I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で


Entry.

--/--/-- / --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP

2017/09/03 / 11:41

横須賀に転居して早3年。此方のハードコア・シーンは本当に面白い。そしてフレンドリーで楽しい。元々、戦後はアメリカから多大な影響を受けてきた町である。町中に外国人やハーフの人たちがいるのが「ごくごく当たり前の日常」であるので、「違い」や「異質なもの」に対する許容範囲が大きい。そしてそれを排除しようとはしない。共存共栄が基本である。

そんなわけでハードコア・シーンもUKよりUSの影響が大きい。昨年の忘年会でも「俺、ハードコアの聞き始めは DISCHARGE とか BROKEN BONES、CHAOS UK で」と言ったら「え~!UKだったんだ!」と驚かれたのはとても面白かった。昔から「横浜横須賀ハードコアの特色」と言われる所以である。

というわけで先週26日に「かぼちゃ屋」で開催された "Radical Mosh Gig Vol.12" に参戦。Vol.11 は昨年、二十数年ぶりに復活して今年が復活後2回目。フライヤーも企画Tシャツも昨年以上に気合入りまくりでカッコいい。

21149981_1616342935113220_7407739595586238791_n.jpg

今年のラインナップは出演順に、HELLIXXX、666-Three Six、OIL SHOCK、DES-POZ、D.O.T.、BATTLE ATTACKER の6バンド。東京のD.O.T.以外はすべて横須賀拠点のバンドでロコ感覚満点。そして今回最大の話題は、25年ぶりのBATTLE ATTACKER 1夜限りの復活である。これはもうじきイタリアのF.O.A.D. Rec. からベスト盤が出るから、という理由での復活なのだが、現役で活動していた当時・・・80年代から90年代の横須賀ハードコアのシーンは自分にとって「同じ神奈川県内に住んでいても謎」だっただけに、その伝説に触れることができたのは幸運としか言いようがない。またOIL SHOCKのセットリストで、これまた横須賀伝説の CRAZE CROW の曲をやってくれたのも感動。米海軍の客達も交えて「此処は80年代のボストンか!JERRY'S KIDSのライヴか?!」と言いたくなる文字通り「RADICAL MOSH」な肉弾戦を体験できたのも楽しかった。

21077717_1616342988446548_8480643759716260324_n.jpg

このライヴの前に参戦したNIGHT FEVERの日本ツアー共々、本当に濃くて楽しい時を過ごせて感謝感激である。早くバトル・アタッカーの音源が聞きたいものである。

スポンサーサイト

音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2017/08/27 / 22:15

漸く体調も回復してきたので久しぶりにライヴ参戦。

20476284_272365129912935_4093256199267485606_n.jpg


メインは此処約10年間に出てきた海外ハードコア・バンドで最も入れ込んでいると言っても過言ではないデンマークの NIGHT FEVER。場所は西横浜 EL PUENTE。迎え撃つ日本勢は CRUCIAL SECTION, SPY MASTER, DE-CULTURES というまさに「今、自分が見たいと思っている最強の布陣」である。この日は平日だったのだが、代休を取り、中華街でマレーシア料理を食べて、「いざ、西横浜!」

一番手、横須賀ハードコア DE-CULTURES。現在の横須賀HCシーンの牽引者であり最も活発にライヴを行っているバンドである。名曲 "Long Horn Rider Slam" "Innocent Man" はいつ聞いても燃える。

二番手、SPY MASTER。一気に雰囲気は横須賀からボストン。ジャーン!とクリス・ドハティを彷彿とさせるリフワーク等々、ここまでアメリカン・ハードコアのカッコいい部分を日本で再構築できるバンドは少ないと思う。

三番手、CRUCIAL SECTION。ちょっとみないいうちにセットリストがかなり変わっていた。これまで長年のラスト "Let's Rise Your Hands"~"Warning"だった構成を変えたのは新鮮だった。新曲が出るたびに思うのだが、日本語の歌詞が音とフィットしているのがまた最高。

