I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で


Entry.

2017/08/15 / 11:26

「南インド料理」というものが、ハッキリとした「料理のジャンルとして」日本に紹介されてどのくらいの月日が経過したかはわからないが、俺が「南インド料理」というものを「北インド料理」と明確に区別して考えるようになったのは銀座某店のシェフ某氏の「貴方が最初に私の店に来てもう9年くらいね。」という言葉、そしてそれから既に3年余の月日が経過していることを考えれば約12年前から、ということになる。

日本におけるインド料理店の草分けである三原橋「ナイルレストラン」と麹町「アジャンタ」は元々、南インド系のレストランであるが、南に特化した看板は出していなかったことから、当時「南インド料理店」を明確に謳う「ダバ・インディア」のような店自体が非常に稀有な存在であり、必然的に新しいものに目がない好事家や所謂「カレーブロガー」が「オフ会」と称して集い、そういう連中とバッティングして非常に、非常に、非常に不快な思いをしたことが幾度もあった。

siribaraji11.jpg

しかし昨今、都内においても「南インド」の看板を掲げる店が増え、そういう連中と遭遇する事故は激減した。しかし店の件数が増えることと、南インド料理に対する認知が広まる度合いは決してイコールではない。結局、何処に行こうが「バターチキンとナンとマンゴーラッシー」な奴等が増えただけではないのか、と思うことも多々ある。四川料理店で「北京ダックを出せ」と言っている連中と全く同じである。

とは言え、此方として選択肢が増えるのは大歓迎であるのも事実。神奈川に戻って以降、海産物にしろタイ料理にしろ美味い物が多い三浦半島に居を据えると積極的に「カレー」を追求する機会は減った。しかしやはり好きなことは事実。久しぶりに検索をかけてみると、あれこれヒットする。今でも古書を買いに行く神保町の近隣、水道橋にも1件、あるではないか。

siribaraji1.jpg

そんなわけで神保町「シリバラジ」。スタッフに聞いてみたところ案の定、中目黒にある同名店の系列だ。そちらではマイソール・マサラ・ドーサという巨大な三角形のドーサを食したことがあるが、こちらではヴェジ、ノンヴェジのミールスが用意されているのでそれらをオーダーした。

あとは写真のとおりである(笑)

siribaraji111.jpg

絵面でうまさは伝わらない。美味そうだ!と思ったらぜひ、足を運んでいただきたい。ヴェジ、ノンヴェジともに絶品である。カレーとバスマティライスのリフィルができるかどうかは不明。最近は食が細くなって以前のようにお代わりできなくなったのでね。

やはり、年を取ると食べられる量は減るのだよ。

スポンサーサイト

/ TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2017/08/13 / 18:54

埼玉から脱出できて、一番感謝していることは近くに常に海がある環境だが、二番目に感謝しているのは、食べ物が美味いことである。横須賀市街、居心地がよく、料理もうまい店が結構多い。海に囲まれ、また内陸には畑も多い三浦半島の地の利を生かし、新鮮な海産物と農産物が手に入りやすい。尤も、今回書くのは少し其処からは外れているのだが。

ren1.jpg

横須賀は大滝町にある鯨料理「連」。この町でクジラの刺身を食べさせる店は数件あるが、間違いなく料理の個性と種類ではここが最高であろう。

ren3.jpg

鹿の子、ハツ、睾丸、脂須の子等の刺身、ユッケ、タタキ等々、美味くて美味くて堪らない。血の滴る生肉好きには垂涎の店。また店のロケーションもどぶ板どおりの裏手とあって隠れ家的な雰囲気で、ネットで調べただけ、実体験皆無の浅い知識を振りかざして連れのバカっぽい女に蘊蓄傾けるチャラい貧弱男などとも遭遇せず静かに食事ができるのも乙。

ren4.jpg

今回は2回目の訪問だが、最初は自分も嫁さまもそれぞれ散歩の途中に偶然見つけて気になっていて、どちらからともなく言い出したというのがまた面白い。三国志(演義)の「赤壁の戦い」で周瑜と孔明が互いの策を掌に書いて見せたら双方「火」であった・・・という逸話を思い出す(本当かよ!)。

ren5.jpg

ともあれ、興味ある方は是非に!

/ TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2016/03/26 / 10:18

久しぶりの、京都。

本当は26~27日の週末に上洛の予定だったのだが、急遽予定が変わり、25日に日帰りで往復することになった。昼に車で新横浜まで行き、新幹線の切符を買おうとするも生憎、窓側はすべて満席。仕方なくグリーン車で京都へ。

京都駅に着いたのが1409。其処から用事を1つ片付けて1430。飯を食おうと思うものの、いつもく店も、また行きたい店も平日のため昼飯のラストオーダーは何処も1430で終わっている。京都まで来てチェーン店なんて最悪だ・・・と三条を歩いていたら1度だけ入ったことのあるシチュー専門店が目に入る。入り口で尋ねてみたところランチメニューでなければ出せるとのことなので入店。此方は初手から「ランチメニュー」なんてものには興味がないので問題なし。

飯を待つ間に役所へ提出する書類の最終チェックをする。

12670784_1015788605168659_3822915899550324035_n.jpg

ビーフシチュー到着。肉厚で柔らかな牛肉がうまい。ほっと一息。昼食難民にならずに済んだ。

店を出て、某区役所まで。書類を出して彼是手続きをして、受け取った書類をもってもう一つの重要案件を済ませ、北大路駅に着いたのが1700。京都駅の551蓬莱で土産を買い、新幹線の車内で点心飯テロを行いつつ新横浜についたのが2000。其処から高速飛ばして横須賀についたのが2050。

12821554_1015942868486566_1543024004850677708_n.jpg

自宅に戻り、相方ともども551をつまみつつ遅い夕食。定番の肉まん、焼売、そして知人からお勧めいただいた餃子はまさに「豚肉!!!」というぎっしりみっちりとした肉感に溢れ美味礼賛。ステーキやハンバーグとは違った意味で「肉、食った!」感満点。

379_1016027238478129_4018824657943895572_n.jpg

1465211_1016027248478128_4541459200803355922_n.jpg

というわけで、5年ぶりくらいの日帰りだったが、終わり良ければ総て良し、である。

/ TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2016/03/08 / 00:32

たまには前置きなしに始めてみよう!

先週金曜の夜、深夜ドライヴで鎌倉~逗子マリーナまで行き、横須賀中央に戻って真夜中25時の中華。「福泰飯店」で四川坦々刀削麺。

12806183_1001550126592507_2023450989058495896_n.jpg

土曜日。

久しぶりに銀座「デリー」でインド料理。

12804852_1001852276562292_795762142173506445_n.jpg
ジェンガー・ブナー・フワーと今月のマンスリー、ビーフカレー。

このビーフカレーがまったりしたコーンビーフのような味わいで非常に美味。うますぎて失禁するかと思った。

横須賀に戻ってどぶ板で買い物をしていたら小腹が減ったので「ヨコリシャス」でつまみ食い・・・とおもったら例によって巨大なブリトーだったのでほぼ満腹。

12799279_1001933826554137_1197060396405715522_n.jpg
これ1個で2000キロカロリーくらいはありそうな勢いである。

日曜日。

伊勢佐木町まで買い物に行き、本と中古盤CDを買ってから中華街までぶらり。新規開拓で「景徳鎮」の四川料理。

12791106_1002490756498444_7600598568136760206_n.jpg
四川式牛肉の薄切り激辛煮込み

12832380_1002490766498443_8833591943236684911_n.jpg
飛び魚の卵いり焼売

基本的には「福満園」と非常に近い味・・・というかメニュー本がとてもよく似ている・・・・比べたわけではないので即答はしないが「同じなのでは?!」と思ってしまった。

帰ってきて家族でインド/ネパール料理。馬堀海岸駅前の「デリシャス」へ。

12832347_1002598343154352_1283861755978383532_n.jpg
茄子のパコラ

12801328_1002598316487688_5676634849700011318_n.jpg
ズィーラ・ライスとマトン・マサラ。

相方はサーグ・チキンとターメリック・ライス。

横須賀でインド/ネパールといえば何といっても横須賀中央、大滝町の「ロイヤル・キッチン」なのだが、近場でマトンカレーが食べられるのは非常にありがたい。

おまけ。

米軍基地に住んでいたころは、よくフードコートへピザを買いに行っていた。バーガーキングに比べれば格段に安いからだ。12インチで10ドル程度なのだから如何に日本のピザ屋がボッたくっているかよくわかるだろ。とはいうもののたま~~~~~に食べたくなるのもまた本音。そんなわけで超がつくくらい久しぶりにピザ。

Cc9DvoMVAAAz3Lz.jpg

まぁ、たまにゃいいでしょう!

/ TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2016/03/01 / 00:40

最近、肉が食べたくて仕方ない。

というわけで先週末と今週末、横須賀中央の「ステーション・グリル」でステーキ。

先ずは先週末。

12799343_997662680314585_7245917743317108518_n.jpg
粗焼アンガスビーフ(300g)にベーコン&アボガド乗せ。

ステーキというよりはほとんどハンバーグなのだが、肉汁だくだくで非常に美味。しかし個人的にアボガドは要らない(苦笑)

続いて今週末。

この日は午後の前段、横浜のイタリアン・・・・崎陽軒本店2階にある「イルサッジオ」で昼食会。手ごろな価格のランチコースだったのだが、味も量もかなり満足度が高い。何より先方の御家族に「横浜の崎陽軒でイタリアン」というギャップを楽しんでいただけたのではないか、と自画自賛。店内に貼られた壁画がポンペイの生活を描いたものだというのもいいセンスをしている。

そして横浜から戻り、久しぶりに燈明堂へ行ってふうっと一息。

12795555_998626363551550_4718711341609382046_n.jpg

12321645_998626380218215_2500258009350166937_n.jpg

夜は横須賀中央まで自転車で行き、先週と同じ店でステーキ。

10406819_997662690314584_7192342936847249582_n_20160301002242870.jpg
サラダバー。クスクスがあるのが面白い。

12806204_998694683544718_3575747680798650016_n.jpg
ランプ肉(300g)のステーキにガーリック・ソースをブラッディ・レアで

因みにブラディ(Bloody)はレアよりも更に生で、焦げ目がついているのは表面だけ、中はほとんど生という焼き方。タランティーノの映画「パルプ・フィクション」でユマ・サーマンと飯を食いに行ったトラボルタがステーキの焼き方を尋ねられて "Bloody as hell" と答えている台詞から頂戴して、それ以降、時々使っている。米軍のレストランで言えば通じるが、日本のレストランでは「レアよりさらに生生で」と言い添えないと絶対にわかってくれない。

食事を終えて、自転車をどぶ板経由でヴェルニー公園へ向ける。今夜のどぶ板はやたらと迷彩服姿の兵士が多い。デルタ・マーケットの前ではアコースティック・ライヴをやっている。

CcTZnniUMAAD1Hc.jpg

CcTZoqpUsAAWxNO.jpg

2月も末となり、徐々に暖かくなってきた。港で夜風に吹かれているのが心地よい。




/ TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2016/03/01 / 00:19

中華を食っている気がする。

たまには中華街でも新規開拓を・・・広東料理もいいじゃないか・・・と思うもののやはり辛い四川料理店へ行ってしまう。特に「京華楼」本店は料理がうまいのは無論のこと、厨房の前にカウンター席があり、鬱陶しい観光客やDQN家族と動線が交わらなくてありがたいので、ついつい足が向いてしまう。

12745602_998082840272569_2489077120970867176_n.jpg
牛センマイの麻辣煮込み

辛いというよりは「痺れる」刺激のほうが遥かに大きいい一品。火鍋でもそうだがホール(丸ごと)で使う生山椒の破壊力は本当に素晴らしい。口の中の感覚が完全に麻痺する。

12803261_998082850272568_339451774832610760_n.jpg
四川牛スジ刀削麺

目の前の厨房で中国人と思しきコックが刀削麺を削ぎ落として料理しているのが見えるのがまた、いい。盛り上がる。

12804877_998082866939233_6494881347265861845_n.jpg
黄金餃子。

先週食べた翡翠餃子同様、これも多分「ハレの日」メニューなのだろうが、予想よりもはるかに美味でよかった。

店を出てほうれん草の入った翡翠餃子を1パック贖い、家にいる相方への土産にする。それからぶらっと山下公園まで行き、船で横浜駅東口まで。

10660109_998109713603215_5444094917189130566_n.jpg

11694898_998109740269879_7838831429620229518_n.jpg
2日前は車を運転して渡ったベイブリッジを船から見る、というのも乙なもんである。

12803111_998109750269878_3161476250512091225_n.jpg

12794438_998109763603210_2850559931229991898_n.jpg




/ TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2016/02/21 / 20:05

先週の火曜日、起きたら右足の甲が痛かった。

そのまま出勤したのはいいが、時の経過とともに痛みは増し歩行が困難になったので病院へ。筋違いでもないし捻挫でもない・・・血液検査をしたが痛風でもない。まったく原因がわからない。ただ右足甲の1か所、直径約3cmの範囲だけがやたら痛いので何らかの形で黴菌が入って炎症があるのではないか・・・と抗生物質と痛み止めを処方され4日目の土曜日。ようやくビッコを引き引き遠出できるようになったので、野暮用を片付けに横浜まで。

伊勢佐木町の有隣堂で本を買った後、昼飯は中華街へ。途中、関内のディスクユニオンを覗いたらVOIVODの新譜と横須賀ハードコア、ECHO"Victor Four" の中古盤があったので買おうと思ったのだけど、なんかアナログLP持ったジジィ共がクソみたいに並んでいたので買うのをやめて店を出る。雨は増々激しくなり、おまけに足も痛くなってきた。ちょっと贅沢してタクシーで加賀町署前まで。そこから通りを渡って四川料理の「福満園」を覗くと・・・なんとガラガラだ。珍しい!

