I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で


Entry.

2016/04/04 / 00:19

天気予報は曇りの筈だったのだが、朝から雨・・・いや、夜中から降っていたのかもしれない。

おかげさまで外に干しておいたバスタオルはぐっしょり濡れている。雨の週末は気が重い。しかしそんなことも言ってられないので、気を取り直して外へ出る。時は4月。桜の季節である。俺も市井一般の人々のように、桜の写真でも撮ってアップしてみようじゃないか、と柄にもない事を考え、電車に乗って県立大学前まで。此処、今でこそ「県立大学」なんて如何にもな地名になっているが、ちょっと前までは「安浦」・・・横須賀最強の赤線地帯である。俺が今の職に就いた平成4年頃にして「安浦に行けば5000円で○○○が出来る」と言われていたものだ。

そんな県立大学駅の高台に海上自衛隊田戸台分庁舎はある。旧帝国海軍横須賀鎮守府司令長官官舎・・・である。此処が桜の季節、約10日間だけ一般開放になるので行ってきた。

駅から歩くこと約10分、立派な門構えの前で冬制服を着たWAVEが笑顔で出迎えてくれる。いい感じじゃないか。

DSC_4315.jpg

DSC_4322.jpg

桜は暖かな気候のせいか、ほぼ満開状態。邸内に入ると入り口にずらりと並んだ日の丸と旭日旗。内部は司令の執務室、会議室、居間、応接室、そして舞踏場となっているのだが、人が彼方此方にいるので舞踏室しか写真は撮っていない。しかし調度品等を見るとやはり帝国海軍、只者ではないと感心させられる。陸軍ではこうはいかない。良いものを見せてもらった。

官舎を出て京急に乗り、能見台下車。昼飯は南インド料理店「ガネーシュ」で久しぶりにミールスとマドラス・コーヒー。

DSC_4323.jpg

日本人が料理するミールスとしては間違いなく最高の地位を要求できるであろう逸品。美味礼賛。

店を出ると雲間から薄日が差している。当初はこのまま横須賀中央まで戻るつもりだったのだが少し予定を変えて金沢八景で下車。シーサイドラインで八景島へ。仕事の時、車で近くは通ったことはあるが、自分の足で来たのは初めてだ。特に珍しいものがあるわけではないのだが、海辺を歩いていると風が心地よいのでそのままブラブラ。

DSC_4329.jpg

DSC_4331.jpg

DSC_4333.jpg

こんな穏やかな日に、並んでまで水族館の切符を買って入りたいとは思わない。

その後、京急で汐入まで戻り、どぶ板をぶらっとして諏訪神社へ。

DSC_4337.jpg

此処も桜のポイントではあるのだが、いい具合に客は誰もいない。基本的に「海軍カレー」で有名な魚籃亭より上、諏訪神社とか聖ヨゼフ病院の辺りまで観光客は来ないからだ。

というわけで、午後はのんびりぶらぶら桜と海を見て戻って来ただけ。まぁこんな週末があっても良い。

スポンサーサイト

横横沿線 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2016/04/03 / 00:25

4月1日、エイプリル・フール

横浜マリンタワーへ。今月、神奈川住民は半額で展望台まで登れるのでラッキー。午後4時の展望台は俺達の他に客は1名しかおらず貸し切り状態。曇ってはいたが、おなじみの横浜港がやたらくっきりと見えている。

DSC_4276.jpg

DSC_4275.jpg

DSC_4278.jpg

DSC_4279.jpg

DSC_4282.jpg

横浜でいつも中華とかシンガポール料理では能がないので、たまにはちょっと気取ってイタリアン。マリンタワー4階のレストランで晩飯。

DSC_4294.jpg

DSC_4289.jpg

DSC_4293.jpg

DSC_4296.jpg

DSC_4297.jpg

DSC_4299.jpg

此方もほぼ貸し切り状態。ゆっくり夜の帳が降り始めた横浜港の夜景を肴に料理をいただくのは至福の時である。

というわけで、この度、めでたく入籍いたしました。

おめでとう。

そして・・・・ありがとう。

横横沿線 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2016/03/29 / 23:50

横須賀は住みやすくていい街だ・・・が、しかし大きな本屋が無いのが玉に瑕。

というわけでデカい書店に行きたければ横浜か藤沢へ行かなくてはならない。日曜日は気分を変えて藤沢まで。その途中で逗子で一旦車を止めて、予てから行ってみたかったインド料理店「スパイスツリー」へ足を向けたのだが長蛇の行列が目に入り、速攻で踵を返す。