トリ、NIGHT FEVER. まさかこのバンドが日本でみられると思っていなかったので春先にさる筋から(笑)ライヴの後に米が浜通の中華屋で刀削麺を食べながら「来日しますよ!」と教えてもらった時にはびっくりして馬鹿になって座り小便漏らすかと思った。
そのバンドのライヴが目の前1mという近さで見られるのだから燃えないわけがない。基本的に演奏位置から動かない弦楽器3人に対しVo.のサロモンは動く動く。こちらも当然、リリースされた曲は全曲知っているので歌詞叫びつつ滝のような汗をかきつつ大ノリ。実際に生で見るとVo.が放つ怒りの力、そして弾きまくる弦楽器の対比、まさに「ハードコアとハードロックのいいところどり」というべき音がすごい迫力で展開される様は圧巻だった。セットが終わってアンコールを求める声(俺も "Better Off Dead" やって!と言ったのだけど)「もうやる曲がない」とあっさりステージを降りてしまうのも面白かった。

Night Fever 1

最近は仕事にしろ体調にしろ、なにかと不調が多かったのだがやはり生の激音を直接体に入れると生命力が戻る。「よし!やってやろうじゃないか!」という気迫が満ちてくる。音楽の持つ力にあらためて感謝した一夜。

音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2016/03/31 / 23:48

たまには音源の話など。

しかし最近は本当に音源を買いに行かなくなった。それだけ音楽に対する熱情が後退してるのか・・・・と思うものの見たいライヴはありすぎて困るのだから、一概にそうとも言えないのだろうが。

そんなわけで最近聞いた中でダントツだった2枚。

and-then-there-were-none s
CHURCH OF MISERY "And Then There Ware None..."CD

「そして誰もいなくなった...」というタイトルが示す通り、ベース以外は総入れ替えのセッションメンバーで録られた本作だが、ハッキリ言って自分はこれが一番気に入っている。

何と言ってもVo.のスコット・カールソン!!言わずと知れた REPULSION のスコット・カールソンである。やはりネイティヴが歌うと当然、歌詞はハッキリ聞き取れるし歌が成形する音像もクッキリしてくる。願わくばこのメンバーでツアーやって欲しいものである。

次。

mvd7869.jpg
Harley Flanagan "Cro-Mags" CD

NYHCシーンの暴れん坊、ハーレー・フラナガンのソロ作。オリジナルメンバーだった筈の CRO-MAGS は最近ではすっかり、ジョン "アイアンマン・レースに夢中" ジョセフに乗っ取られてしまった感があり、その絡みで持凶器の傷害事件を起こしたりとどうも運気が巡ってこないハーレーだが、その怒りをバネに素晴らしいアルバムを作ってくれた。

昨年、行きつけのレコード店で話をしていて「サザンロードに送ったハーレーのデモ音源が凄くカッコいいんですよ!」と教えてもらい、それを聞いてからアルバムが出るのを待っていたわけだが、その待った甲斐のあるパワフルな作品である。個人的にCRO-MAGSの音源については再三言っているように、デモと1st, 2nd から"Down, But Not Out" "Crush The Demoniac" の2曲があればいいと思っている("Revenge" も決して悪い出来ではないがストリート・パンクっぽいメロウな曲が余計)のだが、本作はその「次」に来るべき音源と断言したい。

ヤワな部分は一切なし、最初から最後までグイグイ押しまくる速くて力強い曲ばかりで本当に堪らなくカッコいい。





音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2016/03/28 / 23:31

久し振りに、ライヴ。

土日に上洛するつもりが金曜日の日帰り強行軍で用件が全て片付いてしまったので、行きたかったライヴを見に行けることとた。場所は西横浜エルプエンテ。お店の屋号は以前から知っていたが行くのは初めて。土曜日のメンツは・・・・

12417750_1017102231703963_6460593851870991323_n.jpg

出演順に、

GIGATON
DES-POZ
ROSEROSE
CASBAH

考えてみると最後にCASBAHを見てから約20年ぶり、そしてBAD BRAINS初来日以来、約15年ぶりに見る DES-POZ という超が付くくらい懐かしいラインナップである。期待するなと言うほうがおかしい。

というわけで1番手、GIGATON。レコード店でCDジャケを見てバンド名は知っていたが、音については何の予備知識もなく初めて聴いた。ジャンルで言えばデスラッシュになるのだろうが、きっちりとスラッシュ「メタル」を通過したアツい音でかなりカッコいい。そして真っ当に「速い」。これ、とても重要。以前から言っているように「速くないスラッシュはスラッシュではない」のが俺の持論だから。次回、見る機会があったらデモ買おう。