DSC_3923.jpg
スペアリブのブラックソース。シンガポール料理にも同じ名の料理があるが、シンガポール式はたれが甘口、こちらは酸味があって酢豚のあんかけ風。

DSC_3925.jpg
翡翠餃子。見た通り。再三書いている通り「街の中華屋」「スーパーの餃子」とは全くレベルの違う逸品

DSC_3927.jpg
四川風海鮮激辛そば。ぷりっぷりのエビやホタテの食感が乙。思ったほど辛くない・・・とうかこのくらいがちょうどいい。考えてみると刀削麺や焼きそばは食べてもこの手の温麺は滅多に食べないので少し新鮮な感じがした。

中華街を出て、地下鉄で横浜駅へ。ちょっと所用があって東口の崎陽軒本店に立ち寄ったので、土産を買う。「シウマイまん」である。

12715375_994238440657009_7984651211375672666_n.jpg

12717388_994238450657008_6791835087034550651_n.jpg
一個一個、崎陽軒のキャラが焼き付けてあるのがかわいい。

見た通り、直径5センチほどの饅頭の中に崎陽軒のシウマイが入っている。もともと冷えても美味い・・・というかガキの頃、崎陽軒のシウマイは国鉄の大船や逗子、藤沢駅で買ってもらうもの、つまり駅弁だと思っていた・・・シウマイなのでこんな形もアリかな、と思う。実際、買って帰って相方とパクパクつまんでいたら、すぐに無くなってしまった。

そんなわけで、最近はやたらに中華を食べているなぁ・・・と思った雨の横浜。

/ TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2016/02/14 / 23:39

性ヴァレンタイン・デー。

昨夜半から午前中までは酷い雨風だったが、午後からは陽が出て暑くなった日曜日。ぶらっと横浜まで。いつもなら横浜駅からみなとみらい線で元町中華街まで行ってしまうのだが、今日は珍しく根岸線を関内で下車し、伊勢佐木町をぶらり。有隣堂の本店で本を3冊買って、横浜スタジアム経由で中華街まで。2月とは思えない暖かさで革ジャンを着ていると汗ばむ陽気である。雨が上がり、中華街の路上は観光客でごった返している。関帝廟前で記念撮影する群れを躱して毎度の「京華楼」で四川料理。

DSC_3812.jpg
焼豚の蜂蜜漬け。とろりと甘い。お菓子のような感覚でとても美味しい。

DSC_3813.jpg
激辛スペアリブ。こちらも豚肉。

スペアリブとはいっても「肋骨ドーーーン!」ではなく小さく断ち切られているので食べやすいか・・・と思いきや、一欠片ずつ口に運んで骨を取る、という作業を繰り返すので、蟹を食う時のような無言の行となる。尤も一人で行ってるので無言で食うに決まっているのだが、最近は一人なのに何やらブツブツつぶやいている、あるいは虚空を見つめながらニタニタするキチガイが多いので、俺はそういう手合いではないと言っておきたかっただけの話である。

メニューに「激辛」とあるように写真の通り、赤唐辛子まみれで刺激的なブツである。口の中が痺れたら、焼豚の皿に残っているハチミツを一舐めするといい。舌の感覚が元に戻る。

DSC_3814.jpg
杏仁豆腐。

〆の一品。最近、「街の中華屋」ではない「レストラン」に行ったときはデザートを食べる頻度が高いのだが、自分の中ではウィニングラン的な感覚でゆっくり速度を落として席を立つ、みたいな緩衝材的な役割を担っている。


/ TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2016/01/18 / 01:28

美味いものは美味い!

最近、相方が料理に目覚めたらしく、あれこれ試行錯誤しながらご飯を作ってくれるのが嬉しくて堪らない。何が凄いといって、全然レシピなどを調べていないらしいのだ。頭の中で「この食材をこう調理して、この調味料とスパイスを使うと、こういう味になるだろう」という絵が描けてしまうというのだから驚く。完全な理系脳である。そしてまた、味が素晴らしいのだから驚く。

先日も日本蕎麦(生そば)を買って来たら、つゆを俺が使う「にんべんのめんつゆ」など使わず、出汁と味醂で自作していた。そしてこのめんつゆが京風出汁の効いた逸品だから素晴らしい。

そして作った料理や使った食材、調味料、完成時間に至るまでをカード(大きな付箋紙)に書いてノートにペタペタ貼っている。これ、「知の巨人」と言われた梅棹忠夫先生が提唱した「知的生産の技術」そのままではないか!!!!

