ある種の爽快感に近いものを残してくれる。

加えて、黒川作品の特徴とでも言うべき大阪言葉によるテンポの良い会話がまた、堪らない魅力となっている。

「なんじゃい、あいつらは白耀会のごろつきか。陵南組やなかったんや」
「そのごろつきがいうてましたわ。桑原は尻尾まいて逃げよった、とね」
「あの三人はちんぴらや。ケツが青いから駆け引きが無い。下手にカマシ入れたら、あとさき考えずに道具を使いよる」
「さすが、サバキのプロは冷静ですね」
「憶えとけ。わしは負ける喧嘩はせんのじゃ」
「おかげで、同意書も金も事務所の鍵も、なんもかも失くなった。俺は倉庫の三階から海に飛び込んで、命からがら逃げてきた。」
「此花の沖、いうのはどこや」
「舞州の埋立地ですわ」
「かっこええがな。ハードボイルドを絵に描いたようやで」

この独特の間、というかニュアンスは東京ことばでは絶対に出せない。
やはり言葉というのは魔物だな、と思う。

書籍 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2010/09/26 / 21:17

例によって、そして相も変わらずPCのメーラーを開けば「迷惑メール」フォルダには数えきれないほどのクズメールが着信しているわけだが、極稀に此方が必要としているモノまで勝手に「迷惑メール」扱いになっていたるすることがあるので一応、件名と宛先だけはチェックしている。

そのゴマンとあるクズメールの内から、少しだけ面白かったブツをおすそ分け。

------------------------------------------------------------

差出人:小早川弥生 [yayoi_koba50@yahoo.co.jp]
件 名:乳首を思いっきり引っ張ってください。


乳首を思いっきり引っ張ってください。
乳首が切れるほど思いっきり

http://meets-club.biz/n/nez/m/

引っ張ってください。

-------------------------------------------------------------

こんなメールに引っ掛る奴なんているのだろうか・・・。
しかも「引っ張ってください」って意味不明だ。
本当に、引っ張るだけでいいのか?
引っ張ると、何かいい事、あるのか?


あとはオマケで・・・・最近見つけた反戦市民団体構成員の写真なのだが・・・
映画「トランザム7000」のセリフではないが

   「『バカ丸出し』って言葉、知ってる?」

と尋ねたくなってしまう。

$I Don't Care About You!


要するに、平和的運動だの非暴力だの、何処にも属さない個人の行動です、だの何だの言っていても、実際は顔を特定されてはマズい経歴があったり、そういう団体に所属していたりするわけだ。

でもってこの方々、政府関係筋や沖縄、米軍基地、イスラエル大使館前には嬉々としてやって来るくせに、中国大使館と朝鮮総連の前「だけ」には

絶対、 絶対 、 絶対に

来ない。有名某映画評論家(R.I.P) の言葉のもじりではないが

    「いやぁ~~、平和って本っ当に、いいもんですねぇ~~~!」

と思う。

あと、以前も書いたように俺は動物が大好きだ。その中でも特に犬、そして柴犬とシェパード、サモエドが大好きだ。だからそういう動物達を醜いプロパガンダに使うのは本当に腹が立つ。

ブログ / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2010/09/26 / 11:16

昨夜は、大久保EARTHDOMで行われた「ICE PICK 10」へ行っていた。昨年は入るのが遅すぎてラスト2バンドしか見られなかったので少し早目の2000頃会場入りしたら、3番手の壬生狼が演っているところだった。

今回、浜松のBEYOND HATEと大阪のSTRONG BLOSSOMは初見だったのだがどちらも非常にカッコ良かった。BEYOND HATEはこれまで、所謂「ニュースクール」だと思っていたのだがスローでタルいヘビメタと大差ないニュースクールでは無く、AGNOSTIC FRONT "One Voice"のように、タフでジョックな曲の中にキチンとオールドスクールを通過した速い曲もありあり、といった感じで楽しめた。STRONG BLOSSOMは寺島進系弾きまくりギターが紡ぎだすメロディがとても印象的だった。リフで押す/刻むのではなくてメロディでドラマを作る、みたいなセンスの良さが光る。

前回は見逃してしまったので2年ぶりの桜花。実は、アイスピック以外では全然ライヴを見た事が無いのだが逆に「バサラ」「不動魂」を歌ってると「今年も『ICE PICK』来たんだな!」と思う。鐡槌は大好きな「百錬ノ鐵」「風,蕭々」を演ってくれた。アンコール「儚き花よ」の後、2度目のアンコールで「雷鳴」。やはり最後はこれを聞かないと!!・・・というわけで、今年も大満足の「ICE PICK」だった。どうもありがとう!