仕方ないので駅に程近いところで「タイ料理」の看板を出している「アロイ」という店へ。入って店員とメニューを見た瞬間、こなけりゃよかった、と後悔した。韓国人がやってる「タイ料理」屋じゃないか、此処。仕方ないので「牛肉のレッドカレー炒め」を注文し、辛さが変えられるか尋ねてみると「勿論です!」というので「では、タイ現地で出しているのと同じ辛さと味付けでお願いします」と言ったところ

「タイ現地の辛さと言ってもお店とシェフによって違いますよ。激辛から2倍3倍とありますから」

なんてクソみたいな言い訳する。なんだ、その「2倍、3倍」ってのは。日本によくある「辛さだけが取り柄」のバカみたいなカレー屋じゃああるまいし・・・と思ったが、取り敢えず「激辛で」と頼んでみた。

12717872_1017747961639390_878883326498268628_n.jpg

待つこと暫し。出てきたのは一見「それ風」だが箸をつけてみれば案の定「なんちゃって」料理で、おまけに全然辛くない。これとバスマティライスを出しておいて箸で食えというのも腹が立つ。タイ料理だったらフォークとスプーン持って来い。コイツら絶対、タイ現地で修行なんかしていないのだろう。日本人をナメてるのかと思った。

同じメニューでも横須賀の「タイエラワン」のそれとは、全く別物。こういう「なんちゃって」をカマされると尚更前出店や吉祥寺「ランサーン」のように「マトモな」タイ料理が恋しくなる。

店を出て、此方も超が付くくらい久しぶりに「珠屋」でパフェでも・・・と思いつつも店に入ってみれば観光客のババァばかりで混み合っている。俺が子供の頃は地元民しかいなかったというのに最近は何処へ行っても「ネットで見た」観光客だらけで本当に疲れてくる。

12439453_1017898968290956_6566950749631452053_n.jpg

八幡宮で一休みして、電車で藤沢の「有隣堂」へ。途中、大船駅でぶつかって来たデブの白人野郎が居たので思いっきり舌打ちしてやったら無視したので今度は "Shit, BITCH!!!" と言ってやったらいきなり顔色変えて "Say what?!!!" なんて叫びやがった。あんまり日本人をナメるんじゃねぇよ、白ブタ野郎。お前みたいに腐った奴は "Bitch" で十分だ。

12932837_1020187964728723_8036572765388001191_n.jpg

藤沢の有隣堂で本を買い、また逗子から車に乗って横須賀へ。結局、疲れただけだったな・・・・まぁ、こういう日もあるさ。

横横沿線 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2016/03/14 / 23:03

先週末は雨の予報が出ていたのだが、運よく降られることはなかった。

最近は以前のように都内に行くより横浜横須賀周辺でブラブラしていることが多いのだが、土曜日は久しぶりに自転車に乗る。夕方5時から車両保険の更新&見積もりの要件で横須賀中央の窓口へ行く予約をしてあったのでそれまで時間をつぶす。