DSC_3516.jpg
人生で「卯の花」がこんなに美味いものだとは思わなかった!

DSC_3521.jpg
ナムル風温野菜。「この味付け、何を使ったの」と尋ねると「鍋用の白湯スープのブロック」だそうな。発想の転換ではないが、こんなに味が染みるものなのか、と感心する。

なんだか生活がますます楽しくなってくる。

とまぁ充実した家ご飯を堪能しつつ、外でも食べますよ・・・と。

その相方が「ライダースの革ジャンを買う。」というので一緒にアメ横へ。当初はシングルを買う予定だったのだが、合わせてみたらダブルのロンジャンが非常にカッコいい。図らずも、ロンジャンのペアルックである。

御徒町まで来たら「アーンドラ・キッチン」で昼飯。

DSC_3530.jpg
自分は「スペシャル・ミールス」、相方は「レディース・セット」。ちゃんとカレーの選択で「ラッサムを」、飲み物は「スパイシー・ソルト・ラッシー」というところが素晴らしい。

DSC_3532.jpg
久しぶりに食べるアーンドラ・キッチンのミールスなので食が進む、進む。バスマティ・ライスだけで軽く3人前は食べているのではないか、という勢いである。

帰り際、振り返ると厨房からインド人スタッフがみんな、手を振ってるのが嬉しかったね♪♪♪

このあと、相方は京都へ一時帰省。俺はそのまま横須賀へ帰宅。

そして日曜日。俺は一人でぶらっと横浜まで。加賀町署横の「福満園」へ行くもまた満席で(というか貸し切りだよ!午後3時半だってぇのに!)入れず。そんなわけで毎度毎度の「京華楼」で四川料理。

DSC_3546.jpg
先ずはご飯。京華楼特製炒飯。ピリ辛風味でおいしい。

DSC_3550.jpg
本日のメイン。「重慶風血豆腐入りスタミナ鍋」

血豆腐というのは初めて食べた。豚の血を固めたものなのだが、レバーの色をした杏仁豆腐という感じの食感。これにエビ、イカ、ホタテ、豚肉、牛のセンマイ、エノキ、シメジ、そして「これでもか!」と赤トウガラシが投入された逸品。見た目ほど辛くない・・・が、食べているうちに体が火照って鼻水がつーっと出てくる。寒い冬の日にはうってつけの料理である。

この後、〆の杏仁豆腐でクールダウン。やはり中華街、以前も書いた通り「町の中華屋」とはステージの違う料理を堪能できる。

そんなこんなで、自分にとって充実した食生活は、充実した仕事と私生活を支える重要な要素である・・・という毎度のオハナシ。




/ TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2016/01/02 / 00:04

年の変わり目に食したもの彼是。

西荻窪「シタール」でインド料理。

DSC_3321.jpg
ラムショップ・ビリヤニ

DSC_3320.jpg
ダール・タドカ

最近は家ご飯が多く、飯を作ってもらっている。思いのほか、美味いのである♪

DSC_3333.jpg
茄子の田楽、鱈とキノコのホイル包み焼き、

DSC_3342.jpg
小松菜と玉子のマヨネーズ炒め

DSC_3334.jpg
アサリの酒蒸しと小松菜のお浸し

DSC_3341_20160101235256923.jpg
麻婆(豆腐+茄子+ピーマン+エノキ+しめじ) 花山椒を加えると滅茶苦茶美味い。

DSC_3346.jpg
年越しは鰊蕎麦。 美味礼賛!

次は外食。

毎度おなじみ、横須賀の「市場食堂」にて

DSC_3331.jpg
照り焼き定食

1917675_965921936821993_5991180461059078500_n.jpg
鯨の竜田揚げ

続いて新規開拓・・・というか元旦で上記の店が開いてなかったので「磯丸水産」で夕食。

12274578_967714553309398_6517524155857078391_n.jpg
鮪の尾身ステーキ

1916973_967714573309396_992360645363038122_n.jpg
刺身盛り。甘海老がデカい!!!

600363_967714603309393_1237114377121911982_n.jpg
鮪のヅケ丼

1918559_967714583309395_6061320451918975922_n.jpg
穴子の1本握り 2カン

というわけで今年も美味いもの食べようぜ!!!



/ TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

ホーム / NEXT