I Don't Care About You!I Don't Care About You!

しかし考えてみると今月は、GRIATRIC UNIT に EXTINCTION OF MANKIND にキノコホテルに 鐡槌 と最近腰が重い俺にしては珍しく足繁くライヴを見に行っている。やはり生で演奏聴くのはいいものだし前方で掴みあいの大暴れしてるスキンズ見てるのも楽しい。

加えて、一見、人相風体のヨロシクナイ人達(笑)ばかり集まって来ると思われているらしいジャパコアとかスキンズのライヴの方が

「本日のTシャツ・ドレスコードは、DISCHARGE、WRETCHED、AMEBIX。
革ジャンの鋲100個以上、又は3日以上入浴していない方はライス大盛無料!」

みたいなクラストの乞食ファッション・ショー・ギグよりもずっと居心地がいいと思うのは・・・俺だけか???

ブログ / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2010/09/25 / 18:22

台風の影響か、朝から小雨混じり。そして、寒い。昼からは歯医者に行かなくてはならないので今季初めて革ジャンを着て外へ出た。EARTH CRISISのような気の触れた攻撃的姿勢のヴィーガン連中だの動物愛護団体だのがどんなに騒ごうが喚こうが、やはり革の質感というのは気持ちが良い。午後、治療を終えて出てくると雨はすっかりあがり、綺麗な秋の空が広がっていた。もう暑さがぶり返してくることもないだろう。

と、いうわけで・・・これから大久保EARTHDOMへライヴ見に行ってくる。

$I Don't Care About You!

ブログ / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2010/09/24 / 22:29

仕事で成田だのお台場だの東京タワーだの彼方此方。久しぶりに一日中車に乗っていたので腰が痛い。しかしお台場では全然道の分からない地方ナンバーの車がウィンカーも出さず、左右の確認もせず突然飛び出してくるわ、内堀通りでは隣車線斜め前を走っていたトラックから積み荷のアルミサッシの桟が数本、突然落ちてくるわで連休中日、娑婆では給料日でもある週末の都内は狂気に満ちている。

$I Don't Care About You!狂っていると言えば、職場近所にあるこの中華屋。看板の通り「その筋」ではかなり有名な店である。店頭のガラスケースには、モスラの幼虫か転覆したノアの箱舟か・・・といわんばかりに巨大な餃子の蝋型サンプルが置かれており、神楽坂周辺の観光客の絶好の写メ・スポットとなっている。勿論俺のようなハイ・カーストの人間は、こんなもの食べるわけがないだろ。

一見、人並み以上に食べ、酒は滅茶苦茶強いような勝手なイメージづくりがされている俺だが、所謂「大食い」は趣味ではないし、酒は全然飲まない。付き合いで行く事はあっても、自分から進んで「食べ放題」店に足を向ける事は無い。インドやタイ料理店ですら「ランチ・ヴァイキング」の時間帯には入らないようにしている。何と言うか「食べ放題」とか「バカ盛り」「大食い」って著しく知性の欠如した言葉だと思う。「TVチャンピオン」等で、口の周りを油だらけにしてガツガツと明日は無いか如く汚らしい食べ方をしているババァ(「魔女」だっけ?)を見るたびに、そう思うわけだよ、最近特に。

昨日は「食べる必然性が無い」と書いたもののやはり気になって、夜、お茶ノ水駅前「カレー屋ジョニー」へ。オーダーは、コルマ。コルマ・カレーは玉葱の甘みと僅かな苦みがカレー者を更なるスパイスの深淵へ誘い込む、カシミール・カレーと双璧をなす「デリー」の看板メニューである。その名を冠しているのだから多少の拘りはあるのだろうと思いつつ待つ事暫し。カレー臨場。

早速、いただきます・・・だが・・・これはコルマじゃないよな。確かに玉葱を長時間炒めて溶かしこんだ甘味は感じられるが、その玉葱を含めたすべてのフレイヴァーが「弱すぎる」。コクとか旨味というものが殆ど感じられない。不味くは無いが、すぅーっと何の引っ掛かりも無く流れてしまう感じ。まぁ最初から過大な期待はしていなかったし、こうなる事は半ば分かっていたのだがそれでも、アフリカ辺りのわけのわからないバザールで「adidas」のパチ物「abibas」のTシャツにノリ一発、先方の言い値通り$20 も出してしまったあとの「あ゛~~ぁっ!」感に近いものがこみ上げてくる。やはりどう足掻いたところで模倣は正統派、直系には勝てない。当たり前の話ではないか。

