I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で


Entry.

--/--/-- / --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP

2014/08/31 / 07:19

夏休み後半戦、である。

11日間の富士出張から戻ってみればキチガイじみた暑さの中には既に秋の気配が漂っている。このままでは夏を堪能しないまま、夏への扉が俺の眼前で閉じてしまう!というわけで3泊4日で京都へ。考えてみれば、3泊というゆったり旅程で上洛するのは本当に久しぶりだ。

しかし出発前日はゆっくり支度をするはずが仕事の予定が延びに延び、帰ってきたのが23時という体たらく。そこから荷物を鞄に詰め込んで平日朝の出勤ラッシュを避けるべくほぼ始発に乗って東京駅へ。しかし駅構内は通勤リーマンと早朝到着した高速バスから這い出してきて、死体でも入ってるんじゃないか、と疑いたくなる巨大なキャリーケースを引きずって右も左もわからず蛇行運転する大型トレーラーのように構内をふらふら動き回る田吾作ファミリー共のせいで、飯食う場所も座る場所もありゃしない。これでは京都につくまでの段階で疲弊してしまいそうだ。

何とか新幹線に乗って2時間半後には京の都。

DSC_2576.jpg

ホテルに荷物を入れて一休み。それからバスに乗って北大路まで行き、相方と合流。三条御幸町の「カフェ・アンデパンダン」で一休み。

DSC_2577.jpg

晩飯は市役所通りホテル・オークラ並びにあるアイリッシュパブ・ダブリンへ。此処に来ると毎度のように食べている巨大なフィッシュ&チップス。そしてムール貝のワイン煮込み等々に舌鼓を打つ。

DSC_2578.jpg

DSC_2579.jpg

2日目。

当初は鞍馬~貴船の山地機動(笑)に行こうと思っていたのだが、朝目覚めると土砂降り。予定を変更して昼までホテルでゴロゴロ過ごし、昼飯は新京極の「スタンド」へ。

DSC_2583.jpg
DSC_2582.jpg

毎度おなじみ、レトロな店内で食すビフカツ定食や鱧の天麩羅等々。以前も書いた通り、此処の店、店頭で入ろうかどうしようか迷ってる客は多いが、基本的に一見且つ脳足りんな"Hanako女""ランチ(笑)OL"のようなクソどもが入ってこないのでとても気分がいい。

DSC_2585.jpg

DSC_2586.jpg

お店の看板猫。三毛である。ちゃんと首輪に「スタンド」というタグが付いてるのが可愛い。

DSC_2588.jpg

そののち、寺町をぶらぶら歩いていたら本能寺で「信長公の遺品展」が開催されているのを知り、入ってみた。一番面白かったのが信長の遺品ではなく、森蘭丸が所持していた刀。腰に差すのではなく背負う刀なのだけど、刃体の長さだけで1メートル7センチ。これに約30センチの柄が付くから全長約1.3メートル。おまけに刃体の幅が戦場刀や「子連れ狼」拝一刀の斬馬刀みたいに広い。当時18歳で死んだ蘭丸の身長が如何程だったかは知らないけど、こんなもの身長181センチの俺でも抜けない。よしんば抜けても一人じゃ鞘に戻せない。蘭丸自身は小姓なので戦場にでて人を斬りまくったというよりも「見せ」の要素の方が大きかったのではないかと思う。これだけでも見る価値はある。

DSC_2622-1.jpg

夜は北大路の居酒屋「アロアロ」へ。此処も観光客はまず入ってこない店。安くて美味くて、品数がとても多い。

ビーフステーキに鱧の湯引きカルパッチョ。バナナアイスクリームにメルゲーズ(チュニジア風腸詰)&生ハムのピッツァ。薄くてパリパリのクラストが非常にいい感じ。最近はピッツァを食べていなかったので魂に染みた。

DSC_2590.jpg

DSC_2591.jpg

DSC_2593.jpg

DSC_2594.jpg

DSC_2595.jpg

しかし我ながら、よく食うものだと感心する。

スポンサーサイト

ブログ / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2010/10/31 / 16:49

$I Don't Care About You!

台風一過・・・の筈が相変わらず新宿の空は厚い雲に覆われたまま、明るい太陽が拝めない状態が続いているアンハッピー・ハロウィン。昨年はMISFITSの画像を貼ったので今年はSAMHAIN。15年くらい前から着てるロンT。

I Don't Care About You!I Don't Care About You!