2番手、逗子ハードコア、DES-POZ。俺も子供の頃は逗子で、延命寺(逗子)幼稚園の出身なので少しだけ、ロコ入ってる(笑)という話はさておき・・・この日は何を隠そう、このDES-POZ目当てに来たのだから楽しまなくては損だ。スラッシーな速い曲もうねる様なグルーヴのある曲も一概に「スラッシュ」「ハードコア」の枠内に収まらない個性、そしてソウルフルな魂を持っていて非常に「個性的。其処が面白い。〆は名曲 "Diesel" で。

3番手、ROSEROSE。スラッシュ/ハードコア路線に戻ってからは度々見に行っているが、本当に上手いしテンションが高い。この日はマイクの位置を変えて店内360度ステージ状態で、メンバーの合間を客が暴れまわるというカオスな展開が楽しくてたまらない。凄いのは最近の音源からの曲も昔の"Born To Be A Skate Boy" "Skatehead 88" 、そしてデスメタル時代の曲まで、Hiroさんの歌い方が多少変わるくらいで曲調としては違和感なく溶け込んでいるのが素晴らしい。

トリは、CASBAH。80年代中盤はSHELLSHOCK等と並んでライヴはかなり見たが、音源として繰り返し聞くのは"Infenite Pain"までの昔の曲ばかりで、それ以降は全然聞かない・・・・特に"Bold Statement" 以降は曲すら覚えていないというのが本音だった。しかし復活後の新譜がとても気に入っていたので、またライヴを見たいと思っていた矢先、思いが叶ったという次第。2曲目に"Discharge" が始まった時には失禁するかと思うほど嬉しかった。セットリストは新譜から "How Long" "Inside Me" を除く全曲(多分)。羽鳥さんは "Five Thousand Feel" をライヴでやったのは今回が初めてだと言っていたな。それらに加えて "Discharge" "Infinite pain" "Chain Gang" "Russian Roulette" "Death Metal" の5曲でトータル1時間以上。てっきり "Russian Roulette"で〆かと思いきや"Unsung Heroes" が最後。

ここでアンコールが掛かり羽鳥さんが「何が聞きたい?」と尋ねると「デスメタル!」「デスぺレイト!」と声が飛ぶ中「スワンソング!」のリクエストが。羽鳥さん、苦笑しつつ「『スワンソング』?!マニアックだな」と言っていたのが印象的。アンコールは前記のとおり"Death Metal" 。俺は "Desperate War" も聞きたかったんだけどね。というわけで約20年ぶりのカスバ、新譜も究極も違和感なく演奏されており、全く衰えを感じさせないテンションの高さに興奮した。衰えを感じさせないといえば羽鳥さんの鍛え上げた身体は50歳とは思えぬほど素晴らしく、俺も通勤時、もっと気合入れて自転車を漕ごうと決意した次第。

12472805_1017899651624221_5567243136910179353_n.jpg

そんなこんなで、約4時間、非常に実りの多いライヴで楽しかった。物販で DES-POZ の音源とシャツを手に入れて帰宅。あとエルプエンテ、お店のスタッフや雰囲気、お客さんも凄く良い感じで、気持ちよかったね。

音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2016/02/14 / 12:45

初めて、クレイジー・ケン・バンドのことを知ったのは・・・平成15年、神奈川に戻ってからのことだ。

CbGWpXiVAAAPYW9.jpg

FM横浜のスポットで♪俺の話を聞け~っ♪という「タイガー&ドラゴン」の1節が流れてたのを車の中で時々聞いていて「これ、世良公則の歌かな・・・・」と思い調べてみたらCKBで、シングル買いに行ったのが切っ掛け。それからアルバムをあれこれ聞いて、横須賀の職場連中とカラオケに行くとよくCKBの曲を歌ってた。そのころから一度、ライヴが見たいと思っていたのだけど、職業柄、1か月2か月先の前売りチケットなんて取れない・・・というわけで時は流れに流れて平成28年、ようやくチケットが取れた。当日指定席券との交換ではあるけど、とりあえず、初CKBである。期待は高まる。高まりまくる。

会場は厚木市文化会館。厚木なんかに行くのはかれこれ10年ぶりくらい。雨の予報が出ていたので車で会場へ。駐車場が無料なのはありがたい。会場はキャパ1400ということだが、俺の席からでもメンバーの表情が十分見える。いい感じだね。お客さんも子供からお年寄りまでまさに「All Ages」。

ほぼ定刻、いきなり客電が落ち、前奏とともにライヴ、スタート。1曲目は最新アルバムに入ってる「開拓者」。セットリストは新譜「もうすっかりあれなんだよね」中心。中盤、リクエストコーナーがあって「地球が一回転する間に」と「コロ」の2曲。特に後者、柴犬好きには堪らない名曲で感涙。

後半は所謂「ベスト盤に入ってる曲つるべ打ち」になるのかと予想していたけど、此処でも「ラ・アメリカーナ」等々新譜中心のセレクションで「結構、攻めてるなぁ」と感心。そんな合間に「スポルトマティック」「LADY MUSTANG」といった曲が盛り込まれているのがミソ。しかしやはり「GT」「香港グランプリ」は燃える!盛り上がる!最高!!またアンコールで、大好きな「太陽のモンテカルロ」が聞けたのも嬉しかった♪♪♪終わってみれば約3時間、本当に心から楽しめた。実は結構、気管支をヤラれていて調子は万全ではなかったのだが、体調も一気に持ち直した。感謝。

しかし初めてライヴを見て改めて思ったのが演奏のうまさと歌のうまさで、特に演奏のほうは所々にP-FUNK "Flash Light" "Bop Gun" "Night Of The Thumpasorus Peoples"やSANTANA "Oye como va" のフレーズが挿入されていたり、ステージアクションやホーンとの辛みがJB&JB'sみたいだったり、あるいはモータウン風だったりとアメリカの黒人音楽のエッセンスがふんだんに盛り込まれていて、ネタ探し的な面白さもあった。

帰りは会場を出て、129号で一気に平塚まで下り、134号を茅ヶ崎、江の島、鎌倉経由で葉山まで。そこから逗葉新道で横須賀下車して「タイガー&ドラゴン」の歌詞のまま「トンネル抜ければ海が見えるから、そのままドン突きの三笠公園で~」のとおり三笠公園~新港地区を通って帰宅しようと思っていたのだが、気が変わって馬堀海岸まで行き、夜の観音崎で一休みして22時過ぎに帰宅。盛りだくさんで楽しい土曜日だった。魂の洗濯が出来たな。

CbGcHmmUcAMq_T5.jpg

CbGcGrcVIAI56nS.jpg







音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2016/02/02 / 00:44

放置している間に、2月である。

時の刻みが早すぎると感じる今日この頃だが、ようやく、今年のライヴはじめに行ってきた。

12642761_982590605155126_1250946625295190979_n.jpg

ENDON と SWARRRM は初見。SILVERBACKはもう何時になるかわからないくらい昔に1回見ただけ。TERROR SQUAD と NEPENTHES もかなり久方ぶりである。

いつもは20時ころまで飯食ったり買い物したりしてから会場入りするのだが、この日は珍しく口開けからアースダムへ。この日はロフトの周年とやらで強力なメンツが出ているが、アースダムもかなりの入り。初見の2バンド含め、出演バンド一同、ガッツある演奏を見せ、聞かせてくれて大満足。そして改めて TERROR SQUAD も NEPENTHES も音源よりライヴのほうが遥かにカッコいいことを認識した。

12644864_982673828480137_3001875327724132615_n.jpg

Tシャツ2枚、買ってしまいましたよ♪♪♪

音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2015/12/31 / 12:59

毎年恒例の(?)12選。

数字は順位ではないので念のため。

1 POISON IDEA "Confuse & Conquer"
13814_835533379860850_4716193486735169509_n_201512311223356ff.jpg

2 G.I.S.M. "Determination"
2015050410251818c_201512311223341e9.jpg

3 MIDNIGHT RESURRECTOR "Hated True Sounds"
1006596498_20151231122436f9c.jpg

4 RANGER "Where Evils Dwells"
418404_20151231122336a69.jpg

5 SKIZOPHRENIA! "Single-Ticket To Demo-Lition"
f0201863_229063 (1)

6 HAZARD "Bedlam State"
1006704764_20151231122415421.jpg

7 S:H:I: "死"
91908865_o1_201512311224064c3.jpg

8 SIGH "Graveward"
Sigh-Graveward-album-art.jpg

9 LEVIATHAN "Scar Sighted"
20150407223909bb0_20151231122314665.jpg

10 BONEHUNTER "Evil Triumphs Again"
a2954920001_16_20151231122406a26.jpg

11 HOODED MENACE "Darkness Dips Forth"
530463.jpg

12 KRIGBLAST "Power Till Demise"
20150214234823e37_2015123112231865e.jpg


再発ものではやはりMAYHEMのこれ!