16号線を北上し、ぶらっと安針塚まで。三浦按針の墓がある…以外は何もない場所であるが・・・

DSC_4112.jpg

横浜ベイスターズの総合練習場があった。練習場の裏手に自転車を止め、北側から横須賀港を見る。

DSC_4109.jpg
全景

DSC_4106.jpg
アップ1

DSC_4107.jpg
アップ2

ここまで北上すると空母ロナルド・レーガンが見える。ヴェルニーからでは山の陰になって見えないのだ。

練習場の前を通ると、選手がたくさん出てくるところに遭遇した。

敷地を出て、高台の安針台公園へ自転車を向ける。坂が急すぎて、自転車を押して登っているとエンジニア・ブーツの中で靴下が脱げそうになる。

DSC_4116.jpg
全景

DSC_4119.jpg
アップ1

DSC_4117.jpg
アップ2

ここまで登ると港の全景がよく見える。もっと近くで見たい方は謎の「第二臨海公園」を探してみてね。

DSC_4121.jpg
横須賀線の軌道。

鎌倉と同様、横須賀も市街に入るには山をくり抜いて作られた切通しを抜けないと行けない。

毎度のヴェルニー公園。

DSC_4124.jpg

DSC_4126.jpg

考えてみると、潜水艦やイージス艦が「ごくごく当たり前の日常として」見られる公園ってのは凄い。

予約時間までまだ少しあるので駅前の「市場食堂」で鮪丼。やはりマグロはトロより赤身のほうがおいしい。

DSC_4128.jpg

いや、脂身(トロ)も嫌いじゃないが、たくさん食べたいと思わないんだな、これが。

夜中になってから、追浜の先まで車でドライヴ。

DSC_4134.jpg
夏島町24時。

こういう工場地帯の誰もいない海辺というのもいいものだ。

観音崎を回って、25時のマボチョク。

DSC_4100.jpg

DSC_4096.jpg

車内で聞いていたFM横浜の番組で、加藤雅也と石橋凌が話している。途中、松田優作の「横浜ホンキートンク・ブルース」が流れた。いい感じだね。

では、おやすみ!

いい夢見ろよ!!

横横沿線 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2016/03/01 / 00:04

金曜の夜、気分は上々、革ジャンを着て、俺はバイクにまたがるぜ!

ってのは SAXON "Stallions Of The Highway" の歌詞だが、時は土曜の夜、着ているのはEYEHATEGODのパーカーで、乗っているのはバイクじゃなくてBMWである。

3泊4日の泊り仕事が終わった土曜の夜、車で深夜のドライヴへ。三浦半島を横断して鎌倉まで。鶴岡八幡宮の鳥居前でUターンして逗子マリーナへ・・・と思っていたのだが、考えてみるとこれまで逗子マリーナへは歩いて行ったことは何度もあるが、乗り物で行った事がない・・・ので小坪へ降りる道がわからない。どうやら134号線のアンダーパスを通らないと行けないらしい。仕方ないで逗子海岸を超えて葉山まで。

葉山マリーナ24時。

12798951_998307023583484_1663667649609983313_n.jpg

12794556_998307036916816_3562811888928803197_n.jpg

そして先日訪れた佐島マリーナ25時

1426129_998307053583481_8670047723463830867_n.jpg

10698467_998307066916813_7881515187636431203_n.jpg

三浦半島をぐるりと回って・・・久里浜港26時。

12791127_998307080250145_9131971828507307812_n.jpg

12805793_998307093583477_1510879928170349181_n.jpg

いつも見慣れた港も、人っ子一人いない真夜中に見せる顔は全く違う。まさに「真夜中は別の貌」である。俺は基本的に、人が映り込んでいる風景は大嫌いなので、この静かで誰もいない夜の港はとても気持ちがいい。

車やバイク、或いはスキューバダイビングでもいいが・・・・人には、一人きりになれる時間tってのが大切なのだ。



横横沿線 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2016/02/22 / 00:08

春一番も吹き、暖かくなるのはいいものである。

土曜日は生憎の雨模様だったが、日曜はカラッと晴れた。おまけに春のような暖かさである。金曜の深夜に行った城ケ島へ行ってみようか・・・しかしどうせ三崎方面はクソみたいに渋滞しているに決まっている。だったら逆方向だ・・・と佐島まで。

これまで看板は何度も見てきたが足を踏み入れたのは初めての佐島、そして天神島。この島には自然文化博物館とマリーナしかない。観光客も少ないので結構な穴場である。おまけに景色は素晴らしいときている。

DSC_3932.jpg

DSC_3934.jpg

マリーナに車を止めて昼飯。

DSC_3941.jpg

DSC_3949.jpg

テーブルは当然、オーシャン・ヴュー。喫茶の方は客がちらほらいるが、レストランの区画は俺一人。鬱陶しい観光客がいないのは本当に気持ちがいい。

以下、昼のコース。

DSC_3940.jpg
三浦野菜のサラダ

DSC_3942.jpg
地ハマグリ入りクラムチャウダー

DSC_3946.jpg
牛タンの煮込みと鮮魚のポワレ 青木農園の野菜添え

DSC_3947.jpg
自家製季節のタルトとフルーツ

これにフランスパン3つ(お代わり可能らしい)と紅茶がついて2300円はかなりお得。牛タンの(ビーフシチュー)煮込み、美味すぎる!!!