$I Don't Care About You!と、いうわけで・・・雨は降り続いているものの夜の散歩には涼しくて良い季節になりましたな・・・









ブログ / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2010/09/23 / 21:07

発売になったばかりの、凛として時雨 "Still A Sigre Vergin"CD を買いに行ったのだが、全く違うブツを買って帰って来た。Keme 「永遠の旅」CD。

$I Don't Care About You!このKeme さんというのはキノコホテルのギター、イザベル=ケメ鴨川と同一人物である。昨日以来YOU TUBEやオフィシャルHPで音は聴いており「カッコいいなぁ」とは思っていたのだが実際に店頭で音源を見たら食指が動いた・・・という次第。それだけ昨夜見たキノコのライヴが尋常ではないくらいに刺さったということなのだろう。


でもってアルバム。音は所謂「フォーク」なのだが・・・なんというのだろう・・・内側からグッとせり上げてくる情念のようなものをひしひしと感じる。タイトル曲「永遠の旅」なんて音は全然違うが、ガンフロンティア(漫画じゃなくて「荒野」「途上」の方ね)を思い出してしまった。ハスキーで力強い声と、ギターのセンスが堪らなくカッコいい。キノコのみならず、ソロ、そしてトーキョーキラーのライヴも見てみたい!



ブログ / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2010/09/23 / 20:17

小高い丘の城跡の
崩れかけた吾妻屋で、その子は父を待っていた。
この日の朝には帰る筈の父であった。
それが三ッ目の朝がとなり四ッ目の夜が来て
五ッ目の朝が、雨だった。
♪しとしとぴっちゃん しとぴっちゃん・・・♪

というわけで朝っぱらから、雨。昨日までの蒸し暑さが嘘のように今朝は、寒い。昨夜は部屋に戻って寝具の上に寝転がるや、そのまま眠ってしまい明け方、窓から吹きこむ寒気と猛烈な喉の渇きで目が覚めた、という次第。

俺は中途半端なのが大嫌いなので、ここまま最高気温が一気に18℃未満まで下がり、ロンTもパーカーもすっ飛ばして一気に革ジャン・シーズン到来!となってもらいたいのだがそう上手く行くもんじゃない。大体、それでは身体の調子がおかしくなる。

そんなわけで今日は夕方まで、一向に降り止む気配のない雨音を肴に読書したり、昨晩のライヴで入手してきたキノコホテルのCD&DVD ひたすら見まくり・聴きまくりとまぁ、終日のたりのたりかな・・・という非生産的一日。

夕刻、雨が幾らか小降りになったので外へ。夕食は何時ものインド又はタイ料理屋にしようと思っていたのだが、無性にジャンクなカレーが食べたくなり予てから気になっていた御茶ノ水駅横「カレー屋ジョニー」へ。最後に入ったのは屋号が変わり内装が一新されるる遥か前だったので・・・もう10年以上前の話だ。

券売機で、びっくりチキンカツカレー大盛の食券を購入して2階に上がり待つ事暫し・・・カレー臨場。一口食べて、すぐに気付いた。

  「これ・・・『デリー』のパクりじゃん!」

と。「デリー」のカシミールから辛さを大幅に減殺したソース4+コルマ6、という感じ。尤も、本家の味に慣れ親しんでいる身からすればあくまでも「模倣」の域を出るものではないのだが、少なくともあのクソ不味い「ゴーゴーカレー」と比べればアンドロメダ星雲とピョンヤンくらいの隔たりがあることは間違いない。

$I Don't Care About You!
  ソースの色といい油の浮き方といい、まんま「デリーのカシミール」だねぇ

メニューにはそのものズバリ「コルマ」「カシミール」があり写真を見る限り本家のそれと酷似しているのだが、果たして「ジョニー」は、例えば新川「デリー」のような「暖簾分け」、或いは浅草「下町カレー食堂コルマ」のように「デリー」の元店長氏がやっておられるいわば「公認分家」のようなお店と同じ家筋にあるのだろうか・・・・??まぁカシ&コルならわざわざ此処で食べる必然性も無いので今日はあえてオーダーしなかったのだが、さてさて・・・。

因みに、以前にも書いたとおり、俺はカレーを含む「真っ当な」インド、タイ、ネパール、シンガポール、パキスタン料理も大好きだが、同様の熱量で「おうちカレー」「洋食屋カレー」「チェーン系列ジャンクなカレー」も大好きである。唯一、大嫌いなのは「欧風カレー」だがその理由は過去ログの何処かに書いてある・・・筈。

ブログ / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

ホーム / NEXT