そんなわけで今日は朝から、AGATHOCLES "Grind Is Protest" "Mincer" を聴いていた。リリース量が余りにも多すぎてメンバー自身でも全て把握していないのではないか、と思われるベルギーのグラインド・コア・ゴッド。別名ミンチ(mince)コア。しかしAGATHOCLESとかLARMみたいな滅茶苦茶レパートリーの多い、それも短い曲が多いバンドってライヴの時のセットリストはどうやって組むのだろう。メンバーですら忘れてる曲とか絶対に沢山ある筈なのだが。時々、AGATHOCLESがやたらと聴きたくなるのは、バンドの姿勢も含めてその根底にあるのがハードコア・パンクだからに他ならない。

ブログ / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2010/10/29 / 22:40

$I Don't Care About You!アメリカのカルト・ブラック・メタル・バンド VON から脱退(分離独立)した中心人物、VON GOAT の新バンド(プロジェクト) VON GOAT "Septic Illumination" を聴いた。何を隠そう、旧盆・・・じゃなくって・・・旧VONはかなりの好物で頻繁に聴いていた。Tシャツも持ってるし、ワーク・シャツにはバック・パッチが縫い付けてあったりする。何と言ってもあのトテトテトテトテ・・・とひたすら反復されるドラムとド・シンプルな曲構成は結構、ハマる。

そしてSAMHAIN (勿論、Glenn Danzig がやってたあのバンド)みたいにマッチョ&血糊だらけの見てくれに加えて「はじめ人間ギャートルズ」か、はたまた「北斗の拳」の牙一族(あ、こっちはオーストラリアのBESTIAL WARLUSTだった)かと言わんばかりの「骨兜」&獣毛皮がマニアの経絡秘孔突きまくりだったVON。知らなくても老後の生活にも年金支給にも一向に支障をきたさないばかりか、日本国におけるマイノリティであるハードコアやメタルの「一般的」リスナーの99.9999%は存在すら知らないであろうVON。

別プロジェクトの SIXX は、SISTERS OF MERCY, BAUHAUS, THE MISSION, DEAD CAN DANCE 等々を好む俺ですら「これのどこがゴシック/デス・ロックなんだ???」と首をかしげざるを得ない、まさにレーベルとレコード店が結託して売ろうとしたクソ以外の何物でもない退屈極まるゴミだったが、この VON GOAT は旧盆・・・ではなくて旧VONよりも遥かにカッコいい。

リズムは相変わらずのトテトテトテ・・・が基本だか曲調にヴァリエーションが生まれた事とスピード感も含めた緩急のつけ方が上手くなったことから、より曲の輪郭が明確になった。ジャケット・デザインにもある通り、色彩の見えるような音作りになった。それでもアンダーグラウンド臭を失わないのは流石、と言うところか。映像も音声もアップされていないのでVON時代のライヴ映像を貼っておく。しかしこの骨兜、痺れる。何処で手に入れたのだろう???



しかし最近、バンドの記事を書くときに必ずメンバー名の後ろに「氏」を付けるのって変だと誰も思わないのか?今回の音源にしたって何処の記事も申し合わせたように、「VON GOAT氏」「Wrest氏」って何か取り決めでもあるのかよ?でもって何故、MOTORHEAD の Lemmy の事は誰も「Lemmy氏」って言わないんだ?(失笑)そういうわけのわからないPC(political correctness)じみた規制、止めろよ。

ブログ / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2010/10/29 / 20:34

昨夜はシノギが2100頃に終わり、それから部屋に戻って一息つく頃には2200を回っていた。外は冷たい雨、そして風。雨は大嫌いだ。身体だけでなく、心の暖かみも奪っていく。あの容赦無く照り付けていた真夏の太陽は、一体全体何処へ行ってしまったのだ。焼き焦がすような陽光を背に受けて京都の町を歩いていた、楽しくリア充な夏の日々がやたらと懐かしく感じる。今日、東京は今季一番の冷え込みとなった。

社民党のような牛歩戦術で一向に進んでこない台風のせいで、雨が降り始めるのは夜半かららしい。ウチの部署も昨夜のシノギで此処3週間余り続いた連続状況下から解放されたので本日から来週にかけては代休、休暇消化週間だ。俺も来週と再来週の月曜に休暇を貰っている。そんな絡みもあって、事務所内は俺を含めて今日は3人しか出勤していない開店休業状態。「戦士の休息」なんてそんなカッコいいものではない。窓際族、若しくは遠くを見ながらボーっと立ってるミーアキャットみたいな状態だ。

午後、雨が降る前に・・・とランニングに行く。風が冷たかったので今季初めてウィンド・ブレーカーを着ていったのだが靖国神社を過ぎて千鳥ヶ淵に差しかかる頃には大汗をかいていた。今日はコースを少しばかり端折って7キロ。まぁ週末なので軽くこの程度で止めておく方がいい。そういえば最近のランニングコース取りは麻布~品川方面、めっきり御無沙汰している。来月は少し南方を攻めようか、と思う。