食事のあと、磯をぶらり。

DSC_3953.jpg

DSC_3954.jpg

DSC_3959.jpg

同じ三浦半島でも佐島や武山、秋谷といった西海岸と、俺が住んでいる東海岸では全然違う。そして三崎や油壷といった半島の突端とも違う。東京湾に面した東より、やはり相模湾に面した西のほうが穏やかで温暖な気がする。今日のような気持のいい日は余計にそう思うのかもしれない。

しかしどこへ行っても海はいい。これでまた月曜から仕事をしよう!という気になるではないか。

横横沿線 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2016/02/21 / 23:37

金曜の夜・・・・

晴れていて気持ちがよかったので、車で深夜のドライヴ。当初は横浜川崎方向、大黒辺りか工場の夜景でも見に行こうかと思ったものの、どうせ県外ナンバーのDQNが流入して不快な気持ちになるのは真に見えているので、真逆の三浦半島へ。向かった先は、城ケ島。考えてみるとおまの仕事に就く前、友人と来たっきり○十年ぶりである。しかし今日は真夜中である。別に魚を食おうとか、そういう野望がないので気が楽だ。

Map12.gif

明るい時ならこんな感じ(↑)でも真っ暗だから、こんな感じ(↓)

DSC_3902.jpg

DSC_3888.jpg

城ヶ島公園内をぶらぶら。午前0時を回れば当然、人なんかいない。駐車場は夕方で閉鎖されるが、公園自体は24時間空いているので車を門のところに止め、歩いて入る。園内数か所にある展望台からは、真っ暗な海が見て取れる。白く砕ける波が満月の明かりに照らされて幻想的な風景が現出している・・・が、スマホのカメラ程度ではそんな魅力の1割も伝わらない。

公園を出て、車で三崎漁港をぶらり。

DSC_3916.jpg

DSC_3915.jpg

DSC_3917.jpg

何もない、誰もいない25時の漁港。静かでいいものである。

このあと、海沿いを走って久里浜経由で帰宅。結局、寝たのは午前3時だった。

横横沿線 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2016/02/15 / 00:21

食事してから、ぶらっと山下公園。

山下公園といえば、氷川丸・・・なのかは知らないが、小学生のころ、母親と一緒に来て以来、○十年ぶりの氷川丸乗船である。いつもはもっと遅い時間に来るので見学時間が終わっているのだが、今日は珍しく4時前に此処にいる。これも何かの縁だろう。

DSC_3817.jpg

DSC_3818.jpg

船上から見る、横浜港の景色もまた、いいものだ。

DSC_3820.jpg

DSC_3821.jpg
機関室。

こういうのを見ていると興奮してくる。あくまでもメカニズムとして。こういうところで働きたいとは全く思わないが。

氷川丸から下りて、マリンタワーへ。今日は30階でウェディング・セレモニーをやっており貸し切りらしいので29階まで。前回来たときはエレベーターが上昇すると同時に、CKBの「マリンタワー・ゴー・ゴー」が流れていたのだが今日は普通のインストでがっかり。

DSC_3825.jpg

DSC_3827.jpg

とはいえ、やはりベイブリッジ~本牧に伸びる高速道路のライン、そして林立するクレーン群の景色は何時見てもいいものだ。港のクレーン、最高!!!

DSC_3832.jpg

2階へ下りてグッズショップへ。今年はマリンタワー開業55周年なので、クレイジー・ケン・バンドとのコラボグッズ (クリック!)が何点か販売されている。

昨夜のコンサート会場でツアー・グッズを買わず、此方でコラボTシャツとステッカーを買うという(笑)

マリンタワーを出てシーバスで横浜駅東口のベイクォーターへ行こうと思っていたのだが波のためか風のためか、本日欠航とのことで地下鉄と京急で横須賀へ帰る。

そんなわけで毎度おなじみ横須賀の海。

12654347_988682787879241_1157395286144800114_n.jpg
先日の「建国記念の日」海自艦に記念日の装飾

12742602_988682801212573_425159442480716983_n.jpg

12654266_988052934608893_7392772627625143436_n.jpg
最近、スマホのズーム機能はマニュアル操作にしないとうまく働かないことに気付いた。そんなわけで対岸の富津コンビナート。

では、また。

横横沿線 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2016/01/18 / 01:47

ひとつ前のポストに続いて、中華街で昼飯を食べた後、ぶらっと横浜。

DSC_3552.jpg
関帝廟。

職業柄「商売繁盛」では困るので参拝したことは一度もない(笑)

その関帝廟の斜め向かいにある "Suzy Won's Souvenir Shop" (横山剣さんの御両親が経営しておられるCKBオフィシャル・グッズと輸入雑貨を扱いう店である)でシャツとステッカーを入手。

DSC_3564.jpg

DSC_3565.jpg
タグが洒落てる。"Made In Galaxy" である!

DSC_3566.jpg
マリンタワーとのコラボ・ステッカー

DSC_3567.jpg
お店の袋も「イ~ネっ!」

この日はマリンタワー開業55周年企画としてマリンタワー内でCKBが出演するイヴェントライヴがあったのだが気が付いた時にはもうソールドアウトになっており、残念無念。

山下公園まで行ったら雨がポツポツ降り出した。

DSC_3555.jpg

戻って地下鉄の乗ろうとすると「1645発、横浜駅東口行のシーバス乗船の方、お急ぎください」のアナウンス。まさに「渡りに船」である。チケットを買って船に乗る。俺のほかに客は2組。ガラガラでよかった♪

DSC_3557.jpg

DSC_3562.jpg
 
横浜駅東口まで約15分の船旅である。東京湾とはまた違った趣があっていい感じだ。

あとはおまけ。毎度おなじみ、横須賀から見る東京湾。

DSC_3543.jpg

DSC_3520.jpg

DSC_3508.jpg

DSC_3504.jpg

DSC_3501.jpg

最近になってようやく、スマホのカメラに「ズーム機能」がついていることを知った・・・が、ズームにしてもたいしてクリアに写らない。俺の目にはアクアラインがクッキリ見えているのに、写真ではボヤっとしか見えていない。

というわけで、そろそろ寝るか・・・

横横沿線 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2016/01/04 / 18:39

世間様は今日、4日が仕事始めの職場も多いのだろうが、俺は5日から出勤なのでまだのんびりしている。

昨日は、久しぶりに県内の実家に戻り、諸々の要件を片付けて夜に戻ってきた。やはり正月くらいは親が作った煮物や雑煮を食べるのもいいものだ。

往路は横横を使って来たので、復路は藤沢街道で江の島まで下り、其処から134号線で横須賀を目指すコースをとる。この時期ならもう空いてるんじゃないか?という思惑を見事に裏切り、鎌倉まで国道は大渋滞である。

DSC_3414.jpg

DSC_3415.jpg

DSC_3416.jpg

しかし冬だというのに凄い人出である。七里ガ浜の有名カレー店「珊瑚礁」の前には100人近い客が行列しており、その姿は映画「ブラックホーク・ダウン」の冒頭で、空中から投下された国連の支援物資に群がる難民を彷彿とさせる。大宮、所沢、熊谷なんてナンバーの車で朝早くから憧れの湘南を目指して必死に出てきたような連中からすれば「七里ガ浜に来たからには何としても珊瑚礁でカレー食べて帰らないと元が取れない!!!!!!」ということなのだろうが、凄まじい執念である。そのエネルギーを変換して発電に利用すればいいのに、と思う。

加えて、江ノ電の鎌倉高校前駅がチロルの村みたいな電飾に覆われており、たいそう驚いた。そういうのを見て喜ぶダサい観光客をターゲットにしてるのだろうが、本当に野暮ったい。

そんなわけで、逗子を過ぎるころにはすっかり暗くなってしまった。葉山まで行ってついに我慢できなくなり逗葉新道を使って横須賀へ戻る。

渋滞に巻き込まれ、相方ともども腹ペコである。今夜はとにかく、焼いた貝が食べたかったので先日入った「磯丸水産」で晩飯。スタッフの子がちょっと武井咲みたいで可愛かった。

DSC_3418.jpg
赤エビの桶盛り

DSC_3420.jpg
貝の盛り合わせ。自分で網使って焼くのが楽しい。

DSC_3419.jpg
鮪のほほ肉焼き。

というわけで初日の出から始まって、滞りなく三賀日を終えることができた。多謝。

そして明けて4日。明日から仕事なので少し体を慣らしておかないと・・・とステーヴィー・レイ・ヴォーンを聞きながら新春走り初め(笑)

DSC_3429.jpg

DSC_3427.jpg

DSC_3435.jpg

昼からちょっとだけ職場に顔を出して・・・とはいえ誰も出勤してないのだが・・・また海を見ている・・と。

_20160104_154852.jpg

さて、海を見たらエネルギー充填100%である。明日から仕事するぞ!

でもって早く3連休にならないかな(笑)






横横沿線 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

ホーム / NEXT