DSC_2989_2015123112243525a.jpg

加えて ORDER FROM CHAOS や RADIO BIRDMAN のBOX (リリースは昨年だけど入手は今年なので)、あと JUDAS PRIEST "Defenders Of The Faith" ANTHRAX "Spreading The Disease"、SCORPIONS 等の「○○周年記念盤」 も年寄りにはうれしい散財だった。

ライヴでは何といっても初めて MASTER を見ることができたのが最大の収穫。また機会を見て来日してほしい!!!
あとは先日書いた CRUCIAL SECTION UxTxNx Vol.100 や今年も参加できた 鐡槌の"Ice Pick"、そしてアメリカの IN DEFENSE 、
横須賀に引っ越してようやく地元で見ることができた SUN'S GOD (ex. FVK) 等々ライヴを見た本数は決して多くはないが、良いものをあれこれ見せていただいた。感謝。

さて、来年はどんな「音」に出会えるのだろうね。


音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2015/12/31 / 12:06

MORTORHEADのレミーが亡くなった。

FB_IMG_1451428237568.jpg

998488_966298920117628_502639091329603832_n.jpg

先日亡くなったフィルシー・アニマル・テイラーに次いで・・・であるので大きなショックを受けている。最近のやたら痩せてきた写真を見たり、或いは体調不良で「もうできない」とライヴを途中でやめてしまい、そのあと「杖をついて」出てきた姿を見るにつけ「レミー、かなり危ないんじゃないか」と心配はしていたのだが、心のどこかで「核戦争が起きてもゴキブリとレミーは生き残る」とまで言われたレミーのことだから大丈夫だろうと思っていた。享年70.あれだけ無茶苦茶なロックンロール・ライフを体現しながらよく70まで生きたものだという考え方もできるのだろうが・・・・

しかし、最近あらためて自分の年齢について考えることが多くなった。俺はまだ50を超えてはいないが、学生時代に聞いていた、或いはライヴハウスに通って見ていたハードコアやスラッシュ・メタル・バンドのメンバーが皆、40代中盤~50代、あるいは60代になっている。そこまで生きられず、若くして亡くなってしまった人も多い。そうかと思えばストーンズのメンバーやイギー・ポップのように「いつ死んでもおかしくない」と言われつつ、いつの間にか健康になり長生きしているアーティストも多い。古今亭志ん生師匠の噺のマクラではないが「最近は酒もタバコもやめて健康になってきたよ。でもって外を走りに行ってくるよなんてぇと車にひかれて死んじゃった」なんてことも多々あるわけで、本当に命の蝋燭の長さなんてのは神様にしかわからない。昔読んだ中国の民話に「人の寿命は北斗の神と南斗の神が囲碁をして決める。北斗が勝てば寿命は短くなり、南斗が勝てば長生きする。」なんてのを思い出したりもする。

ことMOTORHEADについていえば、確かに最近の俺はもうハードコアな「MORTORHEADBANGERS」ではない。俺なんか足元にも寄れぬほどモーターヘッドとレミーを尊敬し、かつ、愛しているファンばかりだと思う。しかしこれだけは言いたい。

1929490_965831976830989_6898137507083127934_n.jpg

高校生のころ、「極悪ライヴ」LPに出会わなかったら、俺の人生は間違いなく、今とは別の・・・つまらないものになっていただろう、ということである。

レミーに心から感謝を。

合掌。



音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2015/12/29 / 21:49

継続は、力なり。

CRUCIAL SECTION 企画 "United Thrash Night" 記念すべき Vo.100 を見に行ってきた。

1920514_764503950322085_2958200742589279517_n.jpg 10653549_965100540237466_2626283911212628625_n.jpg

開演は1830からとあるが、実際に始まったのは案の定、1900から。「40曲以上やる」と事前に告知されていたのでぶっ続けでやるのか!と思っていたのだが、20曲ずつの2部構成で前半は"Against The Wind" 以前の古い曲中心のセットリスト。"Fight The Good Fight" "Crew For Life" "My Hope Your Hope" 等の昔の曲はやはり場内もテンション上がりまくり。"Let's Slam And Drink"はやるかな…と思っていたのだが、それはなし。

第1部のあと、約40分の休憩を挟んで第2部スタート。こちらは最近のセットリスト中心。昔の曲も勿論かっこいいが、日本語詞にしてからのクルーシャルは、よりアグレッシヴになったと思う。お客さんのサークルピットもさらに加速。大締めは "Faster, Louder"。

約2時間、ガッツリ楽しめた。自分が初めてスラッシュ・ナイトを見たのは・・・平成9年だから、約18年前である。ヒロさん曰く「ここまで来るのに19年かかった」そうだが、長期に渡って企画をやり続け、海外のバンドを呼び、あるいは自ら海外ツアーを行い、レコードを出し、Tシャツを刷り、他のバンドの音源を出し・・・という活動を続けていくのは並大抵の努力ではないと思う。まさに「継続は力なり」である。

Vol.100、本当におめでとうございます!!! そして来年もまた、期待してます!!!!

CXRs9WpUQAAse-v.jpg




音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2015/12/25 / 15:43

世間様は今日、25日で仕事納めのところが多いのだろうが、俺は22日から既に休みに入っている。

というわけで23日はライヴを見に浅草クラウドへ。当日は渋谷サイクロンで、鉄アレイ、IDORA、CASBAH、JURASSIC JADE が出るライヴとバッティングしており、どちらに行こうか迷ったのだが、やはりCOFFINS, SEX MESSIAH が見たかったので浅草(蔵前)へ!

12369119_962437357170451_3957663840501684386_n.jpg 7395_962573783823475_700200496900886809_n.jpg

開始が1730と早いので、自分には珍しくキッチリと開演時間に合わせて会場入り。しかしまぁなんというか・・・浅草でゆっくり上海料理などを食して3番手の BARBATOS から見ても良かったな・・・と思った次第。

というわけで3番手、BARBATOS。ABIGAILとしては何度か見ているがBARBATOSとしては初見。Aに比べれば若干、ロックっぽいという違いでしかないのだろうが、ジェロさんに加え、フライングVが1本増えておりツインギターで弾きまくり、ベースと3本並んでキメるポーズは往年のマイケル・シェンカー・グループみたいでカッコいい!!そしてヤスユキさん必殺の

「マイ・ガールフレンド・ウィズ・アナザー・ガーイ!」
「グッバイ・ハイスクール・ガールズ!」
「ディック・イズ・ファッキン・ビーッグ!」
「ブロンドヘアー・アンド・ビーッチ!」

というべラベタな日本語英語シャウトが堪らん!!〆は「プロフェシー・オブ・ザ・イブニング・スター!」
いやもう、初めて見たのに最高!!!

4番手は COFFINS。先日、アースダムで見て以来10日ぶり(笑)お客の入りが前回より良いせいもあるんだろが、こないだよりもかなりいい感じのライヴだったのでは、と思った。今回は重めの曲中心のセットリストで "Grotesque Messiah" 等の速い曲が無かったのが残念だったが、今年最後のCOFFINSを見られてよかった!

トリは、SEX MESSIAH。ベースの着ている鎖帷子、カッコいい~!!!とのっけから興奮。基本的にはプリミティヴなブラック・メタルなのだが、たとえばSSORCのようなノルウェイ・スタイルではなく、南米~東南アジアのブラック・メタルを高い演奏力と、スラッシュメタルを通過した独自の解釈で再構築したようなスタイルで非常にカッコいい。宇田川さんもTERROR SQUADやANOTHER DIMENSIONでのパフォーマンスとは全く異なり、一切喋らずダークで不穏な空気を演出しているのも良い。この日1番の盛り上がりを見せ、「もっと見たい!」と思う此方の思いを断ち切るように、ライヴは終了。

12376473_962791040468416_1588082961734785495_n.jpg

これが今年最後のメタルのライヴになると思うのだが、良いものを見せてもらった!と感謝感激。帰りに物販でSEX MESSIAHのロンTを購入して帰宅。あとやはりライヴが早い時間に始まって22時ころまでに終わるのは本当にありがたい。



音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

ホーム / NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。