$I Don't Care About You!今日の走り始めは TRIPTYKON を聴いていたのだが今にも泣きだしそうな寒空の下、こんな重苦しいものを聴いていると士気もスピードも低下する・・・ので、TRIPTYKON は1曲で止めてあとは、cali≠gali "第6実験室"と"第7実験室"。見てくれの部分は置いといて、彼等のリズムと歌メロが結構ツボだったりする。此方は走っている時、純粋に音だけしか聴いていないわけなのだけど、曲調にしてもそのヴァリエーション、そして歌詞のセンス等、かなり面白いことやってるなぁ・・・と思う。

ブログ / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2010/10/27 / 23:15

$I Don't Care About You!SAINT VITUS "Demo 1983"、加えて、SAINT VITUSと改名する前、TYRANT 名義で出していた "Demo 1979" を漸く聴く事が出来た。まさにインターネット時代様様だ。こういう事を書くとすぐにダウンロードがどーのこーのという奴等がいるが、後者に関しては先頃リリースされたアナログ盤だって所詮はブートじゃねぇか、と思う。



そんなわけで、Demo 2本。前者は1st "Saint Vitus" リリース1年前のセッション。基本的にアルバムと全然変わらない。やはりScott Reagers の歌う"Psychopath" "Saint Vitus" "Zombie Hunger" は最高だ。

後者、メンバーは同じ。やっている曲は前者とかなり被っているが、この時点で既に"Walking Dead" "Look Behind You" をやっている。そして驚く事に、Voの歌い回しが違う位であとは1stアルバムと殆ど同じ演奏。逆に考えれば、79年にしてこんな隙間の多いDoomな音を、そして"White Stallion"のようなスピード・ナンバーをプレイしていたのは驚嘆する。SST当時、メタル・サイドよりもむしろハードコアの連中から支持されていたというのも頷ける。

因みに俺がSAINT VITUSを知った切っ掛けは80年代中期、CORROSION OF CONFORMITY のマイク・ディーンのベースに貼ってあったロゴ・ステッカーで最初に聴いた音源は"Thirsty & Miserable"EP だった。始めは「なんだ、こりゃ・・・」だったのだが、次第にじわじわと引き込まれていった。

でもって当時は何処のレコード店に行っても彼等のLPは「売れ残っている」状態だったので今のように人気が出ると「Oi Oi・・・本当かよ!」と思いたくなってしまう。それは日本のみならずアメリカでもそうだったらしく、96年に一時解散した理由が

「レーベルが全然プロモーションしないからアルバムは売れないし、ツアーやっても客は全然入らない。やっとの思いで西海岸からNYまでツアーして来て客が5人(15人だっけ?)くらいしかいなくて『もうやってられねぇ!』状態になったから。」

というのだから、今の人気を一番驚いてるのはメンバー自身かもしれない。

とまぁ状況どう変わろうが、そしてVoが誰になろうが79年当時から全くブレないデイヴ・チャンドラーのギター・プレイがある限り、このバンドは健在という事なのだろう。

I Don't Care About You!I Don't Care About You!

因みに、これは93年のツアーT。バックはこんなにカッコいいのにフロントのどうしようもないダメダメ感が実にヴァイタス的。

あと、当時からヴァイタスと共に「SABBATHフォロワー」と言われて必ずと言っていいほどセットで名前の挙がっていたTROUBLEは全然好きではなかった。(今でも嫌い)多分、あのメタルっぽさが生理的にダメだからなのだろう、と今更ながらに思う。

ブログ / TRACKBACK(0) / COMMENT(2) / PAGETOP

2010/10/27 / 21:41

先週まで昼間はまだ汗ばむくらいの陽気だったのに、此処僅か数日でめっきり冷え込むようになった。夕方以降に外出する際は、革ジャンか厚手のパーカーが不可欠になった。昨夜は今季初めて、毛布に包まって眠った。北海道では初雪が降ったという。考えてみれば、あと数日で11月なのだ。街を歩きつつ辺りに目を遣れば、新宿の街路樹も心なしか色付いてきているように見受けられる。尤も、この街では紅葉なのか、排ガスによる立ち枯れなのかを見分けるのは難しい。

$I Don't Care About You!昨日の午後から夕方にかけて降り続いていた霧雨も止み、久しぶりに気持ち良く晴れ渡った晩秋の午後。毎度のようにランニングに行く。コースは神宮外苑周回~R246で豊川稲荷、赤坂見附経由の三宅坂~内堀通り~千鳥ヶ淵~竹橋~北の丸公園~靖国神社~曙橋の12キロ。BGMはSAINT VITUS "Demo 1983"、TYRANT(pre-SAINT VITUS)"Demo 1979"、靖国からのラストスパートは、BAD RELIGION・・・・と、キノコホテル。

こんな好天且つ気持ちのいい日にSAINT VITUS聴きながら走るなど何て後ろ向きな生き様だろう。まぁその分、着用しているENGLISH DOGS "Forward Into Battle" 柄のTシャツが超前向き&戦闘モード全開なのでプラマイ・ゼロという事にしておこう。

しかし気候が良いせいか三宅坂~半蔵門~千鳥ヶ淵~竹橋の皇居周回コースはファッション/にわかランナー花盛りで大層ウザい。最近の流行りなのか何なのかは知らないが、男で短パンの下にランニング・タイツ(レギンス?)穿いてるヤツ等の気色悪さって一体何なのだ?まだアスリート・レベルで速ければそれも様になるのだろうが、「チキチキマシン猛レース」に出てくるケンケンの笑い声みたいにヒーヒー言いながらチンタラチンタラと坂を上ってくる程度の体力でその格好は止めた方がいいんじゃないのか?

あと、プロゴルファーの上田桃子の真似真似ファッションで、キャップ後部アジャスターの隙間からポニーテールぶらぶらさせてる女とか見てると結局こいつ等、基礎体力よりも先ず皇居デビュー(笑)の格好付けかよ、と思ってしまう。近隣住人でも何でもないのにわざわざ遠方からバスだの自転車だの地下鉄だのに乗って皇居までやって来てファッション・ショーとは本当にゴクロウサン。

I Don't Care About You!I Don't Care About You!

因みに今日の武道館は・・・先日の槇原某といい今日の平井某といい、アメリカのファンク・バンドWARの"The World Is A Ghetto" (世界はゲットーだ)の向こうを張ってさながら、「北の丸公園はハッテン場だ」の様相を呈している。とっとと逃げるんだ、ヤラレちまう前にっ!!

ブログ / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2010/10/27 / 00:14

$I Don't Care About You!

久しぶりに、

SPACEBOY "Searching The Stone Library For The Green Page Of Illusion"CD

を聴いたらドツボにハマった。サンタ・クルーズ・ハードコア、BL'AST! のVo. だったClifford がやっていたDoom/ Sludge /Metalバンドの2枚目・・・とはいうもののメタル臭皆無でこれの何処がドゥームでスラッジなのだ???と思う。しかし、BLACK FLAGやBL'AST! の音を熟知している人ならば、「あ~、こういう化け方をするわけか!」と納得できる筈。つまり、BL'AST! をよりサイケデリック且つカオスな宇宙の彼方へぶっ飛ばした音楽で、11分代の曲が3曲も入っている。それでいて感じるのは浮遊感といった気持ちの良い飛び方ではなく、これまで通りコンクリートの塊を投げつけられているような強力な感覚。ハードコア以外の何物でもない手触り。CliffordがSPACEBOYの後にやっていたGARGANTULAよりもずっとカッコいいと思う。Youtubeに音も映像もアップされていないので代わりに前バンドBL'AST! を貼っておく。



因みに現在やっている DUSTED ANGEL は完全なメタルなのだが此方もかなり良い。アルバムが出たばかりらしいので見つけたら買いたいと思う。

ブログ / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2010/10/25 / 19:35

昨夜は2330少し過ぎに床に入り目を瞑った途端に意識が暗転し、0630まで泥のように眠っていた。目覚めると、激しい偏頭痛と目の痛み。加えて、身体の動きが緩慢で全くキレが感じられない。頭痛薬を服用してから出勤。

この2日間、夜は外で食べていたのだが、やはり1日のうち朝昼が弁当だと身体はおかしくなる。そして毎度のように、どうして市販の弁当というのはこうも味付けがく濃くて、しかも揚げ物の油が胃に穴が開きそうなくらい劣悪なのだろう、と思う。特にインド料理やタイ料理等、新鮮なスパイスを使う料理を日常的に食すようになってからというもの、市販の弁当に入っている作ってからかなりの時間が経過した揚げ物とか、ファスト・フード店周辺で漂っている油の臭いが嫌で嫌で仕方ない。電車の中でマクドナルド臭を漂わせている奴は、加齢臭オヤジと同等に最低だ。殺傷半径1mくらいの小型核爆弾で吹っ飛ばしてやりたくなる。

I Don't Care About You!I Don't Care About You!

午後、漸く偏頭痛が消えたので5日ぶりで走りに行く。コースは靖国神社~千鳥ヶ淵~竹橋~九段下周回の10キロ。BGMはPANDEMONIUMとLARM・・・とキノコホテル。今日は少し息が上がる位までスピードを上げてみたのだが、一定リズムで手足を動かしながら吸気・排気を繰り返すうち、此処数日間で体内に溜まっていた滓のようなものが綺麗サッパリ消えてしまった。やはり健康的に身体を動かすのは良いものだ。しかし今日の武道館前、覆面と群馬県警のパトカー、それに制服私服を合わせて15人位の警官が集まっていたのだが・・・何かあったのか???

部屋の掃除をしていて気が付いた。卓上カレンダーが4月のままだ。因みに部屋の入口には堀北真希嬢のカレンダーがぶら下げてあるのだが、此方も3・4月のままだ・・・ってもっと早く気付けよ!

$I Don't Care About You!

というわけで10月も殆ど終わりになって漸く暦が追いついてきた。追いついた時には殆ど1年が終わっているというこのダメダメ感が実に乙。卓上カレンダーは柴犬の写真をあしらったブツなのだが10月のプチ柴クンは此方に向けて見事なビーバー・ショットをキメている。池上遼一先生の名作コミック「サンクチュアリ」で初めて九州の地に降り立ったヤクザ者・渡海のセリフ。

「今の気分をどう表す、渡海さん?」
「処女が股ぁ開いて待ってる。」

を思い出してしまった。何れにせよ、柴犬は可愛い。

そんなわけで、今日はひたすらLARMとPANDEMONIUM。しかしPANDEMONIUM のTシャツてのは何処かで売ってないのかね?



ブログ / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2010/10/24 / 23:15

約2週間に渡るシノギ、お疲れさま!これまでで最も劣悪な環境下での仕事だったが結果良ければ全て良し!というわけで遠方から集まって下さった懐かしい顔、顔、顔・・・また何時か、何処かで会いませう。その時まで、アディオス!!

$I Don't Care About You!というわけで、今日は兎に角、眠りたい。そんな時に聴きたくなるのがSANTANA だったりする。 ハードコアだのメタルだのを聴き始める前からSANTANAの、情景が目の前に浮かぶようなギターのメロディ、アフリカンなパーカッション群、そして躍動するリズムが大好きだった。ジャムだのインプロヴィゼーションだのと称して退屈極まりないソロを延々と垂れ流し続けるクソみたいなハード・ロックや辛気臭いプログレよりも遥かに情熱的、且つ刺激的だ。俺にとっては個々のソロなんぞよりも曲全体としてのノリ(リズム感・疾走感)やメロディの方が遥かに大切。だから、例えプレイにミスがあってもスタジオ盤よりもライヴ盤の方が比べ物にならないくらい好きだ。だってそれこそが「ロック」の醍醐味なんじゃないの???

ブログ / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2010/10/23 / 23:14

人生、老い先短くなってくると、聴こうと思った音源が無い・・・確かに持っている筈なのに・・・何時の間にか売ってしまったのだろうか・・・という事が多々ある。そして仕方なく、「持っている筈の」ブツを中古盤のエサ箱を探し歩いてサルヴェージする羽目になる。

$I Don't Care About You!そんなわけで、FILTHY CHRISTIANS "Mean" CD。上記の経緯で先日エサ箱から引き揚げてきたブツで何と、日本盤。そんな物がリリースされていたとは全然知らなかった。90年発表、唯一のアルバム。

ハードコア側からは、Vo.のPer とMOB 47 のAke がやっていたPROTES BENGT としての方が有名か。Special Thanksの欄に日本のS.O.B と DEATHPEED が載っているところが時代を感じさせる。そしてこの時期ならではの、「ハードコアもファストコアもグラインドもデスメタルも刺激的なものは何でもOK,全て吸収」な音なれど、所謂「デス・メタル」の音にならずハードコア・パンクの質感が色濃く残っているところが俺は好き。ドラムの録音が"Scum"の頃のNAPALM DEATHに似てるという事もあるのだろうが、やはり初期のNAPALM DEATH とかFILTHY CHRISTIANS等を聴いているとグラインド・コアという音楽がメタルではなく、ハードコアから派生したものだという事がハッキリわかるだろう。

しかし「下劣」という邦題はなかなか凄い・・・・って原題 "Mean" の直訳なのだが、普通無いだろ、帯に「下劣」って書いたCDなんて(笑)。まぁ、Iggy Pop の「淫力魔人」("Raw Power")には負けるけど。

ブログ / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

ホーム